ヨックモックミュージアム

ヨックモックミュージアム

 ヨックモック創業者の「菓子は創造するもの」という想いを受け継ぎ、ヨックモックの現会長でもあり、美術館館長でもある藤縄利康が精選し、ヨックモックグループとして30年以上かけて500点以上収集してきた、世界有数のピカソの陶器作品を数多く包括したコレクションを、様々な企画展を通して楽しむことができる美術館。ピカソの豊かで自由な発想が投影された、“菓子とアートのコラボレーション”や“アートセラピーを応用したアートセッション”などの独自の教育プログラムも楽しめる都市型の新しいタイプである。四季折々のハナミズキも楽しめる中庭のあるカフェだけでも利用可能で、気軽にアートに触れ、友人宅で過ごすようにリラックスして過ごすことができる。

展覧会情報

2020年10月25日(日)~2021年9月26日(日)『ピカソ:コート・ダジュールの生活』
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため変更となる可能性がございます。
*開始の際も、新型コロナウィルス感染拡大防止策をふまえてのスタートを想定しております。
 20世紀美術を代表する巨匠パブロ・ピカソは、1946年に南フランスの町ヴァローリスを訪れ、陶芸家ラミエ夫妻と出会ったことをきっかけに、翌年の夏より本格的なセラミック制作に取り組むようになりました。それまでは難解な作品で知られていたピカソも、南仏の暖かい空気を享受しながら、職人たちとの触れ合いを通して、優しく柔らかい風合いの焼き物を作り始めるようになります。 本展覧会では、ピカソの焼き物づくりとその背景を紹介しながら、ピカソが生きていた日常のうつりかわりと、ピカソの焼き物が日常生活にもたらそうとした革新とを、時代の流れとの関係のなかで描き出します。

住所東京都港区南青山6-15-1
TEL03-3486-8000
WEBhttps://www.yokumokumuseum.com/
開館時間*110:00〜17:00、金 20:00まで
休み*2月(祝日は開館,翌日閉館)
ジャンル*3ピカソ陶器をメインとしたヨックモック・コレクション
入場料*4大人1,200円、大高中800円
アクセス*5東京メトロ表参道駅B1出口から徒歩9分
収蔵品 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)