コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月21日〜8月19日 織作峰子写真展 HAKU graphy 「Hommage to Hokusai」~悠久の時を旅して~ 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3

W'UP! ★7月21日〜8月19日 織作峰子写真展 HAKU graphy 「Hommage to Hokusai」~悠久の時を旅して~ 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
Hommage to Hokusai ©Mineko Orisaku

2021年7月21日(水)〜8月19日(木)
織作峰子写真展 HAKU graphy 「Hommage to Hokusai」
~悠久の時を旅して~

 

Pine and Mt.Fuji (Kawaguchi-ko Lake)©Mineko Orisaku

 

Following sunset (Tanuki-ko Lake) ©Mineko Orisaku

 

 写真家織作峰子は、2017年にHAKU graphy*1を発表以来、日本の伝統工芸である箔と写真の融合を試みてきました。印画紙や和紙にプリントをする工程とは違い、デリケートな箔に美しいプリントをするための大きな力となったのが、富士フイルムの『Acuity』*2です。デジタル技術の発達で、プリント素材や色表現にも可能性が広がり、photograph(光の粒子で描く画)の持つ意味にも近づいたことを実感しました。
 本展では、北斎へのオマージュとして、作者が富士フイルムのラージフォーマットデジタルカメラGFXを携え「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントを巡り、世界に誇る美しい独立峰「富士山」に祈りを捧げながらシャッターを押した作品を展示いたします。
 日本人の心のふるさと富士山を、織作峰子ならではの感性で捉え、独自の手法で表現した富士山を、同期間、富士フイルムフォトサロン東京スペース1、2で開催されるフジフイルム スクエア 企画写真展「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~と併せてご堪能いただけます。
*1 HAKU graphy:純金やプラチナ、銀やアルミ箔にインクジェットプリンターで紫外線硬化型(UV)インクを吹きつけて制作する、新しい写真作品表現のことを作者が名付けたもの
*2 Acuity:さまざまな素材・サイズのメディアに高画質な画像をプリントできる、富士フイルムの業務用ワイドフォーマットUV(紫外線硬化型)インクジェットプリントシステム
※作品点数 約20点(予定)

織作峰子プロフィール
 石川県出身。大学時代に友人が送った写真がきっかけとなり、1981年度ミスユニバース日本代表に選ばれ、ニューヨーク大会に出場。ミスユニバース任期中に写真家・大竹省二と出会い、翌82年に大竹スタジオに入門。87年独立。89年から2年間米国ボストンに暮らす。その経験から作品集「BOSTON in the time」が生まれた。世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続けている。日本全国や世界各地で写真展を多数開催する傍ら、テレビ出演や講演で幅広く活躍中。

フジフイルム スクエア 企画写真展
織作峰子写真展 「HAKU graphy Hommage to Hokusai(ハク グラフィー オマージュ トゥ ホクサイ)」~悠久の時を旅して~
会 場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
会 期 2021年7月21日(水)〜8月19日(木)
時 間 10:00〜19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで)
休館日 会期中無休
※写真展・イベントはやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。ウェブサイト・電話でご確認ください。
入館料 無料
※企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料としております。
URL https://fujifilmsquare.jp/

W’UP! ★7月20日〜10月19日 大竹省二「カラー写真が夢見た時代 COLOR DREAMS」 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館

W’UP! ★7月21日〜8月19日 フジフイルム スクエア 企画写真展 「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~ FUJIFILM SQUARE内 富士フイルムフォトサロン 東京

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)