コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★11月27日~2022年1月30日 企画展「矢萩喜從郎 新しく世界に関与する方法」 神奈川県立近代美術館 葉山

W'UP! ★11月27日~2022年1月30日 企画展「矢萩喜從郎 新しく世界に関与する方法」 神奈川県立近代美術館 葉山

《Space of Magnetic Vision》2014年 オフセット 

2021年11月27日(土)~2022年1月30日(日)
企画展「矢萩喜從郎 新しく世界に関与する方法」

 アート、建築、評論など、多面的な活動で知られる矢萩喜從郎(1952– )。1980年代より革新的なデザインの仕事で国際的に評価を確立し、眼振(眼球振盪:眼球が常に・微小に・無意識に動くこと)という現象から導かれた独自の造形概念で多様なジャンルの表現を展開してきました。本展では、400点を超える作品・資料によって、約35年にわたる矢萩の思索と活動の軌跡をたどります。

展覧会の見どころ
 世界巡回展「HIDDEN JAPAN 自然に潜む日本」出品全点初公開
 コンセプチュアル・アートの仕事
 世界初の試行、その軌跡

《HIDDEN JAPAN 自然に潜む日本:那智滝》1992年
ゼラチン・シルバープリント 神奈川県立近代美術館蔵

 

《Perceiving by Sight》1992年 オフセット

 

《101 Posters:NON!》 1980‐84年 シルクスクリーン

 

《One’s Point of View》1994年 オフセット

 

《Shot by a Sight》1988年 オフセット

 

《仮想境界面/物体》メディエーションズ・ビエンナーレ(ポズナン、ポーランド)
2010年 パネル展示

 

メッセージ (矢萩喜從郎)
 宇宙の理(ことわり)を捕虫網で捉え、現実世界での具体化を標榜してヨーロッパで生まれた「具体芸術 Concrete Art」に共感しつつ、いかに優れた概念でも時に形骸化することがあると学び、新たな方策を模索して来ました。そこで、視覚や触覚への関心を踏まえ、もし静止すれば死を意味する「眼振」に注目し、「この世に静止した視点は存在しない」という概念を引き上げ、そこから、新しく世界と関与する方法の重要なヒントを得ました。
 従来の規格や技術によって制作されるポスターや写真も、思索を具体化したコンセプチュアル・アートなのです。今回の個展では、28歳でポーランドの芸術雑誌『Projekt』から特集委託を受け発表し、脱領域的な創造の端緒になった101点のポスターから精選したものをはじめ、14年間にわたり62ヵ国・97都市・103会場を巡回した写真展「HIDDEN JAPAN 自然に潜む日本」の全点作品、彫刻作品、これ迄誰も行ったことのない形式のグラフィック作品などを展示します。また、国内外でのパブリック・アートやインスタレーションの仕事を紹介します。
 今回の展覧会が、何か只ならぬものに接した時に感じる、あのざわつく感覚を、一瞬でも味わえる機会になればと期待しています。

矢萩喜從郎(やはぎ・きじゅうろう)プロフィール
 1952年山形県生まれ。グラフィックデザイン、コンセプチュアル・アート、写真、彫刻、建築、家具、サインデザイン、出版等を行う。
著書に『平面 空間 身体』(誠文堂新光社/2000)、『多中心の思考』(誠文堂新光社/2001)、『空間 建築 身体』(エクスナレッジ/2004)、『建築 触媒 身体』(エクスナレッジ/2006)、『視触 多中心・多視点の思考』(左右社/2014)ほか多数。ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ特別賞および金賞、原弘賞、講談社出版文化賞ブックデザイン賞、勝見勝賞ほか受賞多数。慶應義塾大学(2003-2019)、早稲田大学(2015-2021)非常勤講師。

会 場 神奈川県立近代美術館 葉山 展示室1–3
会 期 2021年11月27日(土)〜2022年1月30日(日)
休館日 月曜(1月10日は除く)、12月29日〜2022年1月3日
開催時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
観覧料 一般1,200円、20歳未満・学生1,050円、65歳以上600円、高校生100円
※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料です。
※企画展「矢萩喜從郎 新しく世界に関与する方法」の観覧券で、同日に限りコレクション展「アンリ・マティスの挿絵本」をご覧いただけます。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:12月5日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。
※その他の割引につきましてはお問い合わせください。
主 催 神奈川県立近代美術館
協 力 株式会社キジュウロウ・ヤハギ/株式会社フレームマン/茅ヶ崎市美術館

 県立美術館・博物館の割引県立の美術館・博物館の有料観覧券の半券提示で、観覧料が割引になります(観覧日から6ヶ月以内。葉山館の半券提示でも割引になります)。一部の展示を除き、65歳以上券、高校生券の割引適用はありません。その他の割引は各施設にお問い合わせください。詳しくは神奈川県のウェブサイト(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/gt2/h30hankenwaribiki.html
2)下記の施設の観覧券半券(観覧日から6か月以内)・年間パスポート(有効期限内)をお持ちの方は、当館の観覧料に割引が適用されます(1枚につき1回限り有効。65歳以上券を除く)。また、当館の有料観覧券の半券(観覧日から6か月以内)を下記で提示いただくと観覧料に割引料金が適用されます。【当館のコレクション展観覧券にも適用されます。】
•茅ヶ崎市美術館

住所神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
TEL046-875-2800
WEBhttp://www.moma.pref.kanagawa.jp
開館時間*19:30〜17:00(入場は16:30まで)
休み*2月(祝⽇および振替休⽇は除く。最新情報は美術館ウェブサイトをご覧ください。)、展示替期間(ただしレストランと駐車場は月曜日を除き営業)、年末年始(12月29日から1月3日)
ジャンル*3近代美術、現代美術
観覧料*4展覧会により異なる
アクセス*5JR逗子駅、京急 逗子・葉山駅よりバス
収蔵品http://www.moma.pref.kanagawa.jp/collection
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

神奈川県立近代美術館 葉山

■コロナに関する注意事項
・最新情報は美術館ウェブサイトをご覧ください。
・ご来館前には以下の「ご利用についてのお願い」をご確認いただきますようお願いいたします。
 ご利用についてのお願い http://www.moma.pref.kanagawa.jp/news/2020-06-19

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)