W'UP★4月13日〜9月1日 AOMORI GOKAN アートフェス 2024「つらなりのはらっぱ」 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森 、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館

W'UP★4月13日〜9月1日 AOMORI GOKAN アートフェス 2024「つらなりのはらっぱ」 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森 、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館

2024年4月13日(土)〜9月1日(日)
AOMORI GOKAN アートフェス2024
つらなりのはらっぱ
公式ガイドブックと5美術館のメイン企画ご招待券プレゼント!

アートフェスについて
 この度、青森県内にある現代美術を楽しめる5つの美術館・アートセンター(青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館)を中心に2024年4月13日(土)から9月1日(日)まで「AOMORI GOKAN アートフェス」を初開催する。
 2020年よりこれら5館が連携し、県民や観光客が青森のアート体験と共に、地域の周遊を喚起する「5館が五感を刺激する―AOMORI GOKAN」プロジェクトを発信してきたが、いよいよそれぞれの館の特徴を活かした多様なプログラムを企画する新しい形のアートフェスが始動する。
 最大の特徴は展覧会やプロジェクト、パフォーマンスなど、この地に根差して活動する各館のキュレーターが協働で実施するもので、2024年度のテーマは「つらなりのはらっぱ」に決定。アートを起点に県内各地域にある自然や食、建築など豊かな文化に触れることを通じて、青森の魅力を発見する機会となる。

2024年度テーマ
「つらなりのはらっぱ」に込めた想い

青木淳 《つながりのはらっぱ のための壁》
青木淳 《つらなりのはらっぱ のための壁》

 「はらっぱ」と聞いて思い浮かべる風景は人それぞれ違うように、青森には「はらっぱ」にたとえられる、個性豊かな5つの現代美術を扱う館が揃っています。「はらっぱ」は目的をもって行くところではなく、訪れることでなにかに出会い、なにかが起こる、特別だけれど日常とも地続きの場所です。そこは、訪れては去っていく人間、動物、植物などの訪問者たちが関係する境界上に位置し、日々思い思いの活動が繰り広げられる場とも言えます。本テーマには、5つの美術館やアートセンターがまさに「はらっぱ」のように機能し、それぞれの個性的な活動のつらなりから新たな関係性が紡がれていくようにとの想いが込められています。5館それぞれの 「つらなりのはらっぱ」をとおして、これまでにない風景がいま、ここに立ち上がることを目指します。

青森県内5つの美術館・アートセンター

各会場メイン企画

共通企画

共通企画
共通企画 栗林隆 《元気炉 》2022年 (《蚊帳の外》 ドクメンタ 15、ドイツ・カッセル)より Photo:Rai Shizuno

展示スケジュール ※作品が稼働する日時の詳細は、公式 WEBサイトで発表します。
青森県立美術館 〇展示|8/9(金)-11(日)
青森公立大学 国際芸術センター青森 〇展示|8/14(水)・15(木)
八戸市美術館 〇展示|8/18(日)・19(月)、21(水)
十和田市現代美術館 〇展示|8/24(土)・25(日)
弘前れんが倉庫美術館 〇展示|8/28(水)-9/1(日)

AOMORI GOKAN アートフェス2024
つらなりのはらっぱ
会 期 2024年4月13日(土)〜9月1日(日)
会 場 青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森 、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館
※この他県内各地での連携企画を予定
主 催 AOMORI GOKAN アートフェス 2024 実行委員会[青森県立美術館、青森公立大学 国際芸術センター青森、弘前れんが倉庫美術館、八戸市美術館、十和田市現代美術館、青森県、青森市、弘前市、八戸市、十和田市、(公社)青森県観光国際交流機構]
協 力 青森県商工会議所連合会、青森県商工会連合会、青森県中小企業団体中央会、青森経済同友会

公式 WEB サイト https://aomori-artsfest.com
SNS ・X(旧 Twitter) @aomori_artsfest
Instagram @aomori_artsfest
facebook @aomori_artsfest

公式ガイドブック

公式ガイドブック 1,300 円(税込) スタンプラリー&パスポート付き!!
 各館で開催する展覧会や施設情報に加え、館が位置する各市のエリア情報、周辺の観光、グルメスポッ ト、さらには周遊のモデルコースなど充実した内容のガイドブックです。青森県外からの行き方に加え、 県内を移動するアクセス情報も分かりやすくまとめました。さらに提示で様々な割引やサービスが受けられる特典「スタンプラリー&パスポート」を付属しています。
 各館のミュージアムショップ(青森公立大学国際芸術センター青森をのぞく)、青森県内の書店、並びにオンラインでも購入可能。 体裁 A5 変形/全 108 ページ/フルカラー 公式WEBサイトにてオンライン販売。

無料ご招待券プレゼント!
美術館様のご好意により、公式ガイドブック1冊と5美術館のメイン企画ご招待券を3名様(各2枚)をプレゼントいたします。 ご希望の方は、申込ワード「青森にははらっぱ」を記載のうえ、展覧会名、氏名(ふりがな)、〒、住所、ご連絡先をこちら(tokyoliveexhibits@gmail.com)でご応募ください。 先着順です。チケット発送にて発表にかえさせていただきます。(※初めてご応募の方から優先させていただきます)また本サイトへのご感想・ご要望なども書き添えていただけたら幸いです。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)