コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP!★6月4日~6月15日 わかつきめぐみ原画展 ―『わかつきめぐみ迷宮探訪』出版記念― スパンアートギャラリー

W'UP!★6月4日~6月15日 わかつきめぐみ原画展 ―『わかつきめぐみ迷宮探訪』出版記念― スパンアートギャラリー

2021年2021年6月4日(金)~6月15日(火)
わかつきめぐみ原画展 ―『わかつきめぐみ迷宮探訪』出版記念―

口絵 ピンナップ [LaLa 1986年5月号]©わかつきめぐみ/白泉社

 

「月は東に日は西に」第8話 扉 [LaLa 1985年10月号]
©わかつきめぐみ/白泉社


 1982年のデビュー以来、繊細な絵柄とユニークな感性・作風で独自の物語を描き続ける少女まんが家・わかつきめぐみ。その不可思議で魅力に満ちた作品世界を紹介する書籍『わかつきめぐみ迷宮探訪』の出版を記念して、『わかつきめぐみ原画展』を開催されます。『So What?』『月は東に日は西に』『ぱすてると~ん通信』などの懐かしい作品から、最新作『お猫さまズ暮らし。がじがじ』まで、カラーイラスト・まんが原稿・予告カットなど多彩な原画を展示するとともに、本展のために描きおろしたミニ原画の展示・販売も行われます。

会 期 2021年6月4日(金)~6月15日(火) ※休廊 6月9日(水)
時 間 11:00~19:00(最終日は17:00まで)

「So What?」Phase 7 扉 [LaLa 1987年3月号]
©わかつきめぐみ/白泉社

 

ぱすてると~ん通信 「エヴァグリーン・ガーデン」扉
[Cindy 1987年WINTER号]©わかつきめぐみ/白泉社

わかつきめぐみ プロフィール
 新潟県生まれ。水瓶座A型。父親の転勤により移り住んだ石川県金沢市で小学5年生から高校卒業まで暮らす。創刊されたばかりの「LaLa」のまんがスクールに投稿を重ね、1982年LaLa4月大増刊掲載の『春咲きハプニング』にてデビュー。『ぱすてると~ん通信』『月は東に日は西に』などで人気を集め、代表作となった連載『So What?』にて第21回星雲賞コミック部門受賞。
 その後も『黄昏時鼎談』『夏藤さんちは今日もお天気』『きんぎんすなご』などを発表。『ゆきのはなふる』『ソコツネ・ポルカ』など共通する世界観で描かれる和風ファンタジー[主様シリーズ]でも人気を博す。最新作は”作品としてはフィクションですが猫の行動はすべてノンフィクションです”と銘打つ「お猫さまズ暮らし。」シリーズの第3弾『お猫さまズ暮らし。がじがじ』。
最近の趣味は、猫の世話を除けば、人形作家の個展巡りとライブ通い、そして限定高額書籍(泣きながら買う)。2020年に転居した現在の住まいにて、2021年4月より猫一匹と暮らす。

「So What?」Phase 4 扉 [LaLa 1986年11月号]©わかつきめぐみ/白泉社

住所東京都中央区京橋2丁目5−22 キムラヤビル3F
TEL03-5524-3060
WEBhttp://www.span-art.co.jp/
営業時間*111:00 〜 19:00
休み*2
ジャンル*3現代美術、イラストレーション、マンガ
アクセス*4銀座線京橋駅4番出口より徒歩1分、浅草線 宝町駅A5出口より徒歩3分、有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩5分、JR東京駅八重洲中央口より徒歩10分、JR有楽町駅京橋口より徒歩10分
取扱作家https://span-art.com/artists/index.html

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)