W'UP!★1月14日~2月26日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅳ 不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選 泉屋博古館東京

W'UP!★1月14日~2月26日 泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅳ 不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選 泉屋博古館東京

 

2023年1月14日(土)~2月26日(日)

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅳ
不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選

 東京館のリニューアルオープン記念展の掉尾を飾るのは、住友コレクションの象徴、中国青銅器。
 はるか三千年前から変わらず受け継がれ、そして世界各地で崇敬を集めてきた不変/不変の造形美をご堪能いただくべく、住友コレクションの名品の数々を一堂に会する貴重な機会となっています。中国青銅器の種類、文様、金文、そして鑑賞の歴史まで、丁寧な解説を付してその魅力を余すことなくご紹介します。
 また今回の展覧会にあわせて3Dデータを用いたデジタルコンテンツを制作し、展示会場にて公開いたします。現代の最先端の文化財技術と、太古の奇想と超絶技巧の未知なる出逢いをお見逃しなく。

第1章 神々の宴へようこそ

 今から約3,000年前、日本では長かった縄文時代も終わりにさしかかった頃、中国大陸 では殷や周といった古代王朝が栄え、世界史上にもまれなほどの高度な青銅器文化が発達しました。中国の青銅器文化の最大の特徴は、神々に捧げるまつりのための器が発達した点にあります。なかでも、もっとも重視されていた祖先神をもてなす各種の器をつくるために、当時貴重であった
 青銅が惜しげもなく使われました。本章では、こうした性格をもつ中国青銅器のさまざまな種類 を、その用途に着目してご紹介します。なかには日常生活ではまず使われることのない難読漢字も出てきますが、そうした名前がなぜつけられたのか、どういう意味があるのか、という点も詳しく解説していきます。

見卣(けんゆう)西周前期(前10世紀)泉屋博古館蔵
酒もしくは香草の煮汁を入れる器
饕餮文平底爵(とうてつもんへいていしゃく)殷前期(前14世紀)
泉屋博古館蔵 酒を温める器
円渦文敦(えんかもんたい)戦国前期(前5世紀)泉屋博古館蔵
穀物を盛る器

第2章 謎多き文様の世界

 中国青銅器の最大の特徴のひとつは、 器の表 面を埋め尽くすようにあらわされた文様やモチーフの数々でしょう。器の機能という観点からは説明しがたい繊細複雑な造形には、中国古代の人々の思想や信仰があらわれていると考えられます。まつりのための器の表面を飾る文様であれば、さぞかしおめでたい意味合いがあったと考えたくなるところですが、後世に流行する吉祥文様とは異なり、実は中国青銅器の文様は、人間にとって危険であるがゆえに聖性を帯びているという、「二面性」が特徴となっています。しかも、実在の動物をそのままあらわすのではなく、動物のパーツをさまざまに組み合わせて、この世ならざる文様をつくりあげるという、「キメラ」としての性格もはっきりと認められます。本章では、謎多き中国青銅器の文様を、「二面性」と「キメラ」という2つのキーワードで読み解いていき、中国古代の人々の豊かなイマジネーションの世界を探っていきます。

戈卣(かゆう)殷後期(前12世紀)泉屋博古館蔵

第3章 古代からのメッセージ

 青銅器の造形、文様の数々を一通り堪能した後は、続けて器の内側を見ることもお忘れなく。そこに深々と鋳込まれた文字は金文と呼ばれ、現在の私たちが使用している漢字の直接の祖先にあたる文字です。この金文を通じて、中国古代の人々がどのような思いをこめて青銅器を鋳造していたのかを多少なりとも知ることができます。そこに記されている内容はさまざまで、王から褒美をもらったことや、いくさで手柄を挙げたことなど、記念すべきことがらを後世にまで伝えるべく、そのことを青銅器の表面に鋳込んだのでした。古代からのメッセージを解読すると、器そのものからはなかなかわからない当時の人々の姿がぼんやりと見えてきます。展示会場では釈文・現代語訳もつけて丁寧に解説します。

第4章 中国青銅器鑑賞の歴史

 殷周時代に盛んにつくられた祭祀儀礼用の器 は、秦漢時代には衰えて、次第に日用品としての性格を強めていきました。しかしながら、宋代に入ると古器物に対する関心が高まり、殷周青銅器のリバイバルが起きるようになります。徽宗皇帝の命で宮中の青銅器コレクションの調査がおこなわれ、その成果をまとめた図録『宣和博古図録』(泉屋博古館の名称の由来)が刊行されるなど、研究も大いに進展しました。こうした背景の下、宋代では殷周青銅器を模した「倣古銅器」が数多くつくられるようになり、それらは交易を通じて中世日本にももたらされ、「唐物」として珍重されるようになります。本章では、中国青銅器の鑑賞の歴史と、それが美術工芸品に与えた影響について詳しく見ていきます。まったくの別世界に思える中国青銅器が、実は日本文化にも深く関係していたことをご紹介し、その存在をより身近に感じていただければと思います。

金銀錯獣形尊(きんぎんさくじゅうけいそん)北宋 (10-12世紀)
泉屋博古館蔵

見どころ

01 泉屋博古館東京のリニューアルオープンを記念する展覧会の第4弾として、世界屈指の呼び声高い住友コレクションの中国青銅器を一堂に会する貴重な機会。表紙の虎卣(こゆう)をはじめとして、コレクションを代表する名品がそろい踏み。はるか3,000年前の古代中国で生み出された奇想と超絶技巧の数々、さらにはその造形が後世の工芸に与えた影響まで、中国青銅器の不変/普遍の造形美を余すことなくお伝えします。

02 前知識がなくても大丈夫。難解なイメージをもたれがちな中国青銅器について、種類・用途・文様・モチーフ・金文・鑑賞の歴史など、さまざまな角度から丁寧に解説していきます。かわいい動物の姿をかたどった器や、一分の隙も感じさせないほど完璧に構築されたフォルムの器など、予備知識なしに楽しめるポイントが目白押し。

03 今回の展覧会にあわせて、中国青銅器の3D計測を実施、そのデータを用いたデジタルコンテンツを制作。現代のテクノロジーを活用した新たな中国青銅器の展示を公開します。

04 今回の展覧会にあわせて、国内では希少な中国青銅器の入門書を刊行予定。ハンディサイズの入門書とともに、本展覧会を鑑賞することで、さらに中国青銅器の奥深い世界を体験することができます。

05 担当学芸員によるスライド解説トークや、講演会、実際に鋳造を体験することのできるワークショップまで、中国青銅器をさらに楽しむための各種イベントを予定。さらには港区に所在し、中国青銅器を収蔵する美術館とのコラボイベントも企画しており、2023年を青銅器の年にするべく盛り上げていきます。

画文帯同向式神獣鏡(がもんたいどうこうしきしんじゅうきょう) 重要文化財 後漢末~三国(3世紀) 泉屋博古館蔵
虎卣(こゆう) 殷後期(前11世紀) 泉屋博古館蔵
鴟鴞尊(しきょうそん) 殷後期(前13-12世紀) 泉屋博古館蔵
虎鴞兕觥(こきょうじこう) 殷後期(前13-12世紀) 泉屋博古館蔵

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅳ
不変/普遍の造形 住友コレクション中国青銅器名品選
会 期 2023年1月14日(土)~2月26日(日)
開館時間 11:00~18:00
※金曜日は19:00まで開館
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日
入館料 一般 1,000円(800円)、高大生 600円(500円)、中学生以下無料
※20名様以上の団体は( )内の割引料金
※障がい者手帳ご呈示の方はご本人および同伴者1名まで無料

会 場 泉屋博古館東京(東京都港区六本木 1-5-1)
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
主 催 公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社
助 成 令和 4 年度 Innovate MUSEUM 事業(文化庁)

住所東京都港区六本木1丁目5番地1号
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://sen-oku.or.jp/tokyo
開館時間11:00〜18:00(入館は17:30まで)金曜日は19:00まで開館(入館は18:30まで)
休み*2月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
ジャンル*3陶磁、絵画、日本画、考古美術、骨董、西洋絵画
入場料*4一般1,000円、高大生600円、中学生以下無料。20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)障がい者手帳ご呈示の方は無料。展覧会により料金が変更になることがあります
アクセス*5東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅北改札正面 泉ガーデン1F出口より屋外エスカレーターで徒歩3分
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅4b出口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅13番出口より徒歩10分
収蔵品https://sen-oku.or.jp/tokyo/collection_t/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認 *5 表示時間はあくまでも目安です

泉屋博古館東京

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)