W'UP!★11月1日~2023年2月5日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3 松岡美術館

W'UP!★11月1日~2023年2月5日 松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3 松岡美術館
 
粉彩八桃文盤 清時代「大清雍正年製」銘
 

2022年11月1日(火)~2023年2月5日(日)
松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3

 松岡美術館にて「松岡コレクション めぐりあうものたち Vol.3」を2022年11月1日(火)より開催いたします。創設者 松岡清次郎が、自ら出向いたオークションや公募展などで、琴線にふれる作品とのめぐりあいを積み重ねて蒐集した作品を「出会い」をテーマに3会期連続でご紹介しています。
 第3回目となる本展では、所蔵品の主軸である陶磁器からは中国陶磁の集大成となる明清時代の作品を出品。また、清次郎が晩年、集中的に蒐集した明清絵画を一堂に会します。さらに中国伝来の芸能を起源とする能楽に関連した作品、金文に着目して中国青銅器をご紹介します。作品との出会い、作品に内包された様々な出会いをお楽しみください。

沈南蘋《鴛鴦図》清時代 後期展示
陳淳《草閣観瀑図》明時代 前期展示

企画展 1「明清陶磁 繚乱の美」
 中国陶磁の伝統は王朝の交代にあっても失われることなく、また、異文化とめぐりあうことで大きな発展を遂げました。陶磁史上画期的な転換点となった青花技法は、征服王朝である元(1271-1368)の時代に誕生し、また、満州族の王朝 清(1616-1912)の統治下では新しい技術が次々と開発され、康熙・雍正・乾隆の3皇帝のときに全盛期を迎えました。今回は、さまざまな「出会い」により変化を遂げ、常に邁進を続けた中国陶磁の大成期・明清時代の繚乱の美をご紹介します。

青花桃樹図瓶 明時代 永楽期
五彩魚藻文壺 明時代「大明嘉靖年製」銘
青磁管耳方瓶 清時代「大清雍正年製」銘

企画展 2「館蔵 中国明清絵画展」
 当館の創立者松岡清次郎は1983~87年の約5年間に、サザビーズとクリスティーズのオークションで集中的に中国絵画を蒐集しています。きっかけは1983年6月15日にニューヨークで開催された中国美術のオークションでした。この時、清次郎はカタログの表紙を飾った《三彩大壺》などの中国陶磁とともに、5点の明清時代の中国絵画を取得しました。その後は中国絵画単独のオークションにも参加し、最終的なコレクションは40点に及びます。本展では清次郎が蒐集した中国絵画を一堂に会します。
前期展示:11月1日(火)-12月11日(日)後期展示:12月13日(火)-2月5日(日)

任伯年《風塵三俠図巻》清時代 光緒 8(1882)年 前期展示

企画展 3「幽玄の道」
 能楽は奈良時代に中国から伝来した「散楽」という芸能が源流です。散楽のうちの物真似芸を起源とする猿楽が、観阿弥、世阿弥らによって能楽へと発展しました。また、能の代名詞ともいえる幽玄という語は中国の典籍に由来し、能の謡曲には中国の史実や伝説をもとに作られたものが多く存在します。本展では館蔵の能面と能に取材した絵画作品等を出陳し、異文化が交わり合い作られた幽玄の道をご紹介します。

増女 江戸時代 焼印「出目満毘」

特別展示「中国青銅器 金文」
 館蔵の中国古代青銅器を3会期にわたって展示する第三弾。今展では青銅器の金文に着目し、その意味合いをご紹介します。

饕餮文爵 商時代晩期
者減鐘 春秋時代晩期

松岡コレクション
めぐりあうものたち Vol.3
会 期 2022年11月1日(火)〜2023年2月5日(日)
会 場 松岡美術館(東京都港区白金台5-12-6)
時 間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
    毎月第1金曜日 10:00~19:00(入館は 18:30 まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(2022年12月29日-2023年1月4日)
観覧料 一般 1,200 円 / 25 歳以下 500 円
高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方 無料
URL 松岡美術館 公式サイト https://www.matsuoka-museum.jp/
SNS
https://twitter.com/matsu_bi
https://www.instagram.com/matsuoka_museum_of_art/
https://www.facebook.com/matsuokamuseum/

常設展示
古代オリエント美術
古代ギリシア・ローマ彫刻
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

住所東京都港区白金台5-12-6
TEL03-5449-0251
WEBhttps://www.matsuoka-museum.jp/
開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)第1金曜日のみ10:00~19:00(入館は18:30まで)
休み*1毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
ジャンル陶磁、絵画、彫刻、考古美術
入場料一般 1,200円、25歳以下500円、高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方無料
アクセス*2東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分
収蔵品https://www.matsuoka-museum.jp/collection/
*1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 表示時間はあくまでも目安です

松岡美術館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)