コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月13日~9月5日 特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」 国立歴史民俗博物館

W'UP! ★7月13日~9月5日 特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」 国立歴史民俗博物館
傾城あだなの焚 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

2021年7月13日(火)~9月5日(日)
特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」

 

冬の宿嘉例のすゝはき 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

 江戸時代は多くの地震に見舞われたことが知られています。とくに幕末には大きな地震が相次いで発生しています。弘化4(1847)年の善光寺地震は江戸の人々にも大きな関心をもって受け止められました。嘉永7(1854)年には安政東海地震、安政南海地震と巨大地震が連続し、翌安政2年10月2日(1855年11月11日)に起きた安政江戸地震は江戸の町に甚大な被害をもたらしました。
 その直後から、被災状況を伝える瓦版などさまざまな刷物が売り出されました。なかでも、地震の元凶とされた地中の大鯰をモティーフとし、今日「鯰絵」と呼ばれる版画は、さまざまな主題と趣向を取り入れ、同年12月に当局から禁止されるまでの間、200種を越えるものが発行されたといわれています。
 鯰絵には地震に対する怖れや震災後の世相に対する風刺、あるいは世直しへの願望など、民衆のさまざまな思いが投影されています。本展は、初公開の黄雀文庫所蔵の鯰絵コレクション約200点を通して、未曽有の災害に遭いながらも、諧謔の精神でたくましく乗り越えようとした江戸の民衆の豊かな想像力の一端に触れようとする企画です。

本展のみどころ
 民衆は大地震の元凶に何を見、そしてそれを防ぐものとして何に期待したのか?
 大津絵の画題や歌舞伎の一場面をパロディー化した手並みの鮮やかさ
 逆境にも負けず、諧謔の精神で乗り越えようとする民衆のエスプリを見る
 鯰絵の中に民衆の世相へのちくりとした風刺を見る
 従来あまり知られていなかった鯰絵出版のメカニズム解明を試みる

 

あら嬉し大安日にゆり直す 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

じしん百万遍 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

鯰と要石 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

難義鳥 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

雨には困ります 野じゆく しばらくのそとね 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

大鯰江戸の賑ひ 安政2(1855)年 黄雀文庫蔵

 

会 期 2021年7月13日(火)~9月5日(日)
会 場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(8月9日[月・休]は開館)
料 金 一般 600円、大学生 250円、高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入場料が割引になります。
ホームページ https://www.rekihaku.ac.jp

住所千葉県佐倉市城内町117
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.rekihaku.ac.jp
開館時間*13月 ~ 9月 9:30 ~ 17:00、10月 ~ 2月 9:30 ~ 16:30(入館は閉館の30分前まで)
休み*2月曜日(休日は開館、翌日休館)、年末年始
ジャンル*3歴史・考古・民俗関連
入場料*4一般 600円、大学生 250円、高校生以下無料 ※企画展示の料金はその都度別に定める
アクセス*5京成佐倉駅より徒歩約15分、またはJR総武本線佐倉駅からバス約15分
収蔵品データベースれきはく https://www.rekihaku.ac.jp/education_research/gallery/database/index.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

国立歴史民俗博物館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 ホームページにて、「来館されるお客様へのご協力のお願い」を掲載しております。
https://www.rekihaku.ac.jp/others/news/close/request_m.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)