W'UP! ★6月21日~7月28日 田原桂一「OPERA de PARIS」 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座)

W'UP! ★6月21日~7月28日 田原桂一「OPERA de PARIS」 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座)
田原桂一「OPERA de PARIS」フライヤー ビジュアル

 

田原桂一「OPERA de PARIS」
会 場 ポーラ ミュージアム アネックス(東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
開催日 2024年6月21日(金)~7月28日(日)
開館時間 11:00〜19:00 (入場は18:30まで)
休館日 会期中無休
入場料 無料
ホームページ https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

 ポーラ ミュージアム アネックスでは、フランス芸術文化勲章シュヴァリエやパリ市芸術大賞、木村伊兵衛賞などを受賞し、「光」をテーマに世界的に活躍した写真家 田原桂一の展覧会「OPERA de PARIS」を開催します。
 フランス政府の依頼を受け、田原桂一は1987年から1994年まで約8年の歳月をかけて、パリのオペラ座を撮影しました。当時、オペラ座の責任者だったピエール・ベルナール氏は、自然光の中、長時間露光することで被写体がドラマチックな雰囲気と質感で表現される田原独自の撮影スタイルが、オペラ座を撮影するのに最適だと考えたのです。撮影はオペラ座の壮麗な建築やしつらえだけではなく、華やかな衣装や宝飾、さらには舞台装置の表と裏に至るまで、オペラ座全体が記録されました。 約550点に及ぶ作品は、1995年に「ARCHITECTURE(建築)」、「COSTUMES(衣装)」、「BIJOUX(宝飾)」、「MAQUETTES(舞台美術)」の4冊からなる大判写真集「OPERA de PARIS」として出版されました。この写真集は世界中で高い評価を受け、オペラ座の美しさを多くの人に知らしめるものとなっています。
 本展では、写真集「OPERA de PARIS」の中から厳選された作品約30点を、オペラ座の世界観をイメージした会場に展示します。また会場では2,000冊限定で出版された貴重な「OPERA de PARIS」原本や、写真集をもとに制作された映像をご覧いただけます。

作家コメント
 パリ、オペラ座の撮影を始めだしたのはもう随分以前の事だが、こうして思い出そうとすると、それがいつからだったか記憶が定かではない。
 記憶の手掛かりとなるような、その年 その年の節目の様なものが何故か薄れてきているのだろうか。
 あるいは、余りにも多くの出来事に追われすぎているせいだろうか。
 2000年に開かなければならない展覧会の構想を考える傍ら、明日の仕事、一ケ月先の仕事に追われている。
 日と月と年、その間にはなんのボーダーもなく全てが入り組んだまま進んでいく。
 そういった日々のなかで、オペラ座での衣装や宝飾品そして建築を撮っていた時間は
 少しばかり異なっていたように思える。
 18~19世紀のコスチュームやビジューを手に取り眺め観察する。
 その当時どれほどの時間と人を費やして作り上げられたのか、誰が着て何を演じたのか、
 過ぎ去った時間に思いを馳せることの楽しさがあった。
 先へ先へと進むばかりでなく、過去をふりかえり検証する事の面白さも、いま忘れてはならないことなのかもしれない。
 1996年11月15日 田原 桂一


田原桂一 Keiichi Tahara
 1951-2017年 京都府生まれ。1971年に渡仏。そこで出会った日本の柔らかい光とは違う、ヨーロッパの刺すような鋭い光に衝撃を受け、写真家として活動を始める。以降2006年までパリを拠点とし、光をテーマに写真、彫刻、インスタレーション、建築と幅広く活躍。77年に「窓」シリーズでアルル国際写真フェスティバル大賞を受賞、一躍世界的な脚光を浴び、日本、ヨーロッパにて数多くの展覧会を開く。以後、木村伊兵衛賞、ニエプス賞、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ、パリ市芸術大賞など受賞を重ねてきた。 また、カルティエ、ドン・ペリニヨンなど世界的ブランドのブランディングコンサルタントとして数多くの広告、企画を手掛ける。2017年には、プラハ国立美術館にて、舞踊家 田中泯を被写体としたシリーズ「Photosynthesis 1978-1980」の世界初となる大規模な展覧会が開催された。テレビ朝日にて2020年3月まで放送された株式会社ポーラ提供番組「白の美術館」では、番組の企画から携わり、2017年4月から6月まで出演した表現者のポートレート撮影を担当した。 
http://www.keiichi-tahara.com/html/

ポーラ ミュージアム アネックス
銀座という街で多くの方々に芸術を通して美意識・感性を磨いていただきたいという想いから、気軽にアートを体感いただけるよう、年間を通じて無料でご覧いただける展覧会を開催しています。ポーラ美術館コレクションから現代美術の展示まで多彩な企画展により、未来へつながるアートをご提案いたします。

住所東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3F
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
営業時間*111:00 〜19:00(入場は18:30まで)※展覧会により変わります。
休み*2会期中無休
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口より徒歩6分、東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口すぐ、JR有楽町駅 京橋口改札より徒歩5分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

ポーラ ミュージアム アネックス(銀座)

W'UP! ★6月8日~12月1日 フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館(神奈川県箱根町)

W'UP! ★6月8日~12月1日 HIRAKU Project Vol. 16 鈴木のぞみ「The Mirror, the Window, and the Telescope」 ポーラ美術館(神奈川県箱根町)

 

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)