コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★4月22日~5月29日 流麻二果「その光に色を見る Spectrum of Vivid Moments」 ポーラ ミュージアム アネックス

W'UP! ★4月22日~5月29日 流麻二果「その光に色を見る Spectrum of Vivid Moments」 ポーラ ミュージアム アネックス
 
「曖昧の眼/More Than Meets the Eye」 2022 Oil on canvas 130.0x194.0cm Photo KATO ken


2022年4月22日(金)~5月29日(日)
流麻二果「その光に色を見る Spectrum of Vivid Moments」


「色彩の作家」と呼ばれる流麻二果の4年ぶりとなる日本での個展
 「色彩の作家」と呼ばれる流の多彩な絵画は、鮮やかでありながら淡い色彩を持ち、透明感と陰影が重なり合う特有の質感を生み出しています。近年は、2018年のポーラ美術館アトリウムギャラリーでの個展で、ポーラ美術館所蔵の印象派絵画を解釈・再構成した作品を制作したことをきっかけに、伝統的な絵画における色彩を丁寧に追体験しながら、新たな解釈と再構成として色を何層にも塗り重ねた絵画のシリーズ「色の跡」に取り組んでいます。
 そのなかでも本展では、2020年の練馬区立美術館「再構築 Re Construction」展で発表した「女性作家の⾊の跡」シリーズの新作を展示します。流は、過去に画家を目指した近代女性作家たちは、家庭を優先するために制作を諦めたり、また、制作を続けたとしても、女性であるということから活躍の機会が少なかったりという状況は、現代の女性にも通じるものがある。と考えました。もし、彼女たちが現代や未来に生きていたら、作家としてどのような活動をしたのだろうかと想像し、日本における女性の生き方、作家としての生き方を歴史と共に見直し、それを未来に繋げていきたいという想いから制作された作品です。日本での個展は4年ぶりとなる今回、この「女性作家の色シリーズ」ほか、新作を含めて約13点を展示予定です。

色の跡:松林雪貞「雪貞画譜」 2022 Oil on canvas 21.1x33.3cm
色の跡:松林雪貞「雪貞画譜」 2022 Oil on canvas 21.1x33.3cm
「言外の意味/Implication」 2022 Oil on canvas 130.0x194.0cm Photo KATO ken
雪はなぜ白い/Why is Snow White 2022 Oil on canvas 72.7x72.7cm
秘めず/The Truth is 2022 Oil on canvas 72.7x72.7cm

作家ステートメント
私は自然光のもとで絵を描く。
色を見つけるには、人工の強い光ではなく、柔らかく隅々まで照らしてくれる太陽の光が必要だからだ。
強い光のもとでは、あらゆるものが明るみになる。と同時に、影になって見えなくなるものもある。
社会の仕組みの中で見えなくなってしまっているもの、我々が見て見ぬふりをしてきたもの。
人工的な強い光は影も生んできた。
自然の光の下では、移ろいや機微を捉える曖昧な眼を自分の中に感じる。曖昧さは時に欠点なのだが、
強い光では見えない多様で深層的な光を感じとることができる力とも捉えている。
例えば、生きていることを感じる光。
戦時を生き残り、彫刻家として生き抜いた父が数年前に死を迎えた時に放った光は強烈であったし、
このパンデミックで世界には一様に生きようとする光が放たれていた。
そして日本文化が作り出した「女性らしさ」に抑圧されながらも制作した作家たちの作品の力強い光。
そうした光を見つけ、受け止め、その光のもとに見えてくる多彩な色を「生きている色」として描く。
その光に色を見る。

流 麻二果
http://www.manikanagare.com
1975 大阪府生まれ
1997 女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒
2001 トーキョーワンダーウォール審査員長賞
2002 文化庁新進芸術家在外研修員(NY滞在)Frank Stella スタジオインターン
2004 公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員(NY・トルコ滞在)
2013 学習院女子大学客員研究員
2018 CSデザイン賞受賞(2020)

流麻二果「その光に色を見る Spectrum of Vivid Moments」
会 期 2022年4月22日(金)〜2022年5月29日(日)※会期中無休
開館時間 11:00〜19:00(入場は18:30まで)
入場料 無料
会 場 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
アクセス 東京メトロ 銀座一丁目駅 7番出口すぐ。東京メトロ 銀座駅 A9番出口から徒歩6分
主 催 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
協 力 ユカ・ツルノ・ギャラリー
URL http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
※諸事情により内容が変更になる場合がございます。ギャラリーHPで最新の情報をご確認のうえ、ご来場をお願い致します。

住所東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3F
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
営業時間*111:00 〜19:00(入場は18:30まで)※展覧会により変わります。
休み*2会期中無休
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口より徒歩6分、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口すぐ、JR有楽町駅 京橋口改札より徒歩5分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

ポーラ ミュージアム アネックス

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)