W'UP!★9月10日~10月23日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ― 東洋へのまなざし 泉屋博古館東京

W'UP!★9月10日~10月23日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ― 東洋へのまなざし 泉屋博古館東京
 
雪舟《漁樵問答図》室町時代 15世紀 泉屋博古館蔵
 

2022年9月10日(土)~10月23日(日)
泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ
「古美術逍遙 ― 東洋へのまなざし」

 泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念して開催する館蔵名品展パート3。
 古くより人々のまなざしを集めてきた東洋美術の名品の数々を、国宝2件・重要文化財10件も含めて一挙にご紹介します。
 住友家に蒐集された美術品は、仏教美術、日本絵画・書跡、茶の湯道具・香道具、中国絵画・書跡、文房具の多岐にわたります。日本の絵画は人々が愛でる花鳥風月を描き、中国絵画は目に見えない「気」をどう表すか格闘を続けました。また、茶の湯や煎茶は茶を飲む行為に視覚の悦びを生み出しました。
 そして人間という無常な存在に慈悲の目を向ける仏。東洋の美術は、まなざしのドラマに溢れています。
 本展では、そうした東洋美術をめぐるまなざしのドラマを、住友コレクションを生み出した数寄者の「目」とともにご紹介いたします。

本展のみどころ
1. 国宝2件、重要文化財10件登場
2. 日本書画の魅力をダイジェストでお伝え!
3. 私立美術館ならでは、数寄者の美意識を伝えるコレクション
4. 東京館には初登場!? 住友コレクションの仏教美術
5. 激烈な時代を生きた人々はいったい何をのこしたか ー中国絵画と文房具

 

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ
古美術逍遙 ― 東洋へのまなざし
会 期 2022年9月10日(土)~10月23日(日)
※会期中 展示替有り
 前期 9月10日(土)~10月2日(日)
 後期 10月4日(火)~10月23日(日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
開館時間 11:00~18:00(入館は17:30まで)
※金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
会 場 泉屋博古館東京(東京・六本木)
入館料 一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)
障がい者手帳ご呈示の方は無料
主 催 公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社

イベント

※予約制のイベントは、9/1(木)11時よりホームページにて受付開始予定(先着順)
※詳しくはホームページをご覧ください。→https://sen-oku.or.jp/tokyo/

講演会「展示ケースのツボ〈アートwithシリーズ〉」
9月16日(金)17:30~18:30
講師:山内佳弘氏(展示ケース設計工房山内 代表社員)
定員:40名(予約制)
聴講料:500円(展示をご覧になる場合は別途観覧券が必要です)

記念煎茶会「もういちど、はじまりを」
9月19日(月・祝)14:00~15:30
登壇者:佃 一輝氏(一茶庵宗家)
    佃 梓央氏(一茶庵宗家嫡承)
    島尾 新氏(学習院大学文学部教授)
    新恵美佐子氏(画家)
    野地耕一郎(泉屋博古館東京館長)
    竹嶋康平(泉屋博古館学芸員)ほか
定員:20名(予約制)
参加費:1,000円(煎茶付き)

特別講座「香りを聞く」
10月1日(土)14:00~
講師:山田悠介氏(麻布 香雅堂 代表取締役社長)
定員:40名(予約制)
参加費:2,000円(文香のお土産付き)

ミュージアムコンサート(仮)
10月6日(木)18:00~19:00
奏者:岩城里江子氏(アコーディオン)
定員:30名(予約制)

記念講演会「八大山人と禅画」
10月9日(日)14:00~15:30
講師:塚本麿充氏(東京大学東洋文化研究所 教授)
定員:40名(予約制)

スライドトーク
9月23日(金・祝)、10月21日(金) 各回とも14時から
講師:竹嶋康平(泉屋博古館学芸員)
定員:40名(当日整理券を配布します)

住所東京都港区六本木1丁目5番地1号
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://sen-oku.or.jp/tokyo
開館時間11:00〜18:00(入館は17:30まで)金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
休み*2月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
ジャンル*3陶磁、絵画、日本画、考古美術、骨董、西洋絵画
入場料*4一般1,000円、高大生600円、中学生以下無料。20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)障がい者手帳ご呈示の方は無料。展覧会により料金が変更になることがあります
アクセス*5東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅北改札正面 泉ガーデン1F出口より屋外エスカレーターで徒歩3分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅13番出口より徒歩10分
収蔵品https://sen-oku.or.jp/tokyo/collection_t/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

泉屋博古館東京

■今後の展覧会予定

 
重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》大正6年(1917)泉屋博古館東京


2022年11月3日(木・祝)~12月18日(日)
特別展 生誕 150 年記念
板谷波山の陶芸

 近代陶芸の巨匠 板谷波山は、明治5年(1872)茨城県に生まれ、昭和28年(1953)に工芸家として初の文化勲章を受章した人物です。生誕150年を迎える2022年、住友コレクションをはじめ波山選りすぐりの名作の中から一切の妥協を許さないという強い信念により誕生した、端正で格調高い作品をご覧頂きます。また再発見された作品や、窯跡から発掘された陶片資料、書簡を通じて、故郷のまちと人々をこよなく愛した板谷波山の人となりをご紹介します。
おもな作品
 重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》大正6年(1917)
 板谷波山《葆光彩磁葡萄唐草文花瓶》大正4年(1915)頃

板谷波山《葆光彩磁葡萄唐草文花瓶》大正4年(1915)頃 泉屋博古館東京

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)