コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP ★ STEPS AHEAD : Recent Acquisitions 新収蔵作品展示/5月15日~ 特集コーナー展示 マリノ・マリーニの彫刻と版画 アーティゾン美術館

W'UP ★ STEPS AHEAD : Recent Acquisitions 新収蔵作品展示/5月15日~ 特集コーナー展示 マリノ・マリーニの彫刻と版画 アーティゾン美術館

2021年2月13日(土)〜 9月5日(日)※会期延長
STEPS AHEAD : Recent Acquisitions 新収蔵作品展示
上:アンリ・マティス《ジャッキー》1947年

元永定正《無題》1965(昭和40)年
© Motonaga Archive Research Institution Ltd.

 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長石橋寛)は、「StepsAhead:RecentAcquisitions新収蔵作品展示」を開催し、新しいコレクションを一堂にご紹介します。近年、石橋財団は印象派や日本近代洋画など、従来の核となるコレクションを充実させる一方で、抽象表現を中心とする20世紀初頭から現代までの美術、日本の近世美術など、コレクションの幅を広げています。それら新しいコレクションの一部は、2020年1月の開館以来徐々にご紹介してきましたが、まだまだお見せしていない作品があります。
 キュビスムの画家たち、アンリ・マティスのドローイング、マルセル・デュシャン、抽象表現主義の女性画家たち、瀧口修造と実験工房、オーストラリアの現代絵画など、未公開の新収蔵作品 92 点を中心に201点、さらに芸術家の肖像写真コレクションから87点で構成。本展では、さらに前進を続けるアーティゾン美術館の今をお見せします。

ジャン・メッツァンジェ《円卓の上の静物》 1916年

5月9日(日)までの見どころ
1 「セクション13. アンリ・マティスの素描」で、初公開の新収蔵6点を含むドローイング8点、及び絵画8点の計16点を公開中です。ドローイングの名手と言われるマティスの素描と石橋財団の重要なマティスの絵画コレクションをまとまった形でご覧いただける貴重な機会です。どうぞお見逃しのないようご予定ください。
2 4階展示ケース室において、石橋財団コレクションの中から、 中国陶磁器と日本近世美術の展示をお楽しみいただけます。
出品作品:中国 龍泉窯《青磁鉄斑文瓶(飛青磁花瓶)》元時代 14世紀、中国 景徳鎮窯《緑地紅彩宝相華唐草文瓢形瓶》明時代 嘉靖年間、他

5月15日(土)〜 9月5日(日)の見どころ
 STEPS AHEAD展とあわせて、下記の展示をお楽しみいただけます。

2021年5月15日(土)~9月5日(日)
特集コーナー展示 マリノ・マリーニの彫刻と版画

マリノ・マリーニ《緑の背景の騎手》
1957年 リトグラフ ©SIAE, Roma & JASPAR, Tokyo, 2021 C3502

 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館は、4階展示室の特集コーナーにて「マリノ・マリーニの彫刻と版画」を開催します。
 マリノ・マリーニ(MarinoMarini 1901〜1980)は、20世紀イタリアを代表する彫刻家で、馬と騎手の彫刻で知られています。当初は絵画を手がけていましたが、1940年代以降、活動の中心を彫刻に置き、力強い生命力を簡潔に表現した作風で人びとを魅了しました。さらに1952年のヴェネツィア・ビエンナーレで彫刻大賞を受賞したことで、国際的な評価も確立しました。一方で版画も、その制作活動の重要な位置を占めており、数多くの作品を残しています。
 石橋財団は、マリーニが1943年から1965年のあいだに制作したリトグラフを所蔵しており、約20年間の作風の変化をみることができます。本展覧会では、石橋財団コレクションの中から彫刻2点、版画21点、絵画1点、書籍1点の計25点によって、この芸術家の多彩な制作活動とその魅力をご紹介します。
詳細はこちら→ https://www.artizon.museum/exhibition/detail/62

2 4階展示ケース室において、石橋財団コレクションの中から、東洋、日本美術の国宝、重要文化財を2期に分けて展示します。
5月15日(土)〜7月25日(日)
出品作品《古今和歌集巻一断簡 高野切》平安時代 11世紀(重要文化財)、《伊勢集断簡 石山切》(重要美術品)平安時代 12世紀、他
7月27日(火)~ 9月5日(日)
出品作品 因陀羅《禅機図断簡 丹霞焼仏図》元時代 14世紀(国宝)、雪舟《四季山水図》室町時代(重要文化財)、他 

休館日
月曜日(5月3日、8月9日は開館)、8月10日
開館時間
10:00 〜 18:00(入館は閉館の30分前・毎週金曜日の夜間開館は、当面の間中止)
入館料(税込)日時指定予約制
一般 ウェブ予約チケット1,200円、当日チケット(窓口販売)1,500円、学生無料(要ウェブ予約)
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
※中学生以下の方はウェブ予約不要です。

エレイン・デクーニング《無題(闘牛)》1959 年 ©Elaine de Kooning Trust
藤島武二《東洋振り》1924(大正13)年

住所東京都中央区京橋1-7-2
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル 土・日・祝を除く、午前10時~午後17時)
WEBhttps://www.artizon.museum
開館時間*110:00 〜 18:00(入館は閉館の30分前)
休み月(祝日の場合は開館、翌平日は振替休日)、夏季、年末年始、その他臨時休館有
ジャンル近代美術、絵画、日本画、現代美術、陶磁器、古美術
入場料*2日時指定予約制。チケット購入について→ https://www.artizon.museum/ticket/
アクセス*3JR東京駅八重洲中央口、東京メトロ銀座線・京橋駅6番、7番出口、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線 日本橋駅B1出口より徒歩5分
収蔵品https://www.artizon.museum/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

アーティゾン美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 詳細は美術館HPでご確認ください→ https://www.artizon.museum/notice/202006/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)