印刷博物館

印刷博物館

 印刷文化の伝承・発展への寄与を目的に、2000年に設立。2020年10月6日にリニューアルオープンした、約7万点の印刷関連資料を有する博物館です。
 常設展は、1200年を超える日本の印刷文化史を紹介する「印刷の日本史」を中心に、年表形式の「印刷の世界史」、印刷の工程や版式を紹介する「印刷×技術」の3つのゾーンからなります。
 活字のコレクションを有する印刷工房では、活版印刷体験の実施や欧文書体アーカイブを展示。このほか、現代の印刷表現や技術を中心とした企画展やイベントを開催するP&Pギャラリー、印刷関連分野の資料を約7万冊収蔵するライブラリーをそなえた、古今の印刷文化を体感いただける施設です。

W’UP! ★ 企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」 印刷博物館

住所東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
TEL03-5840-2300
WEB https://www.printing-museum.org/
開館時間*110:00 ~ 18:00
休み月(祝日は開館、翌日閉館)、年末年始、展示替え期間
ジャンル印刷関連
入場料*2大人 400円、学生 200円、高校生100円 ※企画展は別
アクセス*3江戸川橋駅4番出口より8分、飯田橋駅JR東口、東京メトロ・都営線B1出口より徒歩13分、後楽園駅1番出口より10分
収蔵品https://www.printing-museum.org/collection/looking/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 新型コロナウイルス感染拡大及び拡散防止のため、入館の事前予約を実施しております。詳細はウェブサイトをご覧ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)