コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★5月21日~7月31日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展 II 光陰礼讃 モネからはじまる住友洋画コレクション 泉屋博古館東京

W'UP!★5月21日~7月31日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展 II 光陰礼讃 モネからはじまる住友洋画コレクション 泉屋博古館東京


2022年5月21日(土)~7月31日(日)
泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展 II
光陰礼讃 モネからはじまる住友洋画コレクション

 泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念しての館蔵名品展第二弾。
 住友コレクションの一角を占める近代洋画は、住友吉左衞門友純(春翠)が明治30年(1897)の欧米視察中のパリで印象派の画家モネの油彩画2点を入手した事に始まりますが、その一方で同時代のジャン=ポール・ローランスなどフランス・アカデミーの古典派絵画も収集しました。19世紀末のフランス絵画は、印象派の台頭とともに古典的写実派が次第に衰退していく様相を示すことになりますが、住友洋画コレクションには同時代の印象派と古典派の作品がともに揃って収集されているところに特徴があります。
 本展は、光を追い求めた印象派と陰影表現による実在感を追究した古典派を「光陰」と捉え、この「光陰」二つの流れから滋養を受けて展開した日本近代洋画の数々を絵画史の流れにそって紹介するものです。「光陰」とは本来「歳月」や「月日」の謂いですが、明治・大正・昭和という激動の時代を経て今に伝わる作品たちがくぐり抜けてきた歳月にも思いを馳せていただければ幸いです。

クロード・モネ《モンソー公園》1876年 泉屋博古館東京
ジャン=ポール・ローランス《マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち》1877年
藤島武二《幸ある朝》明治41年(1908)泉屋博古館東京
鹿子木孟郞《ノルマンディーの浜》1907年 泉屋博古館東京
オーギュスト・ルノワール《静物》1905年頃 泉屋博古館東京
浅井忠《河畔洋館》1902年 泉屋博古館東京
岡田三郎助《五葉蔦》1909年 泉屋博古館東京
岸田劉生《二人麗子図(童女飾髪図)》1922年 泉屋博古館東京

本展のみどころ
1. 19世紀フランス絵画の光と陰
 印象派のモネと古典派ローランスの対決
2. 初期文展の花形作家たちの代表作がずらり
 藤島武二、和田英作、岡田三郎助、山下新太郎、ほか
3. 20世紀のパリと日本で活躍した画家たちの競演
 ルオー、ピカソ、シャガールと坂本繁二郎、岡鹿之助、小磯良平

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展II
光陰礼讃 モネからはじまる住友洋画コレクション
会 期 2022年5月21日(土)〜7月31日(日)
開館時間 11:00〜18:00
※金曜日は19:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
※7月18日(月)は開館、翌19日休館。
入館料 一般1,000円(800円)、高大生600円(500円)、中学生以下無料
※20名様以上の団体は( )内の割引料金
※障がい者手帳ご呈示の方はご本人および同伴者1名まで無料
会 場 泉屋博古館東京(東京都港区六本木1-5-1)
https://sen-oku.or.jp/tokyo/
主 催 公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社

会期中のイベント

特別講演会「住友春翠と建築家・野口孫市たち」
6月24日(金)17:00~18:30(要事前申込・要観覧券)
〔講師〕林和久氏(工学博士)

特別講演会「知られざる蒐集 ― 住友洋画コレクションの特質」
7月16日(土)14:00~15:30(要事前申込・要観覧券)
〔登壇者〕三浦篤氏(東京大学総合文化研究科教授、美術史家)

スライド・レクチャー「詳しすぎる作品解説」
6月24日を除く、会期中毎週金曜日17:00~18:00
〔講師〕野地耕一郎(泉屋博古館東京・館長)

住所東京都港区六本木1丁目5番地1号
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://sen-oku.or.jp/tokyo
開館時間11:00〜18:00(入館は17:30まで)金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
休み*2月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
ジャンル*3陶磁、絵画、日本画、考古美術、骨董、西洋絵画
入場料*4一般1,000円、高大生600円、中学生以下無料。20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)障がい者手帳ご呈示の方は無料。展覧会により料金が変更になることがあります
アクセス*5東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅北改札正面 泉ガーデン1F出口より屋外エスカレーターで徒歩3分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅13番出口より徒歩10分
収蔵品https://sen-oku.or.jp/tokyo/collection_t/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

泉屋博古館東京

■今後の展覧会予定

 
重要文化財 八大山人《安晩帖》叭々鳥図 清時代(康煕33年/1694年)泉屋博古館


2022年9月10日(土)~10月23日(日)
泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展III
古美術 逍 遙
― 東洋へのまなざし

 泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念して開催する館蔵名品展第三弾。古くから人々のまなざしを集めてきた東洋の名品を、国宝・重要文化財も含めて展観します。 日本の絵画は人々が愛でてきた花鳥風月を描き、中国絵画は目に見えない「気」をどう表すか格闘を続け、茶の湯や煎茶は茶を飲む行為に視覚の悦びを生み出しました。そして人間という無常な存在に慈悲の目を向ける仏―東洋の美術は、まなざしのドラマに溢れています。 本展では、そうした東洋美術をめぐるまなざしを、住友コレクションを生み出したコレクターたちの「眼」とともにご紹介いたします。(単館開催)
おもな作品
 重要文化財 八大山人《安晩帖》清時代(康煕 33年 / 1694年)
 伊藤若冲《海棠目白図》江戸時代(18世紀)
 《小井戸茶碗 銘六地蔵》朝鮮時代(16世紀)

伊藤若冲《海棠目白図》江戸時代(18世紀)泉屋博古館
《小井戸茶碗 銘六地蔵》朝鮮時代(16世紀)泉屋博古館東京

 
重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》大正6年(1917)泉屋博古館東京


2022年11月3日(木・祝)~12月18日(日)
特別展 生誕 150 年記念
板谷波山の陶芸

 近代陶芸の巨匠 板谷波山は、明治5年(1872)茨城県に生まれ、昭和28年(1953)に工芸家として初の文化勲章を受章した人物です。生誕150年を迎える2022年、住友コレクションをはじめ波山選りすぐりの名作の中から一切の妥協を許さないという強い信念により誕生した、端正で格調高い作品をご覧頂きます。また再発見された作品や、窯跡から発掘された陶片資料、書簡を通じて、故郷のまちと人々をこよなく愛した板谷波山の人となりをご紹介します。同時代の陶芸家の作品と共にお楽しみください。
おもな作品
 重要文化財 板谷波山《葆光彩磁珍果文花瓶》大正6年(1917)
 板谷波山《葆光彩磁葡萄唐草文花瓶》大正4年(1915)頃
 初代宮川香山《菊花形藤花図壺》明治39年(1906)

板谷波山《葆光彩磁葡萄唐草文花瓶》大正4年(1915)頃 泉屋博古館東京
初代宮川香山《菊花形藤花図壺》明治39年(1906) 泉屋博古館東京

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)