コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★4月26日~7月24日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.1 松岡美術館

W'UP!★4月26日~7月24日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.1 松岡美術館
 
白地黒掻落牡丹文瓶 北宋 磁州窯


2022年4月26日(火)~7月24日(日)
松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.1

 創設者 松岡清次郎は自らオークションや公募展に出向き、琴線にふれる作品とのめぐりあいを積み重ね、約2400点のコレクションを蒐集しました。また、清次郎が愛した芸術も様々な人やモノ同士のめぐりあいの上に成り立っています。
 今回は館蔵の中国陶磁、中国絵画、日本画、西洋画、能面などのコレクションを再構成し、3会期連続で「出会い」をテーマにした企画展を開催します。そのVol.1となる本展では、「二色(ふたいろ)の美」「故(ふる)きを温(たず)ねて」「中国青銅器 形と用途」を開催。2トーンカラーの中国陶磁、故事に由来する日本画、形と用途に着目して中国青銅器をご紹介します。作品との出会い、また作品に内包された様々な出会いをお楽しみください。

橋本雅邦《諸葛亮読書図》前期展示
真野満《後白河院と遊女乙前》
山元春挙《萬代不易図》大正5~大正6年頃 前期展示

企画展 1「二色の美」
会場:展示室 4

 私たちは様々な色に囲まれて生活を送っています。その色の多くは、理想の美を求めた人類が自然物から取り出した、あるいは自然物を素材に研究を重ねた末に生み出してきたものです。本展では色彩をテーマに館蔵の中国陶磁コレクションから、掻き落としや黒花、青花、釉裏紅といった磁州窯系と景徳鎮窯の作品を中心に、コントラストが美しい2トーンカラーのうつわをご紹介します。器面を舞台に、二色の織り成す美しさをご堪能ください。

白釉黒花牡丹文瓶 金時代 磁州窯系
青花魚藻文大盤 元時代 景徳鎮窯
青白磁紅釉鳳凰文瓶 元時代 景徳鎮窯
黄地青花梔子文盤 明時代「正徳年製」銘 景徳鎮窯
黄地緑彩龍文鉢 「大清康煕年製」銘 景徳鎮窯
火焔青管耳方瓶 「大清乾隆年製」銘 景徳鎮窯

企画展 2「故きを温ねて」
会 場 展示室 5・6
前 期 2022年4月26日(火)~6月5日(日)
後 期 2022年6月7日(火)~7月24日(日)

 諸葛孔明や後白河院のように永く語り継がれてきた人物や、吉事を予見させる縁起の良いモティーフは、古くから私たちの生活に浸透し、絵画の領域でも画家たちの発想の源となって多くの作品が生まれました。本展では歴史人物のエピソードや画面に込められた人々の願いをご紹介します。時空を超えて親しまれてきたこれらのテーマは今も私たちを魅了し、新たな風を吹き込むことでしょう。

久隅守景《業平・定家》 江戸時代 後期展示
酒井抱一《相生松・尉姥》 江戸時代 後期展示
西村五雲《老松遊鶴図》 後期展示

特別展示「中国青銅器 形と用途」
会 場 展示室 1

 館蔵の中国古代青銅器を3会期にわたって展示する第一弾。今展では形とその用途に着目して食器や酒器に加え、水器、楽器を入門的視点でご紹介します。

饕餮文甗 西周時代早期
史頌匜 西周時代晩期

本展の見どころ

1. 磁州窯、景徳鎮窯の二色のうつわでめぐる色の世界
 館蔵の中国陶磁コレクションから磁州窯や景徳鎮窯の作品を中心に、二色のコントラストが映えるうつわを出品。限られた色での多様な表現とその変遷をご紹介しつつ、古代中国で生まれ私たちの生活に根付く色彩観 五行思想にも目を向けてみようと思います。二色がめぐりあう美を楽しみながら、古代から連綿と受け継がれてきた色彩感覚に想いを馳せていただければ幸いです。
2. 松岡美術館の至宝《青花龍唐草文天球瓶》継続展示決定
 再開記念展で出品中の《青花龍唐草文天球瓶》を「二色の美」にて引き続き展示いたします。
3. 絵画で覗く温故知新の深遠な世界
 悠久の時を経て今も記憶に残る人々、いつの世も変わらぬ願い。万人の共感を呼ぶこれらの主題は、古くから数多の画家たちによって描かれてきました。今回は歴史人物のエピソードや画面にかくされた幸福の兆しをご紹介します。過去から現在、そして未来へと伝わっていく作品との出会いと、それぞれのテーマが持つ深遠な世界をお楽しみください。
4. 館蔵の中国青銅器を3期に分け一挙公開
 館蔵の中国青銅器を3期に分け一挙公開いたします。松岡清次郎の中国青銅器蒐集は、美術館開館前にさかのぼり、所蔵数は約20件と少ないものの、その半数以上が金文を持ち、資料的価値の高い作品も含まれます。第一弾は、形とその用途に着目し、入門的な内容でご紹介。

松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.1
会 期 2022年4月26日(火)~7月24日(日)
※「企画展 2 故きを温ねて」のみ、6月7日(火)より展示作品の入れ替えあり
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
毎月第1金曜日 10:00〜19:00(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料 一般 1,200円、25歳以下 500円(10名以上の団体は各100円引)高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料

常設展示
古代オリエント美術
古代ギリシア・ローマ彫刻
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

住所東京都港区白金台5-12-6
TEL03-5449-0251
WEBhttps://www.matsuoka-museum.jp/
開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)第1金曜日のみ10:00~19:00(入館は18:30まで)
休み*1毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
ジャンル陶磁、絵画、彫刻、考古美術
入場料一般 1,200円、25歳以下500円(10名以上の団体は各100円引)高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料
アクセス*2東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分
収蔵品https://www.matsuoka-museum.jp/collection/
*1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 表示時間はあくまでも目安です

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)