コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★1月21日~3月25日 ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」 森アーツセンターギャラリー

W'UP! ★1月21日~3月25日 ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」 森アーツセンターギャラリー

2022年1月21日(金)~3月25日(金)
ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」

 武者絵は『平家物語』のような軍記物語や、武勇伝説に登場する英雄(ヒーロー)を描いた絵画のことを言い、江戸時代には武者たちを描いた浮世絵が、人々の人気を博しました。
 本展では、世界有数の浮世絵コレクションで知られるボストン美術館の所蔵品から、菱川師宣、北尾政美、歌川国貞、歌川国芳、歌川広重、月岡芳年など、有名絵師のクールで迫力のある武者絵118点を物語の時代に沿って、ご紹介します。武者絵と刀剣の鐔(つば)に描かれた共通のイメージを解き明かしながら、さまざまなヒーローたちの活躍をご覧いただけます。
 また、浮世絵版画のコレクションで広く名前が知られたウィリアム・S・ビゲロー氏のコレクションや、近年新たに加わった刀剣の世界的コレクターとして知られるウォルター・コンプトン氏の寄贈品などから、日本最古の名工といわれる安綱の銘の太刀や、中世日本に多くの名匠を輩出した長船派の名刀などが出品されます。ボストン美術館の刀剣が、日本でまとまって紹介されるのは約半世紀ぶりとなります。
 そのほか、膝丸、蜘蛛切、薄緑などさまざまな名前を持つ源氏の重宝「刀 折返銘 長円(薄緑)」(平安時代・12世紀 個人蔵)をはじめ、国内所蔵の名刀の特別出品も決まり、刀剣ファンならずとも必見です。

歌川国芳「小子部栖軽豊浦里捕雷」天保5-6年(1834-35)頃
Bequest of Maxim Karolik
勝川春亭「藤原秀郷の百足退治」文政元-3年(1818-20)頃
William Sturgis Bigelow Collection
歌川豊国「しころ引き 七兵衛影清 三保の谷四郎国俊」 文化10-12年(1813-15)頃 William Sturgis Bigelow Collection
北尾政美「巴御前」天明7-寛政2年(1787–90)頃
William Sturgis Bigelow Collection

 

本展覧会のみどころ

1 江戸の庶民の心をとらえた武者絵の世界をご紹介
 江戸時代、北斎の「風景画」や歌麿の「美人画」、写楽の「役者絵」などと並び、庶民の人気を博した「武者絵」の世界を、世界屈指の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の浮世絵・刀剣・鐔で紐解く初めての試みの展覧会です。
2 武者絵 118点全点初出展!
 約5万点の浮世絵版画コレクションから、菱川師宣、勝川派、歌川国貞、歌川国芳、月岡芳年などの有名絵師が描いた「武者絵」を118点厳選してご紹介します。すべて日本初出展!大変保存状態が良いため、摺られた当時の鮮やかな色彩が残っています。
3 武者絵と共通のイメージを持つ鐔を展示
 源頼光の「土蜘蛛退治」や、牛若丸と弁慶の「五条橋」など、武者絵と共通のイメージをもつ鐔27点が出展。江戸時代の人々が見れば何の話かすぐにわかったという武者絵の物語のイメージがデザインされた鐔を、武者絵と並べて展示します。
4 約600口の刀剣から厳選した20口が出展
 約600口のコレクションより、平安時代の安綱から江戸時代末期まで、日本刀の歴史を概観できる作品を20口厳選。近年新たに寄贈された世界有数の刀剣コレクター、ウォルター・エイムズ・コンプトン氏のコレクションも出展されます。
5 国内の刀剣も特別出品
 膝丸、蜘蛛切、薄緑など様々な名前を持つ源氏の重宝「刀 折返銘 長円(薄緑)」(個人蔵)や、上杉謙信の愛刀「太刀 銘 来国俊 元享元年十二月日」(刀剣博物館[(公財)日本美術刀剣保存協会]蔵)など、武者絵に関連する国内の刀剣も特別出品。
6 武者絵4コマ漫画を会場に掲示
 会場では、世代を問わず武者絵の物語をご理解いただけるように、絵本作家・漫画家の関ロシュン氏による武者絵の4コマイラストを掲示します。本リリースで、その一部をご紹介いたします。

展覧会内容

神代の武勇譚
 神代とは神が治めていたとされる時代で、日本神話では、天地開闢から神武天皇の前までの時代を指します。神代の物語は古事記・日本書紀、各地の風土記などによって伝えられており、天照大神、素戔嗚尊などの神々ばかりではなく、天皇や地方の豪族などの各種の武勇輝が伝えられています。18世紀以降、さまざまな時代の武勇を集めた武者絵本が出版されるようになると、神代の豪傑たちの姿は武者絵本の中に描かれるようになりました。素戔嗚尊の八岐大蛇退治は、神社に奉納された絵馬扁額にもよく描かれています。

平安時代の武者
 平安時代の10〜11世紀には、武芸に秀でた武士の集団が形成され、ことに清和源氏、桓武平氏の二つの武家が大きな力を持ちました。清和源氏の三代目源頼光には、土蜘蛛退治、大江山 酒呑童子退治、市原野の鬼童丸退治などの武勇伝説が伝えられています。その家臣である渡辺綱、坂田金時(幼名は金太郎・怪童丸)、碓井貞光、卜部季武たちは頼光の四天王と称され、四人のそれぞれにも武勇譚があります。

源平時代の英雄
 保元の乱(1156)、平治の乱(1160)を経て、平清盛が武家政権の礎を築き権勢を誇りましたが、治承4年(1180)以仁王の反乱に応じて源頼朝が挙兵、文治元年(1185)に平家が壇ノ浦の戦いで滅ぼされるまで、源氏と平家の間で多くの戦いが繰り広げられました。この間の物語は『平家物語』『源平盛衰記』などの軍記物語によって語られており、武者絵の画題として大きな割合を占めています。
 源平の各武将にはそれぞれの活躍場面がありますが、中でも源義経は、牛若丸の名の幼少の頃からさまざまなエピソードが絵画化されています。

歌川国貞「武蔵坊弁慶 御曹子牛若丸」文化10-11年(1813-14)頃
William Sturgis Bigelow Collection
「橋弁慶図鐔 銘 連行」江戸時代(19世紀)
William Sturgis Bigelow Collection

鎌倉時代の物語
『曽我物語』は、父を殺された曽我十郎祐成と曽我五郎時致の兄弟が、十八年間の苦難に耐え、建久4年(1193)5月、源頼朝が催した富士の裾野の狩場で父のかたき工藤祐経を討ち果たすまでの物語。

「太平記」の武将たち
『太平記』は、鎌倉幕府の滅亡・南北朝時代の動乱などを中心に、主に14世紀前半の戦乱を物語る軍記文学です。浮世絵では、合戦の様子よりも、楠正成、その子楠正行、新田義貞、後醍醐天皇の皇子であった大塔宮護良親王など、南朝方の忠臣のそれぞれの挿話を画題とするものが多く見られます。楠正成は湊川の合戦で討死しましたが、後に怨霊となって大森彦七を襲ったという怪異な伝説が伝えられており、初期浮世絵の時代から描かれています。

歌川国貞「大森彦七」文政11-13年(1828-30)頃
Bequest of Maxim Karolik

川中島合戦
 川中島は現在の長野県の東北、犀川と千曲川の合流する付近で、天文22年(1553)から永禄7年(1564)の12年間に、ここで越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄との戦いが5回行われたといわれています。謙信と信玄の一騎討ちは、初期浮世絵の時代から、最も多く描かれています。

歌川国芳「信州川中島大合戦之図」弘化2年(1845)頃
William Sturgis Bigelow Collection

小説のヒーローたち
 19世紀になると、「読本(よみほん)」と呼ばれる伝奇的な長編小説が次々に出版され、さまざまな冒険譚が人気を博しました。天保(1830-44)以降、武者絵の題材は、それまでの『平家物語』『太平記』などの古典軍記物ばかりではなく、小説の登場人物を取り上げるようになりました。ヒーローたちが墨摺の版本から飛び出して、色鮮やかな錦絵の画面で活躍するさまに、人々は心を躍らせました。現代の漫画雑誌のカラーロ絵のような感覚で喜ばれたのでしょう。

歌川広重「英勇五人傑 宮本無三四」弘化4-嘉永元年(1847-48)頃
William Sturgis Bigelow Collection

ボストン美術館の名刀
 海外にも日本刀を収集する美術館は数多くありますが、ボストン美術館には約600口の日本刀を収蔵しており、その収蔵品数と作品の質は群を抜いています。本展では、そのコレクションから厳選した20口をご紹介します。
 コレクションの中で最も古い作は、平安時代中期の伯耆国安綱で、本展覧会に出品される「太刀 銘 安綱」は、安綱の作としては最も長い太刀として知られています。
 江戸時代以前、日本刀は京都、奈良、岡山、神奈川、岐阜が主要な製作地で、多くの流派、名工が輩出しました。「脇指 銘 来国宗」は、京都の来派の中で遺存が少ない南北朝期の国宗の貴重な作です。「太刀 三条則作」は、同じく京都で室町時代に活躍した三条則の作ですが、刀身全体に刃文の入った皆焼が華やかでとても珍しい作品です。併せて出品される刀装具は、幕末明治の名金工・加納夏雄作の牡丹の金具が美しい名品です。「短刀 銘 大和尻懸則長四十八作之 文保三年己未三月十日」は、奈良(大和)の刀工・則長の作で、文保3年の年号と「四十八作之」の銘が記されています。刀工の制作年齢を記した事例は少なく、刀工史上からも貴重な作品です。日本刀の最大の生産地であったのが岡山(備前)で、平安以降、古備前、そして一文字、長船などの流派が継続して活躍します。「太刀 銘 重久」は初期の福岡一文字派の刀工・重久の作、「太刀 銘 —備州長船住助重作 康永貮年十一月十二日」は吉岡一文字派の作と考えられますが、長船住としている唯一の事例です。そのほか長船派の始祖光忠の「刀 金象嵌銘 光忠」、そのひ孫にあたる兼光、同時代の長義など長船の著名刀工の作品が揃って出品されます。
 江戸時代初期の慶長以降の刀は新刀と呼ばれていますが、その新刀の祖と呼ばれているのが堀川国広です。出品作の「刀 銘 洛陽住信濃守国広 慶長十五年八月日」は、その最晩年の作です。江戸では切れ味が最も優れた長曽祢興里の門下で2代目・興正の優作「刀 銘 長曽祢興正」、理論家で多くの刀剣に関する著作を残した幕末の刀工・水心子正秀の初期作「刀 銘 水心子正秀 寛政三年八月日」も出品されます。
 ボストン美術館の名品で、平安時代から江戸時代末期までの日本刀の歴史を概観することができる展示構成となっています。

「太刀 銘 安綱」平安時代(11世紀)William Sturgis Bigelow Collection
「金梨子地家紋散糸巻太刀拵」江戸時代(17世紀)Charles Goddard Weld Collection
「太刀 銘 備州長船住兼光」鎌倉時代(14世紀)Charles Goddard Weld Collection
「短刀 銘 備前国福岡左兵衛尉長則 正安二年八月日」鎌倉時代 正安2年(1300)
William Sturgis Bigelow Collection

ボストン美術館とは
 ボストン美術館は、1870年、美術を愛好する市民たちの先導のもとに、芸術作品の収集と保存、そして公開の場の創設という目的で設立され、1876年に開館しました。その歴史はニューヨークのメトロポリタン美術館に並ぶ、アメリカでも有数の美術館です。ヨーロッパ、アメリカ、アジア全域の、古代から近現代に至る約50万点の美術品を所蔵するボストン美術館です が、とりわけ所蔵数約10万点といわれる日本美術は、日本以外では質・量ともに世界一のコレクションです。その コレクションは、日本文化に深く傾倒したウィリアム・S・ビゲロー(1850-1926)をはじめとするアメリカにおける日本美術研究の創始者たちが収集した個人コレクションが中心となって形成されました。その後も多くの寄贈によりコレクションは拡充され、現在、約5万点の浮世絵版画と約600ロの刀剣を所蔵しています。

ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵−武者たちの物語」
The Heroes – Chronicles of the Warriors: Japanese Swords x Ukiyo-e from the Museum of Fine Arts, Boston

会 期 2022年1月21日(金)〜3月25日(金)
会 場 森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間 10:00〜20:00(火曜日のみ17:00まで)※最終入館は閉館30分前まで
休館日 会期中無休
主 催 日本経済新聞社、ボストン美術館、テレビ東京、BSテレビ東京、森アーツセンターギャラリー
協 賛 大林組、DNP大日本印刷
協 力 日本航空
後 援 アメリカ大使館
お問合せ 050–5542–8600(ハローダイヤル 受付時間9:00〜20:00)

チケット情報https://heroes.exhn.jp/ticket/
混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。当日、会場でご購入いただける当日券も、若干数ご用意いたします(※会場の混雑具合により、お待ちいただく場合がございます)。料金は日時指定券料金と同額です。
一般 2,100円(税込)、大学生・専門学校生 1,500円(税込)、高校生・小中学生 1,000円(税込)
※未就学児は無料
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は日時指定券の半額
※お申込完了後のキャンセル、日時変更、払戻しはできません。

W’UP! ★1月28日~3月25日 楳図かずお大美術展 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)

森美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)