W'UP! ★6月8日~12月1日 HIRAKU Project Vol. 16 鈴木のぞみ「The Mirror, the Window, and the Telescope」 ポーラ美術館(神奈川県箱根町)

W'UP!  ★6月8日~12月1日 HIRAKU Project Vol. 16 鈴木のぞみ「The Mirror, the Window, and the Telescope」 ポーラ美術館(神奈川県箱根町)
《The Rings of Saturn:舷窓-アイリッシュ海》2020年、北川正人蔵 写真:木暮伸也

 

HIRAKU Project Vol. 16 鈴木のぞみ「The Mirror, the Window, and the Telescope」
会 場 ポーラ美術館 1F アトリウム ギャラリー
開催日 2024年6月8日(土)~12月1日(日)
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 会期中無休
入場料 無料
展覧会特設サイト https://www.polamuseum.or.jp/sp/hiraku-project-16/
美術館公式Webサイト https://www.polamuseum.or.jp/

 HIRAKU Projectは、過去にポーラ美術振興財団の助成を受けた作家を紹介する展覧会シリーズです。第16回目となる今回は、写真の原理を用いて、身近な日用品や古い家屋に潜む記憶や光の痕跡を可視化し、オブジェとイメージによってインスタレーションを生み出す鈴木のぞみをご紹介します。
 大学で絵画を専攻していた鈴木は、独学で写真技術を学び始め、2012年に自身のアトリエであった築90年の古民家の木枠付き窓ガラスを用いて作品を制作しました。その窓から見えたであろう風景を撮影し、感光乳剤を塗布した窓ガラスそのものに焼き付けたのです。この邸宅のかつての住人が眺め、そして窓そのものが見つめてきた何気ない景色を、使い込まれた窓ガラスにおぼろげな像として現出させました。鈴木は、こうした日常のありふれたものに宿る「事物の記憶」を浮かび上がらせ、ものに直接定着させることを試みています。
 2019年に渡英した作家は、船の窓や望遠鏡、ルーペといった様々な遺物や視覚装置を入手し、その来歴を調査しました。そして、人類の視覚体験や近代化を切り開いてきた科学や技術の進歩、ある時代や社会が共有する感覚や嗜好性を反映したイメージをそれらに焼き付け、「大衆の記憶」を暗示するような作品へと昇華させています。
 今回のタイトルにあるMirror(鏡)とWindow(窓)は、絵画や写真の発展に不可欠だった要素であり、Telescope(望遠鏡)は人間の「見たい」という欲望を叶えた科学装置です。それらが留めてきた記憶や痕跡と真摯に向き合う鈴木の作品は、写真表現の原初的な姿や、大きな歴史の流れと私的な「個」のストーリーに潜む、去りゆく時間や消えゆく光景について思いをはせる機会を我々に与えてくれるでしょう。

今回の展示について
 作家にとって美術館での初の個展となる本展では、窓を用いた最初期の作品から、2019年のイギリス滞在中に出あった様々な遺物や視覚装置に、近代の人間の思想や営みを重ね合わせて制作された「The Rings of Saturn」シリーズまで、新作を含む約20点の作品をご紹介します。

鈴木のぞみ
鈴木のぞみ 写真:平林岳志 (grasshopper)

鈴木のぞみ すずき のぞみ
 1983年、埼玉県生まれ。埼玉県在住。2007年、東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業。2015年、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。2022年、同大学院博士後期課程修了。2016年、「VOCA展2016 現代美術の展望―新しい平面の作家たち」(上野の森美術館)VOCA奨励賞受賞。2018年度ポーラ美術振興財団在外研修員(イギリス)。
 近年の主な個展に、「Words of Light(光の言葉)」第一生命ギャラリー(東京、2024年)、「The Rings of Saturn / Mirror with a Memory」rin art association(群馬、2021年)など。
主なグループ展に、「セレンディピティ 日常のなかの予期せぬ素敵な発見」東京都写真美術館(2023年)、「潜在景色」アーツ前橋(群馬、2022年)、「無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol.14」東京都写真美術館(2017年)、「NEW VISION SAITAMA 5 迫り出す身体」埼玉県立近代美術館(2016年)などがある。
 作品は東京都写真美術館、アーツ前橋、ガトーフェスタ ハラダなどに収蔵されている。                         

主 催 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
協 力 rin art association、riverside farm.、横浜市民ギャラリーあざみ野
企 画 山塙菜未(ポーラ美術館学芸員)

同時開催
「フィリップ・パレーノ:この場所、あの空」※別途入館料が必要です

W'UP! ★6月8日~12月1日 フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館(神奈川県箱根町)

W'UP! ★6月21日~7月28日 田原桂一「OPERA de PARIS」 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座)

住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL0460-84-2111
WEBhttps://www.polamuseum.or.jp/
開館時間*19:00〜17:00(入館は16:30まで)
休み会期中無休(悪天候などによる臨時休館あり)
ジャンル*2現代美術、西欧・日本近代絵画、版画、日本画、陶磁器、工芸
入場料*3大人 2200円、大高生1700円、中学生以下無料
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)¥1,100
その他団体料金、前売りなど詳しくはホームページでご確認ください。https://www.polamuseum.or.jp/info/
アクセス*4箱根登山鉄道強羅駅より無料送迎バスで約8分/観光施設めぐりバス(湿生花園行き)で13分、「ポーラ美術館」下車すぐ
収蔵品https://www.polamuseum.or.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 現代美術には、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *3 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *4 表示時間はあくまでも目安です

ポーラ美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)