W'UP! ★12月9日~2024年2月25日 キース・ヘリング展 アートをストリートへ 森アーツセンターギャラリー(港区六本木)

W'UP! ★12月9日~2024年2月25日 キース・ヘリング展 アートをストリートへ 森アーツセンターギャラリー(港区六本木)
Photo by ©Makoto Murata
Keith Haring Artwork @Keith Haring Foundation

2023年12月9日(土)~2024年2月25日(日)
キース・ヘリング展 アートをストリートへ

 明るく、ポップなイメージで世界中から愛されているキース・ヘリング。
 ヘリングは「アートはみんなのために」という信念のもと、1980年代のニューヨークを中心に地下鉄駅構内やストリート、つまり日常にアートを拡散させることで、混沌とする社会への強いメッセージを発信し、人類の未来と希望を子どもたちに託しました。ヘリングが駆け抜けた31年間の生涯のうちアーティストとしての活動期間は10年程ですが、残された作品に込められたメッセージはいまなお響き続けています。
 本展は6メートルに及ぶ大型作品を含む約150点の作品を通してヘリングのアートを体感いただく貴重な機会です。社会に潜む暴力や不平等、HIV・エイズに対する偏見と支援不足に対して最後までアートで闘い続けたヘリングのアートは、時空を超えて現代社会に生きる人々の心を揺さぶることでしょう。

《イコンズ》 1990年 中村キース・ヘリング美術館蔵
《イコンズ》 1990年 中村キース・ヘリング美術館蔵
Keith Haring Artwork ©Keith Haring Foundation

見どころ
1.6メートルの大型作品など150点が集結
 アイコニックなモチーフから、6メートルの大型作品まで、キース・ヘリングの世界観を体現する150点が勢ぞろいします。初期のサブウェイ・ドローイング、トレードマークとなったモチーフによる作品《イコンズ》や彫刻、ポスター、晩年の大型作品まで、へリングのアートを東京で一堂に体感できる貴重な機会です。
2.光・闇・喧噪・色彩。ドラマチックに展開する展示空間
 発光する作品、闇に浮かび上がる展示、80年代ニューヨークさながらの喧噪・・・へリングが駆け抜けた10年のストーリーとともに、展示空間は劇的に展開します。一部作品を除き、展示室は写真撮影OKです。
3.現代へのメッセージ
 「アートはみんなのために」――その信念のもと、核放棄、性的マイノリティのカミングアウトの祝福、HIV・エイズ予防のためのセーフ・セックスなど、社会へのメッセージをアートで訴え続けたヘリング。なかでももっとも象徴的な光り輝くベイビーは、ヘリングが死の間際まで描こうとしたモチーフです。国を超え、世代を超えて響き続けるヘリングのメッセージにご注目ください。
4.スペシャル・トピック:キース・ヘリングと日本
 日本に特別な想いを抱いていたへリング。数度にわたる来日が縁で生まれた貴重な作品や資料を、当時の写真とともにトピックとして展示します。

キース・ヘリング(1958-1990)
 アメリカ北東部ペンシルベニア州に生まれる。1980年代初頭にニューヨークの地下鉄駅構内で、使用されていない広告板を使ったサブウェイ・ドローイングと呼ばれるプロジェクトで脚光を浴びる。アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキアと共にカルチャーシーンを牽引し、国際的に高い評価を受ける。日本を含む世界中での壁画制作やワークショップの開催、HIV・エイズ予防啓発運動や児童福祉活動を積極的に展開したことでも知られる。90年にエイズによる合併症により31歳で死去。

キース・ヘリング ニューヨーク市営地下鉄にて 1982-83年
キース・ヘリング ニューヨーク市営地下鉄にて
1982-83年 Photo by ©Makoto Murata

会 期 2023年12月9日(土)〜2024年2月25日(日)
会 場 森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F)
時 間 10:00〜19:00、金曜日・土曜日は20:00まで、年末年始(12月31日~1月3日)は11:00~18:00 
※入場は閉館の30分前まで
休館日 会期中無休
観覧料 一般、大学生・専門学校生 2,200円/中高生 1,700円/小学生 700円
※価格はすべて税込み。
※事前予約制(日時指定券)を導入しています。
※未就学児無料。
※障がい者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳、被爆者健康手帳)のご提示で、手帳保持者は1名まで当日料金の半額、介助者1名まで無料となります。チケットカウンター(六本木ヒルズ森タワー3階)にお越しください(当日分のみ)。
※展覧会の内容・会期等が変更になる場合がございます。最新情報は展覧会公式サイトをご確認ください。
※本展には性的な表現を含む作品が出品されます。
展覧会公式サイト https://kh2023-25.exhibit.jp

主 催 朝日新聞社、フジテレビジョン、東映
特別協力 中村キース・へリング美術館
協 力 ぴあ 
後 援 J-WAVE

巡回情報
神戸会場 2024年4月~6月
福岡会場 2024年7月~9月
名古屋会場 2024年9月~11月(予定)
静岡会場 2024年11月~2025年1月(予定)   
水戸会場 2025年2月~4月(予定)

無料ご招待券プレゼントは定員に達したため、締め切りました。ご応募どうもありがとうございました。

森美術館(港区六本木)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)