コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★5月20日~8月21日 アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真 東京都写真美術館 3F 展示室

W'UP! ★5月20日~8月21日 アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真 東京都写真美術館 3F 展示室
 
平井輝七《風》 1938年 東京都写真美術館蔵


2022年5月20日(金)~8月21日(日)
アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真

 近代日本写真史における前衛写真は海外から伝わってきたシュルレアリスムや抽象美術の影響を受け、1930年代から1940年代までの間に全国各地のアマチュア団体を中心に勃興した写真の潮流です。活動時期が大変短い時期であったことなどで、その活動内容についてのあまり検証がなされていませんでした。しかし近年各地の美術館によりその活動の研究が進み、海外でもその活動が注目されています。
 それまでも写真にとって絵画の影響は強いものでしたが、前衛写真は画家だけではなく詩人やデザイナーなどが参加し、その活動の幅を広げていました。特に1937年に瀧口修造が山中散生(ちるう)とともに企画した「海外超現実主義作品展」が東京で開催(のち京都・大阪・名古屋・福井を巡回)されたことによって多くの写真家が触発され新しい表現へ向かい、画家たちは写真を使って、絵画では出来ない表現に挑戦していきました。
 しかし、戦時下体制の強化とともに前衛表現は規制を受け、1939 年には時局への配慮から多くの前衛写真のグループは名称を変更せざるを得なくなります。1941年に瀧口が逮捕され、写真雑誌が統合され、また多くの写真材料の輸入が困難となり、各地で行われていた活動も収束へと追い込まれていきます。
 本展では、同時代に流行した前衛絵画との関係性なども考慮にいれ、シュルレアリスム運動とどのように関わっていったのか今回の展覧会によって詳らかにします。
※出品点数(予定)175点

小石 清《疲労感》〈泥酔夢〉より 1936年 東京都写真美術館蔵
ハンス・ベルメール《人形》1935年 東京都写真美術館蔵館蔵
瑛九 〈フォト・デッサン〉より 1939年 東京都写真美術館蔵
吉崎一人《(カメラを覗く人)》1938-1941年
東京都写真美術館蔵
山本悍右《(脱衣棚と椅子)》1935年
東京都写真美術館蔵
平井輝七 《月の夢想》1938年
東京都写真美術館蔵

みどころ

1 日本写真史においていまだ謎が多い「前衛写真」を展覧する当館初の展覧会
 1920年代末から日本写真界では、それまで絵画の影響を受けていた写真表現から脱却し、カメラやレンズによる機械性を生かして、写真でしかできない表現を目指した新興写真運動が活発になりました。新興写真の芸術的表現をより深化させた「前衛写真」は1930年代から展開されますが、1941年に太平洋戦争が始まると、自由な表現活動がほぼ不可能となり、終焉を迎えます。わずか数年の活動であったこと、戦時中にオリジナル・プリントや史料の焼失が激しかったこと、また新興写真を含むこの時代の芸術写真が日本写真史においてサロン写真と呼ばれ軽視されてきた背景から、前衛写真の研究が進んだのはここ20〜30年の動きです。本展では、戦後の主観主義写真や、1950年代半ばに再度現れるシュルレアリスム表現との関係にも触れながら、日本の前衛写真の本質に迫ります。

2 日本各地で勃興した前衛写真の全体像を俯瞰
 前衛写真は、1937年の「海外超現実主義作品展」開催を機に日本各地で結成されたアマチュアを主体とした写真クラブによってけん引されました。所属していた会員は画家や詩人など、写真というジャンルにとどまらず、写真誌での写真論の発表や、新しい写真表現の実験を繰り広げ、各クラブはそれぞれに個性を持ちながら活動しました。前衛写真の研究が進められる中で、近年では福岡市美術館「ソシエテ・イルフは前進する福岡の前衛写真と絵画」展(2021年)、名古屋市美術館「坂田稔 ―『造型写真』の行方」展(2018年)、同「『写真の都』物語―名古屋写真運動史:1911-1972―」展(2021年)など、各地方の前衛写真グループを紹介する展覧会が開催されています。東京都写真美術館では、関西、名古屋、福岡、東京の前衛写真グループの作品約150点を各章に分けて紹介し、前衛写真の全体像を展覧します。

3 国内外で注目が高まるシュルレアリスム
 20世紀最大規模の芸術運動であるシュルレアリスムは、パリで発祥したのち、第二次世界大戦前のヨーロッパ各都市からアメリカや日本を含む世界各地に影響を及ぼし、文学や美術だけではなくファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出しました。シュルレアリスムは今なお高い注目を集めており、「Shock of Dalí ショック・オブ・ダリ―サルバドール・ダリと日本の前衛―」展(三重県、福島県、2021年)や「さまよえる絵筆―東京・京都 戦時下の前衛画家たち」展(京都府、2021年)など日本のシュルレアリスム 絵画をテーマとする展覧会が相次いで開催されたほか、海外では日本人作家を含む大規模展覧会「SURREALISM BEYOND BORDERS」がメトロポリタン美術館(ニューヨーク、2021-22年)、テートモダン(ロンドン、2022 年)で開催。特に絵画表現において人気が高いでシュルレアリスムですが、前衛写真の領域においても、純粋な視覚表現から、広告やファッションに至る多方面に浸透し重要な役割を果たしました。

アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真
Avant-Garde Rising: The Photographic Vanguard in Modern Japan
会 期 2022年5月20日(金)〜8月21日(日)
会 場 東京都写真美術館 3 階展示室(東京都目黒区三田 1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
開館時間 10:00〜18:00(木・金は20:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合開館し、翌平日休館)
観覧料 一般 700円、大学・専門学校生 560円、中高生・65歳以上 350円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料。
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨します。詳細はホームページをご参照ください。
ホームページ https://www.topmuseum.jp/
主 催 東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
展覧会図録
「アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真」
A4 判変型、224 頁(予定)/価格未定/国書刊行会発行 イェレナ・ストイコヴィチ(オックスフォード大学)および藤村里美(東京都写真美術館学芸員)によるテキストほか出品作品全図版を掲載。

W’UP!★6月17日~9月25日 TOPコレクション メメント・モリと写真 死は何を照らし出すのか 東京都写真美術館 2F 展示室

W’UP! ★ 6月4日〜7月10日 岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール清流がつむぐ動物たちの大湿原 東京都写真美術館 地下1階展示室

住所東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL03-3280-0099
WEBhttps://topmuseum.jp/
開館時間10:00 〜 18:00 ※⽊・⾦曜は20:00まで。※入館は閉館の30分前まで
休み月(祝休日は開館、翌平日休館)、年末年始および臨時休館
ジャンル写真、映像
入場料*1イベントにより異なります
アクセス*2JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
収蔵品https://topmuseum.jp/contents/pages/collection_list.html
 *1 高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *2 表示時間はあくまでも目安です

東京都写真美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 入場制限などを実施中。また、事業はやむを得ない事情で変更することがあります。詳細はホームページをご確認ください。→ https://topmuseum.jp/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)