W'UP!★11月18日〜12月9日 廣瀬智央展「月の裏側」 小山登美夫ギャラリー天王洲(品川区東品川)

W'UP!★11月18日〜12月9日 廣瀬智央展「月の裏側」 小山登美夫ギャラリー天王洲(品川区東品川)


2023年11月18日(土)〜12月9日(土)
廣瀬智央展「月の裏側」

展示コンセプト

「月の裏側」L’AUTRE FACE DE LA LUNE : 不可視な不思議な世界について

 小山登美夫ギャラリー天王洲の展示では、「ビーンズ・コスモス」シリーズの新作を中心に、数点の彫刻作品を構成した展示を行います。

 2000年にはじめて作品化された「ビーンズ・コスモス」は、変化し流れ続ける人生のように、現在も少しづつ緩やかに深化しています。私は豆という食材に出会い、そこに宇宙を感じて以来、豆の存在に愛しささえ感じています。豆は質素な食材ながら栄養豊富 で滋味深く「貧しいのに豊か」であり、古来よりさまざまな伝説を持つな両義的で不思議な存在として世界中で登場してきます。

 今回の展示でも、この小さな豆を出発点として、不可視な不思議な世界を巡る小さな想像力の旅に出てみたいと思います。 身近な豆が広大な宇宙と結びついたりと、人は想像力を働かせることで無限の旅に出ることができます。かつて人類は、月を見なが ら決して見ることができなかった月の裏側について想いを馳せました。

 1959年、旧ソ連の月探査機「ルナ3号」が初めて月の裏側の様 子の撮影に成功し月の裏側が可視化されました。そして、月の裏側の表情が明らかになり、その後の探索や研究によって地質が解明されたり、月の成り立ちなどさまざまな仮説も生まれますが、月の存在のそのものの謎は未だ謎のままなのです。

 見えている世界の向こう側に在る不可視な世界ほど不思議なことはありません。見ることができなかった「月の裏側」を見たいという好奇心のように、何げない日常性の中にも膨大な宇宙と不思議な世界を見出そうとしたりと、これまでの私のアート活動も決して到 達点に達することなく、さらに深化していくように思います。

 関連企画として、森岡書店にてモノグラフィー発刊記念の展示も同時開催します。また、同時期に開催中の長野県立美術館、アート ラボでの展覧会「みかんの旅」では、様々な感覚を使って鑑賞できるという小さな企画展にて、「嗅覚」というという感覚に焦点を当 てながら、現在進行中のアートプロジェクト「コモンズ農園」をご紹介します。これらの展覧会やイヴェントなどのアートの創作活動を通じて、新しい価値観の創出や生きていく上での精神的な豊かさを考えていくためのヒントを探していきます。
 ー廣瀬智央ー

アイデアスケッチ

11:00〜18:00
日・月・祝 休
入場無料

【同時開催】
「アートラボ2023第Ⅲ期 廣瀬智央 みかんの旅」
長野県立美術館、2023年11月3日(金)〜 2024年2月12日(月)

「手の裏側」モノグラフィー 『ファルマコン』刊行記念展
 森岡書店、2023年12月5日(火)〜12月10日(日)

作品集カバー

廣瀬智央モノグラフィー
『ファルマコン』刊行
27 x 33 cm、362ページ、ハードカバー
刊行年 : 2023年
言語:バイリンガル(イタリア語/英語)
編集:アンジェラ・マデサニ
テキスト:アンジェラ・マデザーニ、アルベルト・フィオーレ、五十嵐純
発行 : Prearo Editore (ミラノ)
ISBN : 9788873481621
https://www.prearoeditore.com/2023/09/21/pharmakon-satoshi-hirose-a-cura-di-angela-madesani/

W’UP!★10月28日~11月18日 南谷理加展「黙劇」 小山登美夫ギャラリー六本木(港区六本木)

住所東京都品川区東品川1-33-10 Terrada Art Complex Ⅰ 4F
TEL03-6459-4030
WEBhttp://tomiokoyamagallery.com
営業時間*111:00 〜 18:00
休み*2日、月、祝
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京臨海高速鉄道りんかい線・天王洲アイル駅「B 出口」より徒歩約8分
東京モノレール羽田空港線・天王洲アイル駅「中央口」より徒歩約11分
取扱作家http://tomiokoyamagallery.com/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)