W'UP! ★1月4日~3月29日 鈴木清写真展「天幕の街 MIND GAMES」 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館

W'UP! ★1月4日~3月29日 鈴木清写真展「天幕の街 MIND GAMES」 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館
 
出番を待つ象と女 ガンガーの由来、1980年<天幕の街>より ©Yoko Suzuki
 

2023年1月4日(水)~3月29日(水)
鈴木清写真展「天幕の街 MIND GAMES」

 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館では、表現媒体としての写真集を唯一無二の次元に昇華させた写真家 鈴木清の作品展を開催いたします。
 1960年代から70年代にかけて独自の展開を見せた日本の写真集は、近年、海外でも大きな注目を集めています。なかでも、約30年間の写真家活動の中で8冊の写真集(1冊以外はすべて自費出版)を発表した鈴木清(1943年-2000年)は、表現媒体としての写真集を唯一無二の次元に昇華させた写真家です。自らの手で綿密に編まれた多くのダミー本※で繰り返し行われた試行錯誤の後に世に提示された写真集は、そのいずれもが五感の歓びを呼び覚ますような強い存在感を放っています。
※ 写真集に使う作品のコピーやキャプションなどをレイアウトし本の形に綴じたもの。写真集の設計図のような存在。

出展作品の一部(予定)

空中の秘芸・大一丁ブランコ、 平塚 1979年 <天幕の街>より
スペインからやって来たジャグラの芸人 東京・千駄ヶ谷、 1979年 <天幕の街>より
サーカスの天幕、 1979-80年 天幕の街>より

 1943年、福島県好間村(よしま村 現・いわき市)の炭鉱町に生まれた鈴木清は、高校卒業後、漫画家を志して上京しますが、ほどなく絵の道を断念したその日、行李に入れて大事に持ってきていた土門拳の写真集「筑豊のこどもたち」に改めて惹かれました。そして、絵やグラフィック、漫画などと共通する“手によって創造する視覚分野”である写真に可能性を見出し、東京綜合写真専門学校に入学します。同校を卒業した1969年から翌年にかけて、『カメラ毎日』にてエネルギーの転換期に直面し、斜陽となっていく自身の原風景でもある各地の炭鉱を撮影した「シリーズ・炭鉱の町」を発表し、写真家としてデビュー。定時制高校に通いながら印刷所で働いていた経験を活かし、1972年、装丁やレイアウトまですべて自ら手がけた初の写真集『流れの歌』を自費出版します。

 3冊目の自費出版となった1982年刊行の『天幕の街 MIND GAMES』は、それまで、すべて自分一人で手がけていた作業工程のうちデザイン、装丁部分を、初めてデザイナーの鈴木一誌に任せる試みがなされた写真集です。写真の組み合わせによって、写真の間から見えてくるものを大切にした鈴木清にとって、第三者の視点による再構築は自らの写真に新たな世界を発見する大きな契機になりました。1983年には、本写真集、同名展覧会により第33回日本写真協会賞新人賞を受賞しています。「サーカスの天幕」「A・Q・U・A 水声」「腐爛(ふらん)風景」「路上の愚者・浦崎哲雄への旅 1979-1981」の四部で構成される本写真集のタイトルは、幼い頃、父親とともに見に行ったサーカスの記憶に由来しています。サーカスの人々や路上生活者といった「漂泊者たち」のイメージは、鈴木清の記憶と夢をたどる旅のようでもあり、見る者を夢と現実の狭間に誘います。
 本展「天幕の街 MIND GAMES」では、『天幕の街』所収作品約40点と、生前刊行された写真集のためにコピー本を綴じ合わせて制作された本人の手による貴重なダミー本を展示します。(作品点数約 40点)

哲ちゃんとわが娘・光 1980年
写真集『天幕の街』のための表紙案 1982年

 以上©Yoko Suzuki

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展
鈴木清写真展「天幕の街 MIND GAMES」
会 期 2023年1月4日(水)~3月29日(水)※会期中無休
開館時間 10:00〜19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
会 場 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館(東京都港区赤坂9丁目7番3号 東京ミッドタウン・ウエスト)
入館無料
TEL 03-6271-3350
URL https://fujifilmsquare.jp/
主 催 富士フイルム株式会社
監 修 鈴木洋子、鈴木光、鈴木遊
企 画 コンタクト
※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。ウェブサイト・電話でご確認ください。
※企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。

鈴木清(1943年-2000年)プロフィール
1943年 11月30日福島県石城郡好間村(現・いわき市)に生まれる。
1965年 福島県立平第二高等学校(定時制)を卒業後、漫画家を目指し上京。
1969年 東京綜合写真専門学校卒業。『カメラ毎日』に「シリーズ・炭鉱の町」を発表(~1970年、全6回)。 以後、看板描きをしながら写真家活動を続ける。
1972年 『流れの歌 soul and soul』(自費出版)刊行。
1976年 『ブラーマンの光 THE LIGHT THAT HAS LIGHTED THE WORLD』(自費出版)刊行。
1982年 『天幕の街 MIND GAMES』(自費出版)刊行。
1983年 『天幕の街 MIND GAMES』写真集、個展に対して第33回日本写真協会賞新人賞受賞。
1985年 東京綜合写真専門学校講師に就任。
1988年 『夢の走り S STREET SHUFFLE』(自費出版)刊行。
1991年 『愚者の船 The Ship of Fools』(アイピーシー)刊行。
1992年 『天地戯場 SOUTHERN BREEZE』(自費出版)刊行。個展「母の溟(なみだ)」に対して第17回伊奈信男賞受賞。
1994年 『修羅の圏(たに) Finish Dying』(自費出版)刊行。
1995年 第14回土門拳賞受賞。
1997年 手摺りリトグラフによるポートフォリオ『INDIA SONG』(制作︓WORKS・H)刊行。
1998年 『デュラスの領土 DURASIA』(自費出版)刊行。
2000年 3月23日、死去。享年56。

写真歴史博物館 について ~ 170年を越える写真の変遷を中心とした展示 ~
 貴重なアンティークカメラや富士フイルムの歴代カメラの展示に加え、歴史的に価値のある写真を展示する企画展も定期的に開催しております。写真の文化、カメラの歴史的進化をご覧いただける希少価値の高い博物館です。170年を越える写真文化の変遷をぜひお楽しみください。
https://fujifilmsquare.jp/guide/museum.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)