W'UP!★8月2日~10月23日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.2 松岡美術館

W'UP!★8月2日~10月23日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.2 松岡美術館

 

2022年8月2日(火)~10月23日(日)
松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.2

 創設者 松岡清次郎が、自ら出向いたオークションや公募展などで、琴線にふれる作品とのめぐりあいを積み重ねて蒐集した作品を「出会い」をテーマに3会期連続でご紹介しています。第2回目となる本展では「霊獣の文様(しるし)」「西洋絵画展 -東洋のかおり」「中国青銅器 文様」を開催。特に注目の企画展「西洋絵画展 -東洋のかおり」では、ポルティーリエ、クロード・モネ、モディリアーニ、シャガール、マリー・ローランサンなど、西洋文化に影響を与えた「東洋のかおり」ただよう名画の数々を紹介しています。

企画展1 「霊獣の文様(しるし)」
 現代には、空想上のいきものたちが様々な場所に息づいています。古代中国を発祥とし、日本でもなじみの深い龍や鳳凰、麒麟、獅子などは、吉祥をもたらす存在として霊獣あるいは瑞獣と呼ばれ、多くの工芸作品にその姿と思想が刻まれてきました。本展では、中国の銅鏡をはじめ、青花や五彩などの陶磁器、また玉の作品を通して、霊獣の文様についてご紹介します。そのはじまりや意味、そしてそこに映し出される人間の祈りや願いをお楽しみください。

緑釉酒尊 後漢時代
天馬鳳凰文鏡 唐時代
五彩龍文大壺 「大明嘉靖年製」銘 景徳鎮窯
青花麒麟文面盆 「大明萬暦年製」銘 景徳鎮窯
豆彩龍鳳文大盤 「大清雍正年製」銘 景徳鎮窯
碧玉獣耳鐶獅子鈕香炉 清時代

企画展2 「西洋絵画展 -東洋のかおり」
 16世紀、世界の文化の中心は、オリエントにありました。西洋画の歴史は14世紀半ばごろからといわれますが、後世、日本や中国の文化が与えた影響は多大なものでした。西洋の人々は、東洋の文化の高さに学び、多くの画家たちが新境地を開いたのです。
 松岡清次郎は、自身の高い理想を育むように、サロン派、印象派、エコール・ド・パリの画家たちを中心に約130点の西洋画を蒐集しています。西洋文化に影響を与えた「東洋のかおり」を所蔵品からお楽しみください。

チャールズ・エドワード・ ペルジーニ 《束の間の喜び》
アメデオ・モディリアーニ 《若い女の胸像(マーサ嬢)》 1916 年-1917年頃
ウィリアム・アドルフ・ ブーグロー 《編み物をする少女》 1874年
アルベール・マルケ 《ツーロンの港》
ウォルター・J・ワトソン 《スレドルの谷、北ウェールズ》 1911年頃

トピック1 ニューヨークやシカゴでも活躍したオランダの画家ポルティーリエも発掘。
 松岡清次郎は西洋画も自らのインスピレーションを第一にコレクションしています。今回大きくご紹介しているポルティーリエもその一人。
 彼は1829年オランダ、アムステルダムで11人兄弟の10番目の子どもとして生まれました。父は書店を営んでいたといわれます。たくさんの兄弟に囲まれ、どのような子ども時代を送ったのでしょう。運河に囲まれた美しいアムステルダムの町、湿潤な空気や、身近に本のある生活が、彼の豊かな感性を育てたのではないかと想像させます。
 ハーグにある、オランダで最も古いといわれる芸術学校がハーグ王立美術学院。1842年から1849年までそこで学びました。そののち、パリに滞在し、フランスやベルギーで、王侯貴族たちの肖像画家として多くの作品を残しました。祖国オランダでは「ハーグ派」と呼ばれる画家たちが、柔らかなタッチの風景画を描いていたころです。

ヨン・フレデリック・ピーター・ポルティーリエ《オリエントの少女像》

トピック2 清少納言にあこがれたローランサンの屏風絵?
 極端に細長いこの少女の作品は、もとは四面の衝立仕立てでした。ローランサンの養女シュザンヌの相続品の一つでもあり大切にされてきた様子がうかがえます。
 ローランサンはその著書「夜の手帖」に、清少納言を「17世紀の貴婦人にそっくり」と書いています。屏風のように衝立を仕上げ、東洋の暮らしに思いをはせたのかもしれません。シュザンヌ没後、全財産が福祉施設に寄贈され1979年競売にかけられました。
翌年東京で開催されたオークションに本作品が額装されて登場し、松岡のコレクションに加わりました。

マリー・ローランサン《帽子をかぶった少女》1924年頃


特別展示「中国青銅器 文様」
 館蔵の中国古代青銅器を3会期にわたって展示する第二弾。今展では青銅器の文様に着目し、その意味合いをご紹介します。

饕餮虁龍文壺 商時代晩期
虁龍百乳文方鼎 商時代晩期

常設展示
古代オリエント美術
古代ギリシア・ローマ彫刻
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

住所東京都港区白金台5-12-6
TEL03-5449-0251
WEBhttps://www.matsuoka-museum.jp/
開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)第1金曜日のみ10:00~19:00(入館は18:30まで)
休み*1毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
ジャンル陶磁、絵画、彫刻、考古美術
入場料一般 1,200円、25歳以下500円、高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料
アクセス*2東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分
収蔵品https://www.matsuoka-museum.jp/collection/
*1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 表示時間はあくまでも目安です

松岡美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)