コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月10日~9月5日「みみをすますように酒井駒子」展/9月18日〜11月7日「ビジュツカンノススメ アートを楽しむ4つのヒント」展 横須賀美術館

W'UP! ★7月10日~9月5日「みみをすますように酒井駒子」展/9月18日〜11月7日「ビジュツカンノススメ アートを楽しむ4つのヒント」展 横須賀美術館
『B と I と R と D』原画(白泉社、2009年)

 

2021年7月10日(土)~9月5日(日)
「みみをすますように酒井駒子」展

 

『まばたき』原画(岩崎書店、2014年)

 

『よるくま』原画(偕成社、1999年)

 

『金曜日の砂糖ちゃん』原画(偕成社、2003年)

 

『ゆきがやんだら』原画(学研プラス、2005年)

 

 ひそやかな
 絵とことばを
 めぐる

 『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子は、静謐さをたたえた美しい絵と詩的な文との響き合いにより、これまでも多くの人々を魅了してきました。ブラティスラヴァ世界絵本原画展での金牌受賞、オランダでの「銀の石筆賞」受賞など、海外でも高い評価を得ています。
本展は、酒井駒子初となる本格的な個展です。これまでに刊行された20冊を超す絵本を中心に、約250点の原画を厳選。原画は、画用紙や段ボールに黒い絵具を下塗りした上に色が配され、少女や動物たちがひそやかに描かれています。
会場では「ある日」「ひみつ」「こみち」などの6つのエリアを分け、特製の額やケースに収められた原画と、物語や文の断片をめぐっていきます。また、酒井が制作を行う山のアトリエ周辺の映像や音、小さなおもちゃやオブジェを配します。散歩するように、ゆっくりと歩きながら、時に立ち止まりながら。耳をすますように絵とことばに出会う、新しい体験を提供する展覧会です。

 

『くまとやまねこ』原画(河出書房新社、2008年)

酒井駒子プロフィール
 1966年生まれ、絵本作家。絵本に『よるくま』『はんなちゃんがめをさましたら』(いずれも偕成社)『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など、画文集に『森のノート』(筑摩書房)。『きつねのかみさま』(作・あまんきみこ、ポプラ社)で日本絵本賞、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞、『ぼくおかあさんのこと...』(文溪堂)でピチュー賞(フランス)・銀の石筆賞(オランダ)、『くまとやまねこ』(作・湯本香樹実、河出書房新社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。『ゆきがやんだら』(学研プラス)はニューヨーク・タイムズの「2009年の子供の絵本最良の10冊」にも選ばれた。

会 場 横須賀美術館
会 期 2021年7月10日(土)〜9月5日(日)10:00〜18:00
休館日 8月2日(月)
観覧料 一般1100(880)円、高大・65歳以上900(720)円、中学生以下無料
※()内は20名以上の団体料金
※高校生(市内在住または在学に限る)は無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名様は無料
ホームページ https://www.yokosuka-moa.jp


 

モオリス・デコブラ『戀愛株式會社』白水社、1931年、
県立神奈川近代文学館蔵、 装幀:東郷青児 ©Sompo Museum of Art

2021年9月18日(土)〜11月7日(日)
「ビジュツカンノススメ アートを楽しむ4つのヒント」展

古賀春江《窓外の化粧》1930年、神奈川県立近代美術館蔵

 

廣村正彰《横須賀美術館ピクトグラム よこすかくん》 2007年
photo: Yasuo Kondo / amana photography


 「ビジュツカンノススメ」展は、作品や、横須賀美術館について深く知るための4つのキーワードに沿って構成されています。ここでは油彩、日本画、ドローイング、グラフィック・デザイン、写真など約100点を味わうと共に、建築やピクトグラム、美術館の周りの風景もあわせて楽しむことで「美術館に行く面白さ」を再発見していただきたいと思います。

1章 アトリエのひみつ――洋画家・朝井閑右衛門の横須賀・田浦時代のアトリエを油彩、写真で探る
2章 絵画とブックデザイン――古賀春江や東郷青児など1920~30年代のモダニズム絵画や、書籍の装幀
3章 作品のつくりかた――日本画、油彩など現代作家の制作方法や画材、インタヴュー映像を公開
4章 美術館を探検――若林奮、高田安規子・政子、鈴木昭男による屋外彫刻や開閉館時のサウンド・ロゴ、グラフィックデザイナー廣村正彰のピクトグラムの紹介

会 場 横須賀美術館
会 期 2021年9月18日(土)〜11月7日(日)10:00〜18:00
休館日 10月4日(月)、11月1日(月)
無料観覧日 11月3日(水・祝)
観覧料 一般 1000(800)円、高大・65歳以上 800(640)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生(市内在住または在学に限る)は無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名様は無料

住所神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL046-845-1211
WEB https://www.yokosuka-moa.jp/
開館時間10:00 ~ 18:00
休み*1毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
ジャンル*2井閑右衛門、谷内六郎ほか日本の近・現代美術
観覧料*3一般 380円、高校生・大学生・65歳以上 280円、中学生以下無料 企画展は別
アクセス*4京急線「馬堀海岸」駅より「観音崎」行きバス「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車、徒歩約2分 
京急線「浦賀」駅1番乗り場から「観音崎」行きバス終点「観音崎」下車 徒歩約5分
JR「横須賀」駅より「観音崎」行きバス「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」下車、徒歩約2分
収蔵品https://www.yokosuka-moa.jp/collection/index.html
*1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 空欄はオールジャンル *3 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*4 表示時間はあくまでも目安です

横須賀美術館

 

■コロナ感染拡大防止のための注意事項は、こちらをご覧ください。
https://www.yokosuka-moa.jp/oshirase/line.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)