コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★10月30日~2022年2月13日 【特集展】湘南の日本画―院展、創画会の作家を中心に 平塚市美術館

W'UP! ★10月30日~2022年2月13日 【特集展】湘南の日本画―院展、創画会の作家を中心に 平塚市美術館

横山大観《不盡之高嶺》1915年、当館蔵

2021年10月30日(土)~2022年2月13日(日)
【特集展】湘南の日本画―院展、創画会の作家を中心に

 このたび平塚市美術館では「湘南の日本画―院展、創画会の作家を中心に」を開催いたします。
開館30周年を迎えた平塚市美術館では所蔵品のデータベースを整理し、ジャンルごとにWEB上で公開する準備を進めています。今年度は日本画作品を公開するのに合わせて主要なコレクションを展示します。
 明治維新後に成立した日本画はたえず新たな表現を模索する流れの連続でした。さらに、第二次世界大戦後に叫ばれた日本画の危機を乗り越え、現在へと引き継がれてきました。今回は当館にゆかりのある湘南地方の日本画にスポットを当て、日本画の流れをご覧いただきます。当館の日本画コレクションは(1)大磯に居を構えた安田靫彦とその周辺の日本美術院の作家(2)晩年に大磯で過ごした創造美術の創立メンバー・山本丘人とその周辺の創画会の作家(3)日展などの美術団体や無所属の作家によるものです。彼らの作品を一堂に展示することにより、明治から現代までの日本画の多彩な表現をご紹介します。
 展覧会をご覧いただいたあと、WEB上のデータベースを使い作品について調べることも可能です。当館の日本画コレクションの魅力を存分にお楽しみください。

今村紫紅《水汲む女・牛飼う男》1914年、当館蔵

 

安田靫彦《日食》1925、当館蔵

 

工藤甲人《愉しき仲間(二)》1951年、当館蔵

 

内田あぐり《吊るされた男#01K》2001年、当館蔵
山本直彰《IKAROS 901》2001年、当館蔵

 

福井江太郎《集》1996年、当館蔵
山本丘人《入江》1954年、当館蔵

【特集展】湘南の日本画―院展、創画会の作家を中心に
会 期 2021年10月30日(土)~2022年2月13日(日)
※会期中展示替があります
開館時間 9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし、2022年1/10は開館し、翌火曜日休館)、年末年始(12/29~1/3)
※展示替のため休室12/21(火)~28(火)
観覧料金 一般200円、高大生100円
※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1名は無料
※65歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は3割引(年齢・住所を確認できるものをご提示ください)
主 催 平塚市美術館

担当学芸員によるギャラリートーク
12月18日(土)、2022年1月29日(土)各14:00〜14:30 展示室2
※申込不要・要観覧券
※場合により延期または中止になることがあります

■同時開催

W’UP! ★10月2日~12月12日 開館30周年記念 物語る 遠藤彰子展 平塚市美術館

住所神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL0463-35-2111
WEBhttp://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
開館時間*110:00 ~ 18:00
休み*2月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日休館)年末年始(12月29日~1月3日)
ジャンル*3日本の近・現代美術
観覧料*4大人200円、高大生100円(企画展は別)
アクセス*5JR平塚駅東口改札より徒歩20分
収蔵品 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

平塚市美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 37.5度以上の発熱や体調の優れない(咳や喉の痛み等)方は、ご来館をお控えください
 マスク着用、手洗い・手指消毒の励行(消毒液は館内入口に設置しています)
 人と人との距離の確保(1~2メートル以上の間隔)
 観覧マナー(会話の自粛、分散しての観覧等)の順守
 過去2週間以内に海外渡航歴がある方は、ご来館をお控えください

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)