コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★ 11月13日~2022年2月23日 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館(MOT)企画展示室3F

W'UP! ★ 11月13日~2022年2月23日 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館(MOT)企画展示室3F

メインビジュアル 写真:トム・ハール デザイン:佐々木暁

2021年11月13日(土)~2022年2月23日(水・祝)
Viva Video! 久保田成子展

 東京都現代美術館では、新潟に生まれ、国際的に活躍した久保田成子(1937-2015)の没後初、日本では約30年ぶりの大規模な個展を開催します。映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」で知られる久保田は、ヴィデオ・アートの先駆者の一人とみなされています。しかしながら、彼女の現代美術への貢献は、十分に評価されているとはいえません。
 本展の目的は、アメリカを拠点に日本人女性アーティストとして活動した久保田成子について、最新かつ文脈に沿った研究成果を国際的な観客に提供することにあります。2015年に彼女が亡くなった直後、その遺産を保護し、さらに発展させるために、久保田成子ヴィデオ・アート財団がニューヨークに設立されました。財団の全面的協力によって開催される本展では、復元され たヴィデオ彫刻のほか、作家によって保管されていたドローイング、資料などを中心に、国内美術館の所蔵品や作家の遺族からの借用品を含め、初公開資料を多数展示します。
 ヴィデオというメディアの黎明期に、世界を舞台に自らの芸術を展開する一人の女性作家として、何を考え、どのように表現を追求したのか。新潟県立近代美術館、国立国際美術館との協働で企画された本展では、代表作「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作 品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を多角的に展覧します。

展覧会のみどころ
 没後初、日本では約30年ぶりの大規模個展で、日本初公開作品・資料も多数展示
 ヴィデオ彫刻以前の活動を含む、久保田の初期から晩年までの創作活動を紹介
 代表作「デュシャンピアナ」シリーズを一堂に展示

 

《スケート選手》1991-92 年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年) 撮影:吉原悠博

 

《韓国の墓》1993 年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年) 撮影:吉原悠博

 

《デュシャンピアナ:自転車の車輪 1, 2, 3》と《三つの山》の展示風景
(原美術館、1992年)撮影:内田芳孝
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota

 

《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1975-76/83 年 富山県美術館蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年) 撮影:吉原悠博

 

《ナイアガラの滝》1985/2021年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博

 

展覧会の構成

1. 初期:新潟から東京へ
 久保田の新潟での生い立ちと東京での活動を、個人的な資料や写真、初期の作品などを通して紹介します。
2. 渡米:フルクサス、パフォーマンス、ソニック・アーツ・ユニオン
 渡米した1964 年以降、前衛芸術家集団「フルクサス」での活動や、ニューヨークを拠点とする国際的なアーティストたちとの交流をたどります。
3. ヴィデオとの出会い
 1970 年代に入ると、生涯のパートナーとなるナムジュン・パイクとの共同生活から、ヴィデオを使った作品の制作に着手します。
4. 「デュシャンピアナ」シリーズ:ヴィデオ彫刻の誕生
 1968年のマルセル・デュシャンとの偶然の出会いから、デュシャンとジョン・ケージのチェス・コンサート「リユニオン」を題材とした音声記録付き作品集『マルセル・デュシャンとジョ ン・ケージ』(1970 年)を発表します。その後、デュシャンへのオマージュとして始めた「デュシャンピアナ」のシリーズでは、久保田の代名詞となるヴィデオ彫刻の傑作を生み出しました 。
5. ヴィデオ彫刻の拡張
 1980年頃から制作された作品では、水やモーター、プロジェクションによる動きといった要素を取り入れていきます。それによって、ヴィデオ彫刻が空間的にも時間的にも拡張していく様子を紹介します。
6. 芸術と人生
 1991年にニューヨークのアメリカン・ミュージアム・オブ・ザ・ムービング・イメージで開催された美術館での初個展は、東京をはじめ国際巡回しましたが、1996年に夫のパイクが脳梗塞で倒れたことで、久保田は作家としてのキャリアの中断を余儀なくされました。
 2006年にパイクが亡くなるまでの10年間、障害のある夫を全面的にサポートした後、人生の最後の10年間は自らも病と闘いながら、パイクへの愛をテーマにしたユーモアのある作品を制作します。

《セクシュアル・ヒーリング》1998年

Courtesy Electronic Arts Intermix (EAI), NY

会 期 2021年11月13日(土)〜2022年2月23日(水・祝)
休館日 月曜日(2022年1月10日、2月21日は開館)、12月28日〜2022年1月1日、1月11日 開館時間 10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料 一般 1,400 円、大学生・専門学校生・65歳以上 1,000円、中高生 600円、小学生以下無料
会 場 東京都現代美術館 企画展示室3F
主 催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協 賛 ライオン、DNP 大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網
助 成 テラ・アメリカ美術基金、文化庁・令和2年度文化庁優れた現代美術の国際発信促進事業、公益財団法人ポーラ美術振興財団
企 画 濱田真由美(新潟県立近代美術館)橋本梓(国立国際美術館)由本みどり(ニュージャージー・シティ大学准教授/ギャラリーディレクター)西川美穂子(東京都現代美術館)
URL https://www.mot-art-museum.jp
※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

同時期開催

W’UP! ★ 11月20日~2022年2月23日 ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow 東京都現代美術館(MOT)企画展示室地下2階

W’UP! ★11月20日~2022年2月23日 クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する] 東京都現代美術館(MOT)企画展示室 1F

同時開催
「MOT コレクション Journals 日々、記す Vol.2」(コレクション展)

住所東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttp://www.mot-art-museum.jp/
開館時間*110:00  18:00(展示室入場は閉館の30分前)
休み*2月(祝日は開館、翌平日閉館)、年末年始、展示替え期間
ジャンル*3現代美術
入場料*4(コレクション展)一般500円、大学生・専門学校生400円、高校生・65歳以上250円、中学生以下無料。企画展は含まれていません(展覧会ごとに異なります)
アクセス*5清澄白河駅B2出口より徒歩9分
収蔵品https://www.mot-art-museum.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

東京都現代美術館(MOT)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)