W'UP!★10月8日~10月16日 TWO IRON MAN -鉄人の二人展- WATOWA GALLERY

W'UP!★10月8日~10月16日 TWO IRON MAN -鉄人の二人展- WATOWA GALLERY

 

2022年10月8日(土)~10月16日(日)
TWO IRON MAN -鉄人の二人展-


 新木友行と寺尾勝広の芸術性は異なるものである。新木はアスリートたちを描く。「ぶつかり合う瞬間を見たときの気持ちを言葉ではなく作品にしたい」という彼は、アスリートたちをデフォルメし動きを丁寧に捉える。濃密な色彩とコミカルさ、そして躍動感はバイタリティにあふれ、エネルギッシュさを持つ。一方で、寺尾は鉄工所で溶接工として働いていたことを背景に、「図面」と呼ばれるドローイングを生み出す。彼の作品、鉄骨図面は重厚さだけでなく、緻密で焦点を持たず、繊細さをも兼ね備える。二人に共通するものと言えば、新木であればアスリート、寺尾であれば鉄といったモチーフを固定化し、それだけを追求するという制作の姿勢を貫いていることだ。
 新木友行と寺尾勝広の作品は、ときに「美術」としての言葉では語られないことがある。それは彼らに障がいがあることに関係する。20世紀初頭ヨーロッパで見出された「アール・ブリュット」は伝統的な美術の外部の作品を指すものであったが、今日の日本では「障がいのある人のアート」という誤った認識がついている。本来の原義から離れた名称でカテゴライズされるが故に、障がいのある人が生み出す作品は「美術」としての視点で語られにくいことがある。作品の内実ではなく、作家自身の特性でジャンル分けされる現象はなぜおこるのか。問題は表現者ではなく、表現されたものをどう扱うかという社会の意識にある。一方で、新木と寺尾は、これまで「現代アート」の舞台で活躍し、多くのアートファンを魅了し続けてきた。本展は、現代アートとして評価を受ける新木と寺尾の作品を通じて、表現に対する社会の対応に疑問を投げかけるものである。
 新木のデフォルメするスキルや色彩のバランス、寺尾の幾何学的図形がひしめく図面たち。彼らの独自性はその表現の中にこそ存在する。変わらぬものに情熱を燃やし続ける二人の鉄人の世界観を堪能してほしい。

TWO IRON MAN -鉄人の二人展-
会 期 2022年10月8日(土)~10月16日(日)12:00-19:00
会 場 WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO(東京都台東区今戸1丁目2-10 3F)
入場料 観覧料 500円(税込)~
※自身で金額を決定するドネーションシステム(ミニマム 500円から入場 料を自身で決定し、それが若手 アーティスト支援のためのドネーションとなるシステム。アーティスト支援と国内アートシーンの活性化を目的としたアートアワード WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION に寄付されます。)
HP http://watowagallery.com
Instagram @watowagallery
CONTACT gallery@watowa.jp


新木友行 プロフィール
 1982年生まれ。黒の繊細なラインが、無骨なファイターたちの隆々とした筋肉の動きと体のもつれを的確にとらえる。近年その対象はファイターたちにとどまらず、陸上や水泳、車椅子バスケットボールなど様々なアスリートにまで広がり、デフォルメされたその動きは躍動感が溢れる。「東京2020オリンピック・パラリンピック公式アートポ スター」のアーティストの一人に選ばれるなど国際的な評価を得ている。

寺尾勝広 プロフィール
 1960年生まれ。父親が経営する鉄工所で溶接工として20年間働いた後、鉄をモチーフに制作を開始。本人が「図面」と呼ぶ緻密なドローイングには、鉄骨の柱をあらわす直線と溶接の目印をあらわす記号がひしめく。ニューヨークで初発表後に日本の現代美術館でも注目を浴び、以来、ロンドンのギャラリーやシンガポールのアートフェアなど、海外での展示を重ねている。

アトリエインカーブ
 アトリエインカーブは、社会福祉法人素王会のアートスタジオとして2002年に設立されました。18歳以上の、知的に障がいのある現代アーティストたちの創作活動の環境を整え、彼らが作家として独立することを支援しています。現在29名(2022年9月現在)が所属。2005年、ニューヨークで開催されたアートフェアに出品以降、海外・ 国内の美術館やギャラリーで展覧会が企画・開催されています。2010年にアトリエインカーブのアーティスト専門の「ギャラリーインカーブ|京都」を開廊しました。国内のみならず、ニューヨークやシンガポールなど海外の現代アートフェアに積極的に出展しています。また、出版事業部の「ビブリオインカーブ」では、障がい福祉の概念を広げるような書籍やアーティストの画集、DVDを企画発行。作品をもとにオリジナルグッズの制作・販売も行っています。今年で法人設立20周年をむかえます。


 

代表メッセージ
 この度、WATOWA GALLERYは初のメイン·スペースを浅草(台東区今戸)に構えることとなりました。浅草と押上のちょうど中間にある隅田川のリバーサイド·スポーツ·センターの目の前となる、のんびりとした空気の流れる場所です。かつてダンボール工場だったビルの3階にあるスペースには、“WATOWA GALLERY”、および、アカデミックなプロジェクトや「民衆によるミュージアム実験」をしたり、新たな業界としてのチャレンジを応援できるようなインキュベーション施設としての顔を持つ“THE BOX TOKYO”の2つが共存することになります。
 私自身がファッション·シーンにおける演出家·プロデューサーとしてのプロダクションを20年近く、そして今もなお運営していることもあり、WATOWA GALLERYの立ち上げ時には、あくまで場所を持たないアート·プロジェクトのプロデュース集団という、ある意味ではアートコレクティブのような形態をとりながら、外部のさまざまなメンバーとのギルド的な関わりの中で生み出される、さまざまなプロジェクトの企画をし、活動を続けてきました。その中の一つの活動として、アートギャラリーの運営があります。アートギャラリーは、マーケットの側からアーティストを育てたり、アカデミック要素を含むアートの本質的な面白さを、初めてアートをコレクションするような方を含むコレクターのみなさんに伝える役割があり、きわめてストレートなやり方で業界の中に価値を生み出すことのできる活動体であり、ポジションであると考えています。
 我々にとって、その活動自体が実験的な試みであり、日本のアートやアーティストたちを世界へと送り出していくために、若手を中心とした業界全体のビルドアップをどのように我々の世代からできるのか? をつねに問い続けてきました。それらの思想や活動をさらに加速させ、より本質的な実験に着手するためにも、WATOWA GALLERYの新しいスペースが必要だと感じ、今回のオープンに至りました。日本のアーティストによる新たなカルチャーの創造と共に、日本のアートシーン、職業、コレクターカルチャー、パトロンカルチャーの発展に貢献し、アカデミックな分野との融合を積極的に行っていきたいと考えています。さまざまなアートに関わる方々、ミュージアム、ギャラリー、キュレーター、クリティック、オークショニア、コレクター、パトロンのみなさんと日本のアート史をつくりあげていけるよう、これからも歩みを続けたいと思います。まだまだ、これからやりたいこと、現時点でできてないことはたくさんありますが、長い時間をかけて歴史を紡いでいけるように精進したいと思います。
 WATOWA GALLERY 代表 小松隆宏

WATOWA GALLERY
 WATOWA GALLERYは、現代日本のストリートカルチャーやファッション、独創的・先進的なテクノロジーや「ジャパニーズ・フィロソフィー」を取り入れた新しい感性を持つ若手の作家を中心として、アート・コミュニケーションの場を提供するアートプロジェクト/プロデュース集団です。アートがファッションのように親しみやすいカルチャーとなり、ひとりひとりのライフスタイルに溶け込む社会を拓くため、新しい感覚のエキシビションや、アートプロジェクトのプロデュース・演出を行い、アートに触れるタッチポイントを拡大します。
 現在も国内外で評価されている主要なアートムーブメントの多くは、ミュージアムの外で、そして多様なジャンルのアーティストと支援者との交流によって生まれています。わたしたちは特定のアートスペースを持たず、あらゆる空間をギャラリーと捉え、アートをミュージアムからコミュニティへ、都市へ、住空間へ開放し、ミュージアムの外からさまざまな分野のプロフェッショナルと横断的なアートプロジェクトを発信していきます。さらに、日本の若手アーティストの活躍と日本の若手コレクターの参入をサポートし、アーティストと支援者の交流を促進します。
 WATOWA GALLERYを媒介とした新しいコミュニケーションやコミュニティの育成によって、次の時代のアートシーンを創造し、市場の活性化を目指します。2019年より特定の場所を持たないプロデュース集団としての活動をしておりましたが、2022年9月より、WATOWA GALLERY初の本拠地「WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO」を浅草・今戸にオープンします。

THE BOX TOKYO
 THE BOX TOKYOとは、2022年に元段ボール工場の跡地の一角を改装し、WATOWA GALLERYと空間を共存する新しいアートシーンを育むためのアートプロジェクト・インキュベーション施設です。
 次世代のキュレーター、コレクター、クリティック、プロデューサーなど、アートの生態系を取り巻く多種多様なプレイヤーが互いに学び、ともに高め合うことをねらいとする支援や、プロジェクト、社会的なアート実験などを企画、サポートしていきます。
 主にアーティストのみならず、キュレーター、批評家、活動家、文化研究者、コレクター、ギャラリスト、オークショニアなど、若手や異分野の専門家による「ミュージアム実験」をしたり、現代における、"この世代から始めるカルチャーを"をスローガンに始められる新たなアートのチャレンジを応援できるような施設として、新しいアートの価値や思想を生み出していくことを目的としています。

WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO
※開催内容により名称がいずれかに変更されます。
住 所 東京都台東区今戸1-2-10 3F
運 営 WATOWA INC. http://www.watowa.jp/
http://watowagallery.com *9月9日(金)公開予定
Instagram @watowagallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)