コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★11月27日~12月17日 松井えり菜 個展「池袋だよ! アトリエ ドゥ マツイ エリナ」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

W'UP! ★11月27日~12月17日 松井えり菜 個展「池袋だよ! アトリエ ドゥ マツイ エリナ」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

松井えり菜「私とあの子のオートマツィスム~食物連鎖~」
紙,化粧品,メディウム,クレヨン,460×535mm,2021

2021年11月27日(土)~12月17日(金)
松井えり菜 個展「池袋だよ! アトリエ ドゥ マツイ エリナ」

 松井えり菜は絵画における自画像をコミュニケーションツールとして用いながら、自画像表現の可能性を模索し続けてきた作家です。
 GEISAI6にて金賞を受賞した《エビチリ大好き》に代表される変顔作品は、濃厚な実体験を通して、他者と笑いや感情を共有したいという想いをキャンバス上に体現するものです。
 近年は直接的に顔を描写する表現に留まらず、幼少期に油絵に触れるきっかけとなった西洋画と少女漫画をコマ割りで繋ぎ合わせる「古典回帰」シリーズや、今を生きる女性の感情を可視化する層を描いた「レイヤー」シリーズ、自身の分身ともいえるウーパールーパーをモチーフにしたシリーズなど、幅広く制作に取り組んでいます。
 「池袋だよ! アトリエ ドゥ マツイ エリナ」と題された本展は、松井えり菜のアトリエをイメージした新作個展です。松井が現在アトリエを構えている池袋には、90年前に「池袋モンパルナス」と名付けられたアトリエ村があったと言います。そこからインスピレーションを受けた、過去と現在の観念が混ざり合う松井自身のアトリエを、銀座の地に創出します。
 また、今回の新作は廃棄される化粧品の顔料を元にした絵の具を使用するなどSDGsの取り組みを行っていることも特徴です。食物連鎖など環境に関する作品を制作することも多く、絵を描くという一見個人的とも捉えられる行為から、少しでも地球環境保全に貢献したいという松井の願いが込められています。

松井えり菜「シャケなベアー」パネルに粘土、化粧品、アクリル絵の具、 ビー玉 H1100xW500xD115mm,2021

アーティストステートメント
 90年前かつて池袋にはアトリエ村がありました。
 パリから帰ってきた画学生や作家が多く居住したことから池袋モンパルナスと名付けられたそこは、戦時中にほとんどの住民が引き払ってしまい今は少しの面影を残すのみとなってしまいました。
 2021年現在、私は偶然にもそのエリアで制作をしています。
 以前から小さな発見や面白さをモチーフに自画像を描いてきましたが、アトリエのある土地を取りまく歴史を考えながらの制作は、私の創作の幅を広げてくれるように感じています。
 息子が描いた無意識の線に私の意識を介入させて一つの絵画にする試み、シュールリアリズムのオートマティスムならぬ“オートマツィスム”を実践したドローイングシリーズ、日本独自の洋画の祖とも言える高橋由一の絵画と私の意識が混入するオマージュ作品シリーズなど、数十年前の観念と現在の意識が混ざり合い、新しいものと古いものが同時に混在するタイムカプセルのような池袋のアトリエを銀座に再現します。
 またかつて池袋モンパルナスに住んでいた作家がそうであったように、池袋で制作した作品を銀座のデパートで売るという行為自体も一つのパフォーマンス作品となっております。
 いずれも私の顔を描いていませんが、私を取り巻く現在の“自画像”なのです。
 同時開催に東長崎のターナーギャラリー、WACCA池袋にも松井えり菜を含む池袋モンパルナスエリアに居住する作家のアーティストコレクティブ、パルナソスの池(淺井裕介、高山夏希、村山悟郎)作品が展示されております。
合わせてご高覧いただけますと幸いです。

松井えり菜
 1984年、岡山県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。現在、東京を拠点に制作。主な展覧会に「J’en reve」(カルティエ現代美術館、2005)、「松井えり菜~大原美術館をおもちゃ箱に」(大原美術館、2012)、「ROAD SWEET ROAD」(クンストラーハウスベタニエン、2013)、「高橋コレクションミラーニューロン」(東京オペラシティアートギャラリー、2014)、「顔の惑星」(鹿児島県霧島アートの森、2016)、「令和おとぎ草子 桃太郎 KAMISHI By 松井えり菜」(岡山県立美術館、2020)など国内外で精力的に活動している。

松井えり菜 個展「池袋だよ! アトリエ ドゥ マツイ エリナ」
会 期 2021年11月27日(土)~12月17日(金)
時 間 10:30~22:30
※11月27日(土)は13時から、12月17日(金)のみ20時までとなります。
※会期は変更になる場合もございます。
会 場 銀座 蔦屋書店アートウォール・ギャラリー
料 金 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 ANOMALY、SminkArt
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/23457-1549241117.html

W’UP! ★11月27日~12月8日  森洋史個展「MORYGON KEWPIE」 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

W’UP! ★10月16日~11月13日 ピエール=エリィ・ド・ピブラック個展「Catharsis」 銀座 蔦屋書店 THE CLUB

W’UP! ★11月15日~12月26日 奥天昌樹 新作個展 「The nursery」 銀座 蔦屋書店 アートブックフロア

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/ (THE CLUB)http://theclub.tokyo/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください→ https://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す