W'UP!★10月1日~12月25日 ~The wink of history~ 「ガス灯」展 GAS MUSEUM がす資料館

W'UP!★10月1日~12月25日 ~The wink of history~ 「ガス灯」展 GAS MUSEUM がす資料館

 

2022年10月1日(土)~12月25日(日)
~The wink of history~ 「ガス灯」展


 1872(明治5)年、横浜のガス灯からはじまった日本のガス事業は、本年10月31日に150年を迎えます。本展では、ガス事業150年の歴史の中で「ガス灯」がきらめいた(wink)5つの時代に焦点をあて、現代へと至る各時代のガス灯の魅力と特徴を、150アイテムの展示や写真、体験から紹介します。時代とともに暮らしに輝きを与え続けてきたガス灯のすべてがわかる特別企画です。https://www.gasmuseum.jp/gallery/
 明治はじめに、あたたかな炎で文明開化の街に輝きを与えた「ガス灯」は、明治後期から大正期にかけて、室内のあかりとしても普及していきます。
 最初は赤い光を放つ裸火のあかりであったガス灯ですが、明治30年代に、ガスの燃焼熱を利用して明るく青白い光を放つマントル式のガス灯が登場すると、広く国内で街灯や室内のあかりとして利用され、大正時代はじめには全盛期を迎えました。
 やがて電灯があかりの主力となっても、ガス灯は昭和モダンの頃や昭和30年代初めまで、電気を使わない室内のあかりとして、わたしたちの暮らしの中できらめき続けました。
 その後、1959(昭和34)年の横浜開港百年記念事業で、横浜の街に2灯のガス灯が復刻されて灯ります。これを機に、街の記憶、シンボルとして全国各地でガス灯が復刻されていきます。今では、北は北海道から南は沖縄まで、3,000基あまりのガス灯が夜の街を照らしています。
 今回の展示会では、明治初頭の文明開化に始まったガス事業150年の歴史のなかで、「ガス灯」がきらめいた(wink)5つの時代に焦点をあて、現代へと至る各時代のガス灯のチャーミングな魅力と特徴を、150アイテムの展示や写真、体験から紹介します。
 また会期中、ガス灯の「点灯実演」ならびに、実際にガス灯に火をともしていただく「点灯体験(※)」を開催します。ぜひ足をお運びください。※土・日・祝日のみ

展示テーマ

Wink1.街にきらめく文明開化の灯り(明治初期~中期)
 文明開化の象徴、都市の近代化のシンボルとしてガス街灯が登場した時代。

舶来上向腕ガスランプ(鹿鳴館で使用)

Wink2.暮らしのあかりへ(明治後期から大正中期)
 ガスマントルの登場でガス灯が広く使われるようになり、都市の暮らしへガス灯が浸透した時代。

吊下式笠付下向ガスランプ

Wink3.昭和モダンを彩る(昭和初期)
 昭和モダンの文化的な生活を彩る灯りとして、チャーミングなガス灯に魅せられた時代。

卓上スタンドガスランプ

Wink4.戦後復興を照らす(昭和20~30年代)
 電気を使わない灯りとして、ガス灯の魅力が再興した時代。

二灯中型スタンドガスランプ

Wink5.街の記憶の復刻(昭和40年頃から現在)
 都市の記憶として復刻され、ガス灯が新たな街の景観となる時代。

横浜山下通りのガス灯 撮影2021年

コラム展示 瀟洒(しょうしゃ)で優美なデザインのガス灯たち
 国内外の瀟洒で優美なデザインのガス灯を紹介します。

展示会場

メイン展示 ガス灯館2階ギャラリー「企画展」
「Wink1~4」の時代ごとに、ガス灯実物および錦絵や写真のパネルなどの史料を展示。
常設展示 ガス灯館1階
「Wink1~2」の時代を中心に、「鹿鳴館のガス燈」などの貴重なガス灯実物展示をはじめ、ガス事業の黎明期の歴史を展示。毎日定時に「ガス灯点灯実演」を実施。
屋外展示 ガスライトガーデン
「Wink1~2」の時代に建てられた、ヴィンテージのガス街灯18基を実際に点灯。


特別展示 くらし館1階「多目的スタジオ」
 「Wink5」今の時代に輝くガス灯と街の風景を取り上げた、2つの写真展をご紹介。
(1)日本ガス協会所蔵『ガス燈のある街』写真展
   国内各地の街でガス灯が灯る美しい風景写真を紹介。
(2)ミュージアムブログ『ガス灯を探しにいこう!』アーカイブ展
   都内各地や国内主要都市でガス灯がともる街を、ガスミュージアム館員が探訪して紹介したWEBブログシリーズ各号をパネル展示で紹介。

会 期 2022年10月1日(土)〜12月25日(日)
※月曜日休館。但し、10月10日(月・祝)は開館、10月11日(火)は休館。
開館時間 10:00~17:00
入 場 無料
会 場 ガスミュージアム(東京都小平市大沼町4-31-25)
ホームページ https://www.gasmuseum.jp/
※感染予防対策
新型コロナウイルス感染防止のため、ご見学は30分間隔の入れ替え制とさせていただきます。
詳しくはホームページをご覧ください。https://www.gasmuseum.jp/gallery/

GAS MUSEUM がす資料館

住所東京都小平市大沼町4-31-25
TEL042-342-1715
WEBhttps://www.gasmuseum.jp/
開館時間*110:00~17:00
休み*2月曜日、年末年始(月曜日が祝日および振替休日の場合は翌日が休館)
ジャンル*3歴史、錦絵、ガス器具
入場料*4無料
アクセス*5花小金井駅から西武バス(武21系)ガスミュージアム入口下車徒歩3分
東久留米駅から西武バス(武21系)ガスミュージアム入口下車徒歩3分
武蔵小金井駅から西武バス(武21系)ガスミュージアム入口下車徒歩3分
西武新宿線小平駅より徒歩約20分(2km)
収蔵品https://www.gasmuseum.jp/collection/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

 

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)