W'UP! ★7月16日~10月10日 特別展アリス― へんてこりん、へんてこりんな世界 ― 森アーツセンターギャラリー

W'UP! ★7月16日~10月10日 特別展アリス― へんてこりん、へんてこりんな世界 ― 森アーツセンターギャラリー
 
マッド・ハッターのお茶会でのアリス、『不思議の国のアリス』初刊行版本より、ジョン・テニエル画、1866年、
V&A内ナショナル・アート図書館所蔵 © Victoria and Albert Museum, London

 

2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
特別展アリス― へんてこりん、へんてこりんな世界 ―

「アリス」の文化現象をたどる初の大規模展がふるさと英国からやってくる!!
 19世紀から現代にかけて、アート、映画、音楽、ファッション、演劇、写真など様々なジャンルで表現されてきた『不思議の国のアリス』の世界とその魅力をご紹介する展覧会です。ジョン・テニエルの挿絵から、ディズニー映画のアニメーションセル、ティム・バートン監督による映画『アリス・イン・ワンダーランド』、アリスに影響を受けたサルバドール・ダリや草間彌生らの作品、バレエなどでの舞台衣装、ヴィヴィアン・ウエストウッドらによるファッションなど、アリスにまつわる約300点の展示物が一堂に会します。
 英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)を皮切りに世界巡回中の展覧会に、日本オリジナル展示も加えた「へんてこりん、へんてこりんな世界」が2022年夏、六本木ヒルズに出現します。遊び心あふれる没入型展示演出とも相まって、子どもから大人まで「不思議の国のアリス」の世界を心ゆくまで楽しむことができます。

みどころ アリスの原点から、映画、アート、ファッションまで。
1 『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』が児童文学の枠を超え、160年にわたって各分野に及ぼした影響と魅力を網羅したこれまでにない大規模な展覧会です。
2 ジョン・テニエルの挿絵をはじめ、英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館と海外所蔵作品を中心とする貴重な作品と資料約300点を一堂に紹介
3 日本展の元となるロンドン展の展示演出は、著名な舞台デザイナーであるトム・パイパー(1964~)。原作の世界観に没入できる遊び心あふれる展示演出で、子どもから大人まで「不思議の国のアリス」の世界を心ゆくまで楽しむことができます。

V&Aでの展示の様子 Alice Curiouser and Curiouser, May 2021, Victoria and Albert Museum Installation Image, Cheshire Cat created by Victoria and Albert Museum, Alan Farlie, Tom Piper, Luke Halls Studio © Victoria and Albert Museum, London
V&Aでの展示の様子 Alice Curiouser and Curiouser, May 2021, Victoria and Albert Museum Installation Image, Tea Party created by Victoria and Albert Museum, Alan Farlie, Tom Piper, Luke Halls Studio © Victoria and Albert Museum, London

第1章 アリスの誕生
 アリスの冒険は、数学者のドジソンが知人ヘンリー・リドゥルの娘たちに語った即興の物語として始まりました。次女のアリス・リドゥルが主人公のきっかけとなったのです。一方で、このおとぎ話は文化、政治、科学的知識といった普遍的なテーマを盛り込んだものでした。オックスフォード大学で教えていたドジソン。彼を取り巻く環境がインスピレーションの源となり、作品には、産業化とグローバル化が進んで変わっていく社会が反映されました。ドジソンは、高名な挿絵画家ジョン・テニエルと話し合いを重ね、ルイス・キャロルのペンネームで『不思議の国のアリス』の初版を完成させました。本章では、ドジソンの手書きの構想やテニエルの原画をはじめ、物語 を生んだヴィクトリア朝の英国の時代背景を紹介します。
 また、金子國義や酒井駒子らによって日本で描かれた『不思議の国のアリス』の原画も展示します。

聖アグネスの姿をしたアリス・リドゥル、ジュリア・マーガレット・キャメロン撮影、1872年9月 © Victoria and Albert Museum, London
涙が池の習作、『不思議の国のアリス』より、ジョン・テニエル画、1864~1865年、
フィラデルフィア、ローゼンバック博物館所蔵 © The Rosenbach, Philadelphia
アリスの証言、金子國義、1999年、個人蔵
Alice、酒井駒子、2013年、個人蔵

第2章 映画になったアリス
 ふたつの『アリス』の物語の映画化という挑戦は、革新的な編集技術から21世紀のCGI作品まで、映画界において最もインパクトのある撮影技術の誕生につながりました。本からスクリーンに移ったふたつの『アリス』の物語は世界中に広まり、現在もアリスのイメージに影響を与え続けています。
本章では、初期のサイレント映画やハリウッド映画から、文化的に大きな影響力を発揮したディズニーの1951年公開の『ふしぎの国のアリス』、ティム・バートン監督の2010年と16年の新作『アリス・イン・ワンダーランド』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』までを紹介します。

第3章 新たなアリス像
 「不思議の国」の影の側面や無意識への旅は、20世紀初頭の急進的なアーティストたちの想像力をかき立てました。シュルレアリストはキャロルの原作の根底にある概念やイメージに着目して自らの創作活動のヒントにし、強い意思、批判精神をそなえたアリスは、カウンターカルチャーの反権威的精神のシンボルとなりました。本章では、シュルレアリズムを代表する画家サルバドール・ダリの挿絵や、草間彌生、「イギリスポップアートのゴッドファーザー」ことピーター・ブレイクの作品などを展示します。

サイケデリックなチェシャー猫のポスター、米イースト・トーテム・ウエスト社発行、1967年 © Victoria and Albert Museum, London

第4章 舞台になったアリス
 原作に忠実な内容から風刺やパロディー、現代の観客用に翻訳されたものまで、頻繁に舞台化されてきたアリスの冒険。今もデザイナー、演出家、振付師、作曲家、劇作家に刺激を与え続けています。ロイヤル・バレエ団の『不思議の国のアリス』ではルイス・キャロルは白ウサギに変身し、マッド・ハッター(狂った帽子屋)はタップダンスを踊り、ハートのクイーンの衣装が観客の目を釘付けにします。公演ポスターや舞台衣装、セット模型などを通じてその一端をご紹介します。

ハートのクイーンを演じるゼナイダ・ヤノウスキー、英国ロイヤル・バレエ団公演『不思議の国のアリス』より、2011年 © ROH, Johan Persson, 2011. Sets and costumes by Bob Crowley
白うさぎの衣装、舞台『不思議の国のアリス』第1幕の法廷のシーンより、グラディス・カルスロップデザイン、1943年上演 © Victoria and Albert Museum, London

第5章 アリスになる
 「不思議の国」は科学、音楽、アート、ファッションなど、さまざまな分野の独創的な解釈を触発し続けてきました。ファッションでは、ヴィヴィアン・ウエストウッドのアンサンブルや、ヴィクター&ロルフがデザインしたマッド・ハッター(狂った帽子屋)の衣装、日本の「パンク・ロリータ」衣装などを紹介。各分野の最先端を走るアーティストから日本のクリエイターまで、アリスの今日的な魅力と新たな創作を探究し、来場者にもっと「アリスになる」ことを促します。

ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールド・レーベルのアンサンブル、2015年春夏コレクションで発表 © UGO Camera
アリス、『不思議の国のアリス』をテーマにした2018年のカレンダー、ティム・ウォーカー撮影、ピレリ社制作
© Tim Walker Studio Courtesy of Pirelli&C.S.p

ルイス・キャロルとは?
 イギリスの博識家で数学者の本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンは、児童小説『不思議の国のアリス(原題: Alice’s Adventures in Wonderland)』を、ルイス・キャロルのペンネームで書き、1865年に刊行されました。1871年には続編として『鏡の国のアリス』(原題:Through the Looking-Glass, and What Alice Found There)を発表しました。

チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン、ドジソン家のアルバムより、19世紀
© Victoria and Albert Museum, London

ジョン・テニエルとは?
 挿絵画家ジョン・テニエルは、当時イギリスの日常生活を風刺して多くの読者を獲得していた雑誌『パンチ』の看板漫画家として活躍していました。ドジソンは、そのテニエルに挿絵を依頼し、綿密な話し合いを重ね、『不思議の国のアリス』の初版が完成しました。テニエルは、続編『鏡の国のアリス』の挿絵も担当し、その印象的なキャラクターはふたつの『アリス』の成功に大いに貢献しました。

首が伸びたアリス、『不思議の国のアリス』より、ジョン・テニエル画、ダルジール兄弟彫版、1867年版、V&A内ナショナル・アート図書館所蔵
© Victoria and Albert Museum, London
『不思議の国のアリス』より、ジョン・テニエル画、1898~1900年
© Victoria and Albert Museum, London

特別展アリス― へんてこりん、へんてこりんな世界 ―
東京会場
会 期 2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)※会期中無休
会 場 森アーツセンターギャラリー[六本木ヒルズ森タワー52F]
開館時間 10:00~20:00(月・火・水曜は18:00まで)
※9/19、10/10は20:00まで
※最終入館は閉館30分前まで
※会期・開館時間は変更の可能性があります。ご来館前に必ず当サイトをご確認ください。
主 催 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社、フジテレビジョン
協 賛 DNP大日本印刷、ディズニー★JCBカード
協 力 日本航空
後 援 ブリティッシュ・カウンシル
公式ホームページ https://alice.exhibit.jp

観覧料 詳しくは→ https://alice.exhibit.jp/tickets/
先行販売限定
平日早割券 ※土日祝より200円おトク
 一般 ¥1,900、大学生・専門学校生 ¥1,300、高校生 ¥1,100、小中生  ¥500
会期中販売平日券
 一般 ¥2,100、大学生・専門学校生 ¥1,500、高校生 ¥1,300、小中生   ¥700
土日祝
 一般 ¥2,300、大学生・専門学校生 ¥1,700、高校生 ¥1,500、小中生   ¥900

W’UP! ★7月8日~9月4日 水木しげるの妖怪 百鬼夜行展~お化けたちはこうして生まれた~ 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

森美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)