W'UP ★ アーティゾン美術館

W'UP ★ アーティゾン美術館

前期:11月14日(土)〜 12月20日(日)   
後期:12月22日(火)〜 2021年1月24日(日)
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術
写真上:ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 石橋財団アーティゾン美術館蔵

 琳派は、17世紀初めの俵屋宗達、18世紀初めの尾形光琳らによって、日本の都であった京都の町人文化として生まれ、19 世紀初めに酒井抱一や鈴木其一らによって、将軍お膝元の江戸(現在の東京)に引き継がれた、装飾的な美感を核として発展した都市の美術でした。
 一方、印象派は、19 世紀後半のフランス・パリを中心に、マネやモネ、ドガやルノワール、セザンヌらによって、日常的な経験を通して受ける印象や市民生活の喜びを率直に表現する、新しく起こったヨーロッパの近代美術でした。
 本展は、日本とヨーロッパ、東西の都市文化が生んだ天才画家たちの作品を通して、大都市ならではの洗練された美意識の到達点を比較しつつ見渡そうとする、新たな試みです。当館コレクションの核となる印象派の名画と、初公開となる琳派作品を軸に、国内の寺院、美術館、博物館から代表的な作品を加えた、国宝2点、重要文化財7点を含む約100点の作品で構成されます。東西の美術を、「都市文化」というキーワードで再考する画期的な「琳派と印象派展」となります。
■休館日
月曜日(11月23日、1月11日は開館)、11月24日、年末年始(12月28日ー1月4日)、1月12日
■入館料
日時指定予約制
一般 ウェブ予約チケット1,700円、当日チケット(窓口販売)2,000円、学生無料(要ウェブ予約)(税込)
*ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。
*この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。
■URL 【公式サイト:展覧会情報】琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/7
■主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館、日本経済新聞社

俵屋宗達《風神雷神図屛風》江戸時代 17世紀 建仁寺蔵(国宝)
後期のみ展示:2020年12月22日(火)〜2021年1月24日(日)

 

坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 油彩・カンヴァス 79.6×99.0cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵

11月3日(火・祝)〜2021年1月24日(日)
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示

 石橋財団の近代洋画コレクションの中心である、青木繁と坂本繁二郎は、当館の前身、ブリヂストン美術館の創設者・石橋正二郎と同郷の福岡県久留米市出身で、正二郎の本格的な美術品収集のきっかけとなった画家でもあります。明治末から大正・昭和初期にかけて、久留米あるいはその近隣の筑後地域から多くの美術家が輩出された背景には、明治期にすでに洋画の指導者がいたこと、そして、その指導を受けた青木、坂本が中央画壇で活躍したことが挙げられるでしょう。圧倒的な存在感を放つこのふたりに憧れて上京した一群の画家たちもまた洋画史に確かな足跡を残しました。そのなかのひとり、青木、坂本より4歳下の松田諦晶[まつだていしょう]は後続の画家を見守り、ときに彼らを先達と繋ぐ存在でした。その松田を通して見える創作活動や地縁に光をあて、久留米の豊かな洋画山脈を紹介するために、青木、坂本、古賀を中心に、松田、髙島野十郎[たかしまやじゅうろう]、髙田力蔵[たかたりきぞう]の作品も交えてご覧いただきます。
■休館日
月曜日(11月23日、1月11日は開館)、11月24日、年末年始(12月28日ー1月4日)、1月12日
■入館料
上記期間は「琳派と印象派展」を同時開催、こちらのチケットで併せてご覧いただけます。
日時指定予約制
一般 ウェブ予約チケット1,700円、当日チケット(窓口販売)2,000円、学生無料(要ウェブ予約)(税込)
*ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。

青木繁《海の幸》1904年 油彩・カンヴァス(重要文化財)70.2×182.0cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵

住所東京都中央区京橋1-7-2
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 土・日・祝を除く、午前10時~午後17時)
WEBhttps://www.artizon.museum
開館時間*110:00 〜 18:00(入館は閉館の30分前)
休み月(祝日の場合は開館、翌平日は振替休日)、夏季、年末年始、その他臨時休館有
ジャンル近代美術、絵画、日本画、現代美術、陶磁器、古美術
入場料*2日時指定予約制。チケット購入について→ https://www.artizon.museum/ticket/
アクセス*3JR東京駅八重洲中央口、東京メトロ銀座線・京橋駅6番、7番出口、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線 日本橋駅B1出口より徒歩5分
収蔵品https://www.artizon.museum/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 詳細は美術館HPでご確認ください→ https://www.artizon.museum/notice/202006/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)