コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

WHAT

WHAT

 2020年12月12日(土)に東京・天王洲にオープンした「WHAT」は、寺田倉庫株式会社がコレクターからお預かりし、保管する貴重なアート作品の公開を目的とした芸術文化発信施設です。倉庫会社ならではの視点で 「美術施設の在り方」 を模索し、たどりついたのは日本を代表するコレクターが自らの価値基準で収集した作品との出会いを創出するアート展示施設でした。

 「WHAT(WAREHOUSE OF ART TERRADA)」という施設名称には、「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」 というユニークなコンセプトが込められています。現代アートシーンで活躍する作家の作品をコレクターの思いと共に展示する、新たな鑑賞空間をつくってまいります。

 なお、2016年より保管・展示を行ってきた「WHAT」の先駆けである建築倉庫ミュージアムは、「建築倉庫プロジェクト」と名称を改め、同施設内で継続して建築に纏わる展覧会・模型保管庫の見学を開催しています。

 寺田倉庫株式会社は、美術品保管を主軸に、美術品修復・輸配送・展示といった分野に加え、画材ラボ「PIGMENT TOKYO」・日本最大のギャラリーコンプレックス「TERRADA ART COMPLEX」などの芸術文化発信施設の運営を通じて、天王洲をアートの一大拠点にするための街づくりに取り組んでいます。

※2021年1月11日より当面の間、政府からの緊急事態宣言を受け、営業日時を一部変更しております。詳しくはホームページでご確認ください。→ https://what.warehouseofart.org

建築倉庫プロジェクトについて
 建築倉庫プロジェクトは、建築模型や建築文化の価値を高めることを目的としています。企画展では国内外で活躍する海外・日本人建築家や設計事務所による建築作品のスタディ模型から完成模型までを、会期ごとにテーマをもたせて展示しており、「学ぶ・楽しむ・感動する展覧会」を目指し模型との新しい出会いを提供します。
ARCHI-DEPOT ONLINE https://online.archi-depot.com/
 建築模型文化・若手の建築家をワールドワイドに紹介することを目的としており、建築模型のポートフォリオ制作・閲覧機能ならびに模型保管機能も備えた世界初のWEBサービスです。
模型保管庫
 建築倉庫が運営する模型保管庫では、建築家や設計事務所からお預かりした600点以上の建築模型を保管・展示しています。WHAT入館者に限り、オプショナルツアーとして模型保管庫見学に参加することができます。

模型保管庫
ミュージアム・ショップ

W’UP! ★ -Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション展 WHAT 展示室1・2階

W’UP! ★ 謳う建築 WHAT 展示室1階

住所東京都品川区東品川2-6-10 G号
TEL 
WEB https://what.warehouseofart.org
開館時間*111:00 〜 19:00(最終入場18:00)
休み月(祝日の場合、翌火曜休館)展覧会入れ替え期間中、年末年始
ジャンル現代美術、建築
入場料*2一般 ¥1,200、大学生・専門学校生 ¥700、中・高校生 ¥500、小学生以下 無料、模型保管庫見学 ¥500(WHATに入館した方のみ)※オンラインによる日時指定/事前予約制。詳しくはホームページをご覧ください。
アクセス*3りんかい線天王洲アイル駅B出口より徒歩4分、東京モノレール 天王洲アイル駅より徒歩5分、JR品川駅港南口より徒歩15分
収蔵品 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)