美術館

Tagged
並べ替え
イベントキービジュアル

W’UP!★3月1日~3月10日 舘鼻則孝「江戸東京リシンク展」 旧岩崎邸庭園(台東区池之端)

2024年3月1日(金)~3月10日(日)舘鼻則孝「江戸東京リシンク展」 旧岩崎邸庭園にて、舘鼻則孝が展覧会ディレクターを務める「江戸東京リシンク展」が開催されます。 本展覧会は、江戸東京の伝統に根差した技術や産品などを新しい視点から磨き上げ、世界へと発信していく「江戸東京きらりプロジェクト」のモデル事業者を舘鼻のコラ...Read More
小野忠重《ジャズを廻る人々》

W'UP ★3月16日~5月19日 版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち― 町田市立国際版画...

小野忠重《ジャズを廻る人々》1934、木版、手彩色 町田市立国際版画美術館蔵2024年3月16日(土)~5月19日(日)版画の青春 小野忠重と版画運動―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち― 本展では1930-40年代に活動した「新版画集団」と「造型版画協会」による版画運動を、リーダーであった小野忠重の旧蔵品...Read More
展覧会ポスター

W'UP★3月12日~5月12日 ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?── 国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家...

2024年3月12日(火)~5月12日(日)【企画展】ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?──国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ 中世から20世紀にかけての西洋美術作品を収蔵・展示してきた国立西洋美術館。企画展「ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?──国立西...Read More
W’UP!★3月16日~5月12日 企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」 泉屋博古館東京(港区六本木)

W'UP!★3月16日~5月12日 企画展 ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる「生写し」 泉屋博古館東京(港区六本木)

木島櫻谷《柳桜図》大正6年(1917)泉屋博古館東京(部分)2024年3月16日(土)~5月12日(日)企画展 ライトアップ木島櫻谷 ―四季連作大屏風と沁みる「生写し」 大正中期に大阪茶臼山に建築された住友家本邸を飾った木島櫻谷(このしま おうこく)の「四季連作屏風」を全点公開します。大正期の櫻谷は、独特な色感の絵具を...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★3月16日~4月21日 生誕150年 池上秀畝―高精細画人― 練馬区立美術館(練馬区貫井)

2024年3月16日(土)~4月21日(日)生誕150年 池上秀畝―高精細画人― 池上秀畝(いけがみ しゅうほ 1874–1944)は、長野県上伊那郡高遠町(現在の伊那市)に生まれ、明治22年(1889)、本格的に絵を学ぶため上京。当時まだ無名だった荒木寛畝の最初の門人・内弟子となります。大正5年(1916)から3年連...Read More
展覧会ポスター

W'UP! ★3月12日~5月6日 企画展示「歴博色尽くし」  国立歴史民俗博物館 (千葉県佐倉市)

2024年3月12日(火)~5月6日(月・休)企画展示「歴博色尽くし」  本企画展示は、「色」をテーマとした館蔵資料展として企画しました。ここでは「色」という言葉を大きな意味でとらえ、赤,黄,青…などといった「いろ」にとどまらず、素材のもつ質感や微細な構造がかもす「つや」、そしてそれらの組み合わせがつくる「かたち」まで...Read More
イベントバナー

W'UP! ★3月15日~4月7日 「美術館の春まつり」 東京国立近代美術館 (MOMAT)(千代田区北の丸公園)

2024年3月15日(金)~4月7日(日)「美術館の春まつり」 皇居や千鳥ヶ淵、北の丸公園など桜の名所エリアに立地している東京国立近代美術館。散策で巡るのに絶好のロケーションであることから、桜の開花に合わせて春にちなんだ催しを開催します。題して「美術館の春まつり」。当館の代表作の一つである重要文化財・川合玉堂《行く春》...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP! ★3月8日〜3月25日 村田実莉個展「FRUITFUL LIFE 実りのある生活」 PARCO MUSEUM TOKYO(渋...

2024年3月8日(金)〜3月25日(月)村田実莉個展「FRUITFUL LIFE 実りのある生活」 渋谷PARCO 4F・PARCO MUSEUM TOKYO (パルコミュージアムトーキョー)」にて「持続可能な豊かな生活とは何か?」という問いを掲げたインタラクティブアートとビジュアルアートを複合した、村田実莉個展「F...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP!★ 3月8日~3月17日 ART MARKET TENNOZ 2024 WHAT CAFE(品川区東品川)

2024年3月8日(金)~3月17日(日)ART MARKET TENNOZ 2024 本イベントは、「見て、聞いて、感じて、楽しみ、みつける」をテーマに2021年にスタートし、アーティストの制作にかける思いを直接聞いたり、制作風景を間近に見たりできる機会として好評を得ています。本年はアートギャラリーカフェ「WHAT ...Read More
展覧会ポスター

W'UP!★3月14日~3月30日 VOCA展2024 現代美術の展望-新しい平面の作家たち 上野の森美術館(台東区上野公園)

2024年3月14日(木)~3月30日(土)VOCA展2024現代美術の展望-新しい平面の作家たち 『VOCA展2024』に出品するのは、これからを期待される新進気鋭の作家31人です。この中から、グランプリとなるVOCA賞には秋田県秋田市在住(愛知県出身)の大東 忍さん《風景の拍子》が決定した他、VOCA奨励賞には上原...Read More
バナー

あおひと君の週間アート情報 web版 2024年2月26日〜3月3日

あおー!地球は青い!あおひと君の週間アート情報!2024年2月26日(月)から3月3日(日)の期間に始まる展覧会情報をリストアップしました。これはYoutubeチャンネル「あおひと君の週間アート情報」に連動しています。Youtubeもぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もよろしくおねがいします。https://ww...Read More
展覧会ポスター

W'UP!★3月9日~5月6日 春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術 府中市美術館(府中市浅間町)

2024年3月9日(土)~5月6日(月・振)春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術 江戸時代の絵画というと、現代ではそれぞれの画家の「個性」に目が向けられがちですが、当時の画家や絵を見る人たちの多くは、仏教と密接な暮らしをしていました。今回の展覧会では、画家たちの制作の根底にあった「仏教」をキーワードに、現代人の心を魅了...Read More
展覧会バナー

W'UP★3月10日~5月12日 イヴ・ネッツハマー ささめく葉は空気の言問い 宇都宮美術館(栃木県宇都宮市)

2024年3月10日(日)~5月12日(日)イヴ・ネッツハマーささめく葉は空気の言問い 謎めいてときに痛ましく、けれどもあくまでエレガントな線と形で紡がれる心象世界。 スイス現代美術の「今」を体現する作家イヴ・ネッツハマー(1970-)は、通常の語りの論理を超えて展開するデジタル・アニメーションの映像に、自動機械など風...Read More
展覧会バナー

W'UP!★3月9日~3月12日 2023年度 武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程卒業制作展 武蔵野美術大学 美術館・図書館(東京都...

2024年3月9日(土)~3月12日(火)2023年度 武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程卒業制作展 本学通信教育課程には、高等学校の卒業生や社会人、主婦、生涯学習を目的とした方など、多様な学生が在籍し、通信授業課題、面接授業(スクーリング)、メディア授業(オンライン)等、さまざまな方法にて学んでいます。 学びの集...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP ★3月6日〜6月3日 企画展「遠距離現在 Universal / Remote」 国立新美術館 企画展示室1E(港区六本木)

2024年3月6日(水)〜6月3日(月)企画展「遠距離現在 Universal / Remote」 20世紀後半以降、人、資本、情報の移動は世界規模に広がりました。2010年代から本格化したスマートデバイスの普及とともに、オーバーツーリズム、生産コストと環境負担の途上国への転嫁、情報格差など、グローバルな移動に伴う問題...Read More
展覧会ポスター

W'UP!!★3月9日~6月30日 カール・アンドレ 彫刻と詩、その間 DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市)

カール・アンドレ展ポスター2024年3月9日(土)~6月30日(日)カール・アンドレ 彫刻と詩、その間CARL ANDRE: Between Sculpture and Poetry カール・アンドレ(1935–2024)は1960年代後半のアメリカを中心に興隆したミニマル・アートを代表する彫刻家です。日本の美術館にお...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP★3月7日~3月14日 「多彩な木による彫刻」展 FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(横浜市神奈川区)

2024年3月7日(木)~3月14日(木)「多彩な木による彫刻」展 このたびFEI ART MUSEUM YOKOHAMA では、「多彩な木による彫刻展」を開催いたします。 人は古来より、ケヤキ、クワ、サクラ、クス、ホオ、ヒノキ、スギなど多様な樹種を適材適所に利用してきました。しかし、近代産業革命以降、扱われる木材の多...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP! ★3月5日~3月24日 土から生まれるいのち -彫刻家セツ・スズキと中国玉石作品展 日中友好会館美術館

2024年3月5日(火)~3月24日(日) 土から生まれるいのち -彫刻家セツ・スズキと中国玉石作品展 日中友好会館は、文化・芸術交流をはじめ、青少年交流、留学生寮や語学学校の運営などの事業を展開する日中両国の民間交流の拠点です。文化活動の一環として1988年に開館した日中友好会館美術館は、中国の伝統工芸や書画、現代ア...Read More
告知バナー

あおひと君の週間アート情報 web版 2024年2月19日〜2月25日

あおー!地球は青い!あおひと君の週間アート情報!2024年1月22日(月)から1月28日(日)の期間に始まる展覧会情報をリストアップしました。これはYoutubeチャンネル「あおひと君の週間アート情報」に連動しています。Youtubeもぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もよろしくおねがいします。https://w...Read More
展覧会ポスター

W'UP!★2月21日(水)~6月23日(日) 藤子・F・不二雄 生誕90周年記念原画展 「好き」から生まれた藤子・F・不二雄のまんが世...

2024年2月21日(水)~6月23日(日)藤子・F・不二雄 生誕90周年記念原画展 「好き」から生まれた藤子・F・不二雄のまんが世界 藤子・F・不二雄は、昨年12月1日に生誕90年を迎えました。それを記念し、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムでは、昨年11月より、2F「展示室II」において、『藤子・F・不二雄 生誕...Read More
展覧会バナー

W'UP! ★2月24日~3月24日 ACT Vol. 6「メニスル」 トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)本郷(文京区本郷)

2024年2月24日(土)~3月24日(日)ACT Vol. 6「メニスル」私たちが見ているものは…? インターネットの普及により、私たちは日々膨大なイメージを目から取り込んでいます。展覧会を訪れる前に、誰かのSNSで作品を見たり、その場に行ったような気分になったりした経験のある人も少なくないでしょう。オンラインでの鑑...Read More
黒い山なみの日本画

W'UP!★2月27日~6月2日 日本の山海 同時開催「アジアのうつわ」 通年企画「古代エジプトの美術 平穏と幸せへの願い」 松岡美術館...

横山大観 《黎明》 昭和4(1929)年頃 絹本墨画淡彩 後期展示2024年2月27日(火)~6月2日(日)日本の山海同時開催「アジアのうつわ」通年企画「古代エジプトの美術 平穏と幸せへの願い」 四方を海に囲まれ、豊かな山林を有する日本の自然は、私たちの暮らしに恵みをもたらす一方で、時に猛威を振るってきました。そんな関...Read More
展覧会チラシ

W'UP! ★2月23日~4月14日 生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真 東京ステーションギャラリー(千代田区丸の内)

2024年2月23日(金・祝)~4月14日(日)生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真近代写真の金字塔。「安井仲治」を知らずに日本の写真は語れない! 日本写真史において傑出した存在として知られる安井仲治(やすいなかじ/1903-1942)の20年ぶりとなる回顧展を開催します。大正・昭和戦前期の日本の写真は、アマチュア写...Read More
③展覧会メインビジュアル

W'UP!★2月14日~5月27日 マティス 自由なフォルム 国立新美術館 企画展示室2E(港区六本木)

展覧会メインビジュアル2024年2月14日(水)~5月27日(月)マティス 自由なフォルム 20世紀最大の巨匠の一人アンリ・マティス(1869-1954)。自然に忠実な色彩から解放された大胆な表現が特徴のフォーヴィスムの中心人物としてパリで頭角を現します。後半生の大半を過ごすこととなるニースではアトリエで様々なモデルや...Read More
展覧会ポスター

W'UP!★3月1日~6月9日 記憶:リメンブランス―現代写真·映像の表現から 東京都写真美術館 2F 展示室(目黒区三田)

2024年3月1日(金)~6月9日(日)記憶:リメンブランス―現代写真·映像の表現から 写真・映像は、人々のどのような「記憶」を捉えようとしてきたのでしょうか。 現場で記録するルポルタージュやドキュメンタリーだけでなく、時間や空間が隔てられていても、観る者の感覚を揺さぶり、想像力を拡張させることで目には見えない記憶を伝...Read More
小金沢健人《ドローイング/シネマ(佐野繁次郎の素描に基づく変奏)》

W'UP!★2月23日〜5月6日 小金沢健人×佐野繁次郎 ドローイング/シネマ 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館(神奈川県鎌倉市)

小金沢健人《ドローイング/シネマ(佐野繁次郎の素描に基づく変奏)》2023年 作家蔵2024年2月23日(金・祝)〜5月6日(月)小金沢健人×佐野繁次郎 ドローイング/シネマ 現代美術作家と当館の所蔵作家をとりあげ、一つの視点でそれぞれの作品に新たな側面を読む展覧会。絵画・映像・立体で国際的に活動する小金沢健人(こがね...Read More
キービジュアル

あおひと君の週間アート情報 web版 2024年2月12日〜2月18日

あおー!地球は青い!あおひと君の週間アート情報!2024年2月5日(月)から2月11日(日)の期間に始まる展覧会情報をリストアップしました。これはYoutubeチャンネル「あおひと君の週間アート情報」に連動しています。Youtubeもぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もよろしくおねがいします。https://ww...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP! ★2月17日~4月7日 美術家たちの沿線物語 小田急線篇/ミュージアム コレクションⅢ 美術家たちの沿線物語 京王線・井の頭...

『沿線案内 小田急電車』小田原急行鉄道株式会社 1936年 世田谷区立郷土資料館蔵2024年2月17日(土)~4月7日(日)美術家たちの沿線物語 小田急線篇 世田谷を走る私鉄と、沿線ゆかりの美術家たちをとおして、“世田谷の美術”を新たな視点で紐解く、〈美術家たちの沿線物語〉シリーズ。「田園都市線・世田谷線篇」(2020...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP★1月23日~5月25日 館長!これどうするんですか!? アクセサリーミュージアム(目黒区上目黒)

2024年1月23日(火)~5月25日(土)館長!これどうするんですか!? アクセサリーミュージアムはコスチュームジュエリーのメーカーベンダーであった田中美晴・元子夫妻のコレクションをもとに設立された私立美術館です。そのほとんどはファッション(特に彼らの仕事であった装身具)に関するもので、1960年代後半の海外渡航解禁...Read More
美術館外観

アクセサリーミュージアム(目黒区上目黒)

 コスチュームジュエリーの「ノアの箱舟」 2010年に東京都目黒区、上目黒にある134坪の敷地にロストテクノロジー(失われた技法)や素材、職人の手仕事を後世に伝えるため、アクセサリーミュージアムを設立。 買い付けの折にサンプルとして購入した欧米の装身具や絵画、衣服(歴史的装束、ブランド含)などを含む5万点以上のコレクシ...Read More