【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・4~
コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・4~

「レディジョーカー」(WOWOW)

ドラマと映画の違い

 ドラマをずっと見ていて、映画を見ると、やはり映画のほうがすごいと思うこともある。2時間以内に物語を濃縮し、お金と時間のかけ方も映画のほうが遙かに大きい。

 だが、時折、映画以上と思えることもある。例えば、高村薫の『レディジョーカー』(1997年)、横山秀夫の『64(ロクヨン)』(2012年)のような小説は、ドラマ化(前者2013年、後者2015年)も、映画化(前者2004年、後者2016年)もされたが、ドラマのほうが丁寧に描かれており、大部の長編小説はドラマのほうが合う。

 ドラマのメリットは、長い尺がとれること、毎回、起承転結が重ねられていくことだ。これは、連載小説と読み切り小説の違いにも似ている。日本の小説文化は、夏目漱石、永井荷風を例にとるまでもなく、新聞小説、さらに雑誌の連載で培われたといえる。そのため、ドラマと連載小説や長編小説は、相性がいいのだ。

「64(ロクヨン)」(NHK)

ドラマとマンガの関係性

 現在のドラマはマンガ原作が非常に増えている。その理由の一つも、連載という形式だ。多くのマンガが雑誌で連載される。その流れと起伏、毎回の起承転結が、ドラマの連続性と合うのだ。

 もう一つは、読者・視聴者に寄り添うという姿勢だ。マンガは読者層・年齢を狭く設定し、共感や同時代性を重視している。ドラマ化されるマンガは、若い女性を対象としたものが多い。そして、ドラマの視聴者の中心も若い女性なのだ。おそらく私のように、シニアの男性でドラマにはまっている人は、さほど多くはない。

 さらに、マンガ原作もあなどれない。マンガや小説などの原作があって、そこから新たな作品が生まれている。前述のように、小説の映画化よりもドラマ化のほうが、圧縮度も少なく原作を生かせる点もある。

 つまりドラマは、連載小説、連載マンガを楽しむように、次回の展開を期待して見る。また、毎回完結のドラマでも、主人公に関わるもう一つのドラマ、伏線があって、それが放映ごとに徐々に明らかになるというものもある。このように、連続性、連載性と、若い女性が視聴者ということから、マンガ、特に少女マンガからのドラマ化が多いのだ。

少女マンガの影響

 高校時代から少女マンガにはまった。「花の22年組」といわれる、昭和24(1949)年前後に生まれた、萩尾望都(24年)、竹宮恵子(25年)、大島弓子(22年)、山岸涼子(22年)などの全盛期である。当時、年長の従姉妹から大島弓子を教わり、それではまった。この世代は、おそらくその数十年前だったら、少女小説の書き手として、その後、有名作家になるような人たちだったろうと思っていた。

 70年代は、マンガというジャンルが、『COM(コム)』(虫プロ)や『ガロ』(青林堂)などによって、実験性を持ち始めた時代だった。そして、少年マンガが、相変わらずスポ根や戦闘中心で、幼稚に見えたのに対して、当時の少女マンガには高い文学性を重視したものもあったのだ。そのため、文学ファンも質の高い少女マンガに目を向けた。高橋源一郎が、1981年『さよならギャングたち』で注目を集めたときに、その小説に大島弓子が引用されていた。吉本ばななの小説への大島弓子作品の影響も広く知られている。

 少年マンガから貸本マンガを経て、青年コミックが生まれたが、少女マンガはそのまま、少女向きと大人対象の作品が重なっていた時代だ。その後、レディスコミックが生まれた。

 最近のドラマをマンガ原作と比較していないので論じられないが、毎期、数本はマンガ原作ドラマがあり、その多くが少女マンガなど、女性向きのマンガである状態は間違いない。なお、大島弓子の『グーグーだって猫である』(1996~97年)は、映画化(犬童一心監督、2008年)され、WOWOWでドラマ化(同監督、2014年、2016年)もされた。

「グーグーだって猫である」(WOWOW)(C)2014 WOWOW INC./C&Iエンタテインメント

うたかたの夢を見る

 ドラマは「うたかたの夢」である。小説は、物語が終わった後も、紙の本が実在し、存在を主張する。だが、ドラマは放映されると、毎回、電波とともに消えていく。再び見ようと思うと、かつては再放送を辛抱強く待つしかなかった。映画は一回限りではなく、上映期間中は何度も見られる。そしてロードショー後、二番館、三番館、名画座などでかかり、ビデオ、現在ではDVDが発売される。

 ドラマも、現在は放送終了とともにDVDが発売されるものも多く、しばらく前は、daylymotionやPandoraなどに、違法アップロードされていた。対抗処置から、テレビ局共同の無料サイトTVerが生まれ、さらに各テレビ局が公式サイトをつくっており、だいたい放映後1週間は無料で見られる。NHKでも見逃し配信サイトをつくっている。そのため多くのドラマは、毎週録画する必要がなくなってきた。広告も放映時より少なく、低速でテレビ放映をハードディスク録画していると、それよりもTVerなどのほうが画質はいい。パソコンがなくてもスマホで見られるし、Amazon FireTV stick、AppleTVなどを使えば、ふだんの大きいテレビ画面で簡単に見られる。

 余談だが、FireTV stickは、Amazonプライム、GYAO、YouTube、WOWOWオンデマンド、さらにネットにもアクセスでき、パソコンからAmazon Photosに保存した写真や映像も見られる。「バッハをかけて」などといえば、音楽を流してくれるし、映像も検索してくれるので、仕事の際のBGMに重宝している。

 このように、テレビドラマは、録画やネットで見られるようになったため、以前のように「うたかたの夢」、一夜の夢ではなくなってきたが、それでもやはり、映画よりも遙に一過性の感がある。

 また、民放ドラマは、広告、CM(CF)が特徴だ。そのタイミングでトイレにいく、飲み物や食べ物を取りにいくなど、子ども時代の習慣が思い出される。ドラマに間に合うように急いで帰ったり、見終わったドラマのことを友だちと話したりして楽しんだ。映画より身近な共通するコミュニケーションツールでもあった。怖い場面で炬燵に隠れた思い出もある。だれでも、一度はドラマに熱中した時期があり、家庭での思い出もあるのではないだろうか。

「キャプテン翼」

ドラマの国際化

 子どものころの海外ドラマは、異文化に触れる窓口だった。ほとんどが米国ドラマだったため、ドラマを通して、善かれ悪しかれ米国文化の影響を受けていた。そこから、欧米へのあこがれが生じていても不思議ではない。

 他の国でもそうだろう。『おしん』(1983~84年)が東南アジア各国や南米でも放映されて人気だったと聞く。それによって、日本文化が広まった。アニメはより顕著である。元々は、米国アニメとディズニーの影響で、日本もアニメ大国になった。そして、日本のアニメ文化は、世界中に広がった。

 サッカー・ワールドカップの各国代表選手が、来日インタビューで、サッカーを始めたきっかけは、『キャプテン翼』だという話を何度か聞いて驚いた。高橋陽一のマンガは1981年に始まったが、そのアニメが1983年から放映され、世界50カ国以上で放映された。それが世界で多くのサッカー少年を育んだ。フランスのジダンやアンリ、ブラジルのネイマール、イタリアのデル・ピエロ、スペインのイニエスタ、フェルナンド・トーレスなどの有名選手もファンを公言している。もちろん、サッカーのみならず、日本に来た外国人へのインタビュー番組でも、アニメやマンガが目的という人がしょっちゅう登場する。

 私は、舞踏や日本の前衛美術などを中心に執筆することが多いのだが、来日した前衛美術などの研究者と話していると、日本への関心の最初のきっかけはマンガやアニメであることも多いのだ。

 マンガや鳥獣戯画以来、日本にも流れがあるが、ポンチ絵と呼ばれた時代以降は、欧米の影響が大きかった。さらに、その時代の風刺マンガ、一コママンガではなく、手塚治虫などによって始まった物語性をもったマンガは、ディズニーや欧米の映画の影響が大きかった。つまり、文化は一方向の輸入ではなく、逆輸入・逆輸出し混じり合うのだ。

トルコ版「Mother」

テレビドラマの新たな展開

 いま、日本では、米国、韓国、中国のドラマだけでなく、インド、トルコなど、さまざまな国のドラマが放映されている。映画のみならず、ドラマも他国でつくられたものを翻案・再制作(リメイク)するものが増えてきた。日本で先ごろ放映が終わった『24 Japan』も、米国の『24 -TWENTY FOUR-』のリメイクである。

 前述のように、アニメは海外で人気だが、日本のドラマは『おしん』などの例外を除くと、海外で放映されにくいという。理由の一つは、クールの短さだ。海外ドラマは30話以上も多いが、日本のドラマはほとんど10話前後だ。また、心理描写が多いのもアジアでは人気がないという。韓国ドラマが海外でヒットしているのに対して、日本のドラマは、質は高く評価されながらも、放映されにくい。

 ただ、最近は、リメイクされるものも出てきた。日本のドラマの韓国リメイクもあるが、坂元裕二脚本の『Mother』と『Woman』は、トルコでリメイクされて大ヒット、30以上の国・地域で放映されている。そいて、『Mother』は日本にも逆輸入されたのだ。

 WOWOWのドラマに少し触れたが、Jリーグ発足をきっかけにWOWOWを見ている。90年代初頭、ほぼ同時期に始まったからだ。そして、スポーツ、演劇、映画の放映などのみならず、オリジナルドラマの質が非常に高いことに注目している。その何本かは再編集され、一般映画として劇場公開もされている。また、民放ドラマとの共同制作や連動した制作もたびたび行われている。

 さらにいま、NetflixやParaviなどでも、オリジナルドラマがつくられている。山田孝之主演の『全裸監督』(武正晴監督、2019年)もネット配信で話題となった。ドラマ自体も変化してきたし、作り方、見方も変わってきたのだ。

 電車で人がイヤフォンをして熱心に見ているのが、ドラマのこともたびたびある。テレビドラマの世界は、まだまだ広がっていくのだろう。そして、その映画にはない魅力が、今後も私たちを引きつけていくのだ。

(了)

【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・1~
【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・2~
【Physical Expression Criticism】ドラマニア~テレビドラマの魅力・3~
■志賀信夫他のブログ https://tokyo-live-exhibits.com/tag/%e5%bf%97%e8%b3%80%e4%bf%a1%e5%a4%ab/

Nobuo Shiga
批評家・ライター
編集者、関東学院大学非常勤講師も務める。舞踊批評家協会、舞踊学会会員。舞踊の講評・審査、舞踊やアートのトーク、公演企画など多数。著書『舞踏家は語る』(青弓社)共著『美学校1969~2019 』『吉本隆明論集』、『図書新聞』『週刊読書人』『ダンスワーク』『ExtrART』などを執筆多数。『コルプス』主宰。https://butohart.jimdofree.com/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)