W'UP! ★ 企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」 印刷博物館

W'UP! ★ 企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」 印刷博物館

2021年4月17日(土)~7月18日(日)
企画展「和書ルネサンス 江戸・明治初期の本にみる伝統と革新」

盛安本源氏物語絵巻 末摘花上巻 大本山 石山寺蔵

 日本では江戸期から本格化する印刷出版が、古典の伝統をつなぐ大切な役割を果たしました。たとえば『源氏物語』。平安盛期に紫式部が書き残したこのテキストは、原本が霧散した後も学者らによる校訂校閲が繰り返され、中世の間、数系統の手書き写本が書き残されます。
 絵巻、能、源氏絵、奈良絵本への展開をみながら、江戸に華ひらく出版文化により、武家から町人まで広く『源氏物語』を楽しむ時代がやってきたのです。今回、ギリシャ・ローマ古典を再発見したヨーロッパの文化運動ルネサンスに例えて、‘和書ルネサンス’と呼んでみることにしました。古典文学と印刷出版の関わりを、三部構成で検証していきます。

第1部『源氏物語』登場―古典の復興
 江戸初期に出版された『源氏物語』『徒然草』などの古典作品を紹介します。印刷本が広がりはじめたこの時期、奈良絵本や絵巻のように美しい手写本も引き続き作られていました。なかでも国内外に散佚し、「幻の源氏物語絵巻」とよばれる盛安本のうち、2年前にフランスで発見された「夕顔」断簡がついに里帰りし、「末摘花」上巻(大本山石山寺所蔵、重要文化財)と350年ぶりの「再会」を果たします。あわせて、作者である紫式部の最古の肖像画も東京初公開します。貴重な『源氏物語』各書が作者の姿とともに一堂に会す、またとない機会です。
第2部出版がささえた庶民のユーモアと悲哀
 木版術の進歩とともに、江戸文学は浮世草子、浄瑠璃本、句集、洒落本、滑稽本、読本、赤本・青本・黒本、黄表紙、人情本と、バラエティに富んだ様相になります。古代から続く古典文学の影響を受けた江戸文学書を中心に、創作の源泉になった本や出版・流通の現場にフォーカスします。教養書、地誌、絵手本、浮世絵、番付、引札など、文学をめぐるさまざまな印刷物が会場を彩ります。
第3部近代作家はどのように誕生したか
 明治期に入り、近代化の機運が高まるにつれ物語の中身も影響を受け変化していきます。海外文化の流入や言文一致の文体誕生により、現代につながる読書の基盤が築かれたのです。翻訳本や辞書、教科書、新しい小説の発表の場となった雑誌を通じてその過程を追っていきます。

赤本『したきれ雀』 実践女子大学図書館蔵
『江戸名所図会』
『魯敏孫漂行紀略』

開館時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)※オンラインによる事前予約(日時指定券)制です。
休館日 毎週月曜日 (5月3日は開館)、5月6日(木)
入場料 一般800円、学生500円、中高生300円
※中学生以下、70歳以上の方、身体障がい者手帳等お持ちの方とその付き添いの方は無料
※20名以上の団体は各50円引き
※5月5日(水・祝)こどもの日は無料
※感染予防のために中止もしくは延期となる可能性があります。
※開館する場合でも入場制限の措置を講じさせていただきます。
WEB https://www.printing-museum.org/collection/exhibition/t20210417.php

住所東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
TEL03-5840-2300
WEB https://www.printing-museum.org/
開館時間*110:00 ~ 18:00
休み月(祝日は開館、翌日閉館)、年末年始、展示替え期間
ジャンル印刷関連
入場料*2大人 400円、学生 200円、高校生100円 ※企画展は別
アクセス*3江戸川橋駅4番出口より8分、飯田橋駅JR東口、東京メトロ・都営線B1出口より徒歩13分、後楽園駅1番出口より10分
収蔵品https://www.printing-museum.org/collection/looking/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 イベントにより異なることがあります *3 表示時間はあくまでも目安です

印刷博物館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 新型コロナウイルス感染拡大及び拡散防止のため、入館の事前予約を実施しております。詳細はウェブサイトをご覧ください。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)