W'UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 練馬区立美術館

W'UP! ★11月18日~2023年2月12日 平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生] 練馬区立美術館
 
本展新作絵画習作 2022年 アクリル、カンヴァス 作家蔵


2022年11月18日(金)~2023年2月12日(日)
平子雄一×練馬区立美術館コレクション
inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]

 「平子雄一×練馬区立美術館コレクション」展は、練馬区在住の気鋭のアーティスト・平子雄一(1982~)と当館コレクションとのコラボレーションです。アーティスト自身の眼で当館コレクションの中から10点の絵画を選び、分析、解釈し、それらの作品から様々な要素を取り込んだ新作絵画を制作し、選んだコレクションとともに公開する展覧会です。

 平子雄一は、植物や自然と人間の共存について、また、その関係性の中に浮上する曖昧さや疑問をテーマに制作を行っています。観葉植物や街路樹、公園に植えられた植物など、人によってコントロールされた植物を「自然」と定義することへの違和感をきっかけに、現代社会における自然と人間との境界線を、作品制作を通して探求しています。平子の絵画には植物や壺、本、身の回りの物などが色彩豊かに描きこまれ、幻想的でまたユーモアをもって見る人を惹きつけます。樹木と人間が融合した人物が登場し、絵画の物語を軽やかに導きます。

 本展タイトルは、美術館のコレクションという遺産(inheritance)を平子という別のアーティストが変形(metamorphosis)し、現代的な感覚のもとに再生(rebirth)させるという意味合いで、作家自身が名付けました。時間と空間を超えた対話的な試みであり、過去から未来につながる創造の可能性を探ります。

展覧会のみどころ

新進のアーティストと当館コレクションとのコラボレーション
平子が選んだ絵画から様々な「自然」の捉え方を楽しめる
本展覧会のために平子が制作した、巨大な新作絵画(縦 3.3m 横 10m)を展示


[遺産、変形、再生]のプロセス

① 画家(平子)が画家(収蔵作家)の絵を選ぶ[遺産]7,500 点に上る当館コレクションから平子のテーマである「自然」を描いたものを中心に10点の絵画を選びました。様々な植物を題材にした作品、練馬や武蔵野の風景画なども含まれます。
 例えば、靉光-絵の画面の濃密さに魅かれた、新道 繁 -画面の構成に興味を持った、野見山 暁治-自分とは異なるタイプだが気になったなど、平子ならではの視点での選択です。

靉光《花と蝶》1941-2年頃 油彩、カンヴァス

靉光《花と蝶》1941-2 年頃 油彩、カンヴァス
 1907年広島県の生まれ。24年に上京、「池袋モンパルナス」と呼ばれた地域で画家たちと交流。30歳代にはシュルレアリスムを咀嚼し、力強く暗示的な細密画や静物画を描きます。本作もその頃の秀作。44年応召、46年上海の陸軍病院で戦病死。

新道繁《松》1960年 油彩、カンヴァス

新道繁《松》1960 年 油彩、カンヴァス
 1907年福井県の生まれ。1925年に洋画家として出発します。1956 年ヨーロッパに8カ月滞在、特にニースで受けた感動から「松」を主題とした連作を発表、高く評価されます。その後も長く松をテーマに取り組み、「松の作家」と呼ばれます。81年没。

野見山暁治《落日》1959年 油彩、カンヴァス

野見山暁治《落日》1959 年 油彩、カンヴァス
 1920年福岡県の生まれ。52年~64年に渡仏。西洋的で堅牢な画面構成を身に着けました。その後、東洋絵画に魅かれるようになり、より抽象的で自由な構成、色彩、タッチに向かいました。本作はその頃に描かれた風景画です。練馬区在住。

②新作絵画に挑戦[変形]
 実際に見て選んだ10点の絵画の写真や資料を手に、平子はスタジオに戻ります。制作当時の思考や意図を読み解き、各絵画のモチーフ、テーマ、筆致、色使いなどから、自身のコンセプトや技術に共鳴するポイントを探り、それを新作絵画に取り入れていきます。まずは習作(縦 1.1m 横 3.3m)を制作。最終的には4枚パネルの巨大な絵画(各縦 3.3m 横 2.5m/合計縦 3.3m 横 10m)に挑戦します。新作絵画にはアイデアスケッチのように過去や現在の自然、平子がインスパイアされた様々な作品の細部を取り込んだ光景、挑戦する自分自身の肖像、そうしたものが画 家自身の色彩とリズムで描き出されるでしょう。

本展新作絵画アイデアスケッチ

本展新作絵画アイデアスケッチ
③ 会場に展示[再生]
 会場には、平子の新作絵画と、10点の当館コレクション作品を展示します。コレクションには通常の作品解説パネルとともに、新作制作過程において生まれた、各絵画に関するメモやテキスト、色チャートなどが並び、アーティスト独自の視点や考え方を理解するのに役立つでしょう。

平子雄一 Yuichi Hirako
 1982年岡山県生まれ。2006年にイギリスのウインブルドンカレッジ・オブ・アート絵画学科を卒業。現代社会における自然と人間との共存について思考し、それらの境界線を作品制作を通じて追究しています。表現手法は絵画を中心に、ドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど多岐に渡り、日本以外に、ヨーロッパ、北米、中東、アジア圏でも精力的に作品の発表を続けています。現在練馬区在住。
 近年の個展に「FOOTPRINTS」(KOTARO NUKAGA、東京、2022)、「Fallen Leaves」(YIRI Arts Back_Y、台湾、2022)、「Mount Mariana」(Gallery Baton、韓国、2021)、「GIFT」(KOTARO NUKAGA、東京、2021)「projectN71 平子雄一」(東京オペラシティアートギャラリー、東京、2018)、「Dazzling Leaves」(ZERP、オランダ、2018)、「SPROUT-Galleri Christoffer Egelund」(デンマーク・コペンハーゲン、2017)、「Greening」(WAITINGROOM、東京、2017)、「Bark Feeder」 (第一生命ギャラリー、東京、2015)など。また09年「シェル美術賞」入選、10年「トーキョーワンダーウォール 2010」トーキョーワンダーウォール賞受賞、13年「VOCA展」奨励賞、20年岡山県新進美術家育成『I氏賞』大賞受賞など。

参考「GIFT」展覧会場(KOTARO NUKAGA 2021)写真:Osamu Sakamoto

コレクションからの出品作家(50 音順)
靉光(あいみつ)/小林猶治郎(こばやしなおじろう)/佐藤多持(さとうたもつ)/新道繁(しんどうしげる)/田崎廣助(たさきひろすけ)/寺田政明(てらだまさあき)/中尾彰(なかおしょう)/西尾善積(にしおよしずみ)/野見山暁治(のみやまぎょうじ)/吉浦摩耶(よしうらまや)

本展新作絵画習作|
※完成作は会場でご覧ください。

本展新作絵画習作 2022年 アクリル、カンヴァス 作家蔵


平子雄一×練馬区立美術館コレクション inheritance, metamorphosis, rebirth[遺産、変形、再生]
会 場 練馬区立美術館 2階展示室
会 期 2022年11月18日(金)~2023年2月12日(日)
休館日 月曜日(ただし、1月9日(月・祝)は開館、1月10日(火)は休館)12月29日(木)~1月3日(火)
時 間 10:00~18:00 ※入館は 17:30まで
入場料 一般 300円、高校・大学生および65~74歳 200円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
※一般以外の方(無料・割引対象者)は、年齢等が確認できるものをお持ちください
主 催 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
協 力 KOTARO NUKAGA
イベント 練馬区立美術館で講演会やワークショップ等の展覧会関連イベントを実施

<ご来館にあたっての注意事項>
事前に「新型コロナウイルス感染予防対策について」をご確認いただき、当館の感染予防対策にご協力ください。
新型コロナウイルス感染予防対策について→https://www.neribun.or.jp/museum_new/detail_m.cgi?id=202110221634880430

住所東京都練馬区貫井1-36-16
TEL03-3577-1821
WEBhttps://www.neribun.or.jp/museum.html
開館時間*110:00 〜 18:00(入室は、17:30まで)
休み*2月曜(祝日は開館、翌日閉館)年末年始(12月29日 ~ 1月3日)展示準備期間
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻、工芸、版画
入場料*4展覧会により有料・無料の場合があります。 各展覧会の観覧料については、美術館ホームページをご覧ください。
アクセス*5西武池袋線中村橋駅より徒歩3分
収蔵品http://jmapps.ne.jp/nerima_art/

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

練馬区立美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/