紅ミュージアム

紅ミュージアム

 紅ニュージアムは、日本伝統の色「紅」の歴史と製法や日本の化粧文化を学び、体験できる施設です。「紅」とはベニバナの花弁に僅かに含まれる赤色色素のこと。古くから染料や食品の着色料、絵具、そして化粧料などに用いられてきました。
 文政8年(1825)に創業し、今に続く最後の紅屋「伊勢半本店」が作る「紅」は、良質な証である玉虫色に輝きます。水で溶き玉虫色から赤に変わる感動の瞬間は必見です。今や最後の一軒となった紅屋が、紅づくりの技とともに、「紅」や日本の化粧の歴史と文化をお伝えする場、それが紅ミュージアムです。

W’UP! ★紅ミュージアム

住所東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル
TEL03-5467-3735
WEBhttps://www.isehanhonten.co.jp/museum
開館時間10:00 ~ 17:00(最終入場は16:30まで)※事前予約不要
休み*2日、月、創業記念日(7/7)、年末年始(ただし企画展・イベント等開催期間中は日曜開館)
ジャンル*3紅の文化、化粧史、江戸・近現代の化粧道具
入場料*4無料(ただし企画展は有料)
アクセス*5表参道駅B1出口より徒歩12分
収蔵品https://www.isehanhonten.co.jp/museum/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)