W'UP! ★9月17日~10月7日 下家杏樹 個展「Meditation Room(瞑想の部屋)」/10月8日~10月28日  山本捷平 個展「Calcite on Myth:Greek Beauty」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

W'UP! ★9月17日~10月7日 下家杏樹 個展「Meditation Room(瞑想の部屋)」/10月8日~10月28日  山本捷平 個展「Calcite on Myth:Greek Beauty」 銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー

 

《SWORD》 キャンバスに油彩 サイズ:H727×W606mm

2022年9月17日(土)~10月7日(金)
下家杏樹 個展「Meditation Room(瞑想の部屋)」


 下家杏樹(しもいえ あんじゅ)は、油彩で描かれるポップな作風が特徴の現代アーティストです。古いものから新fしいものまで、様々なマンガやアニメーションの影響を強く受けつつも、油絵の持つ古典的で独特なマチエールにも魅了され、いわばサブカルチャーとファインアートをハイブリッドさせた表現として、キャンバスに自身の空想的世界をのびのびと描き続けています。
 鳥や犬などの動物、少女、そして小さな毛虫にいたるまで、描かれるすべてのキャラクターが生命力に満ち、生きていることの輝きを放っていますが、下家の生き物に対する視点がそこに象徴されています。
 無垢で純粋なキャラクターたちの瞳、ユーモラスな表情、躍動感あふれる動き、強弱のついた柔らかな輪郭線、立体感を感じさせる繊細なペインティング…。見る者にどこか懐かしや安らぎ、そして幸福感を与えるその世界こそが、この世に生きている全てのものへの愛おしさを表現する下家杏樹の思い描くワンダーランドなのです。
 「Meditation Room(瞑想の部屋)」と題された本展では、下家自身が瞑想した時に脳裏に浮かんだイメージや印象を表現した新作作品を展示します。代表的なモチーフである鳥を大きくカラフルに描いた20号サイズの連作4点を中心に、キャンバス作品約20点が並びます。
是非会場にて下家の作品世界をお楽しみください。

《CLUB》 キャンバスに油彩 サイズ:H727×W606mm

 

《MONEY》 キャンバスに油彩 サイズ:H727×W606mm

アーティストステートメント
 いつも私を虜にしている印象や現象を追い求めていくと、一つのラインに行き着く。
 実際には存在しないアウトラインが脳裏に残ってしょうがないのだ。
 人の横から見た背中のライン、鳥の羽のカーブ、植物の太陽へ向かって伸びるツルなど全てがアウトライン化されて、私は居ても立っても居られないくらいその現象を線に描き残したくなる。
 油絵に起こすと、そのラインは「ただの線」から「長細い肉体」に変わる。
 全てのラインが意味のあるように、生きているかのように。
 私は自分が生きていく中で外で起こった現象や物事について、深く理解するために絵を描き続けるだろうし、また描くことで深くその対象について感じることができるのだと思う。今回の展示では私が目をつぶって瞑想をしたときに、脳みそに焼き付いて離れなかったイメージや印象を油絵に描き起こした作品をメインに展開している。 下家杏樹

下家杏樹(しもいえ あんじゅ)
1996 愛知県生まれ
2018 名古屋芸術大学洋画2コース卒業
2020 名古屋芸術大学大学院美術研究科 修了
個展
2021「MUTATION」銀座 蔦屋書店(東京)
2020「だれにもナイショで展」NODA CONTEMPORARY(愛知)
グループ展
2022「You Had Me At “HELLO”」 HELLO GALLERY(東京)、「ART OSAKA 2022」(NODA CONTEMPORARY Booth /大阪)、「CLOSE TO YOU」 FFF Contemporary(韓国・ソウル)
2021「原游・北上ちひろ・下家杏樹 三人展」(銀座三越・ギャラリー/東京)、「ノダコンテンポラリー期間限定ショップ」(ジェイアール名古屋タカシマヤ・ローズパティオ/愛知)、「アートフェア東京 2021」(NODA CONTEMPORARY Booth /東京)

下家杏樹 個展「Meditation Room(瞑想の部屋)」
期 間 2022年9月17日(土)~10月7日(金)
会 場 銀座 蔦屋書店 アートウォール
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 NODA CONTEMPORARY
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/28596-1510430829.html

販売について
展示作品は、銀座 蔦屋書店店頭および、アートのオンラインマーケットプレイス「OIL b美術手帖」にて、9月17日(土)10時30分より販売します。
※作品はプレセールスの状況により展覧会会期開始前に販売が終了することがあります。
https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730


 

『Calcite on Myth-three graces-』F50号 1167×910mm パネルに麻布、アクリル絵具、方解石
 

2022年10月8日(土)~10月28日(金)
山本捷平 個展「Calcite on Myth:Greek Beauty」

 山本捷平は、1994年神奈川県生まれ、2019年に京都造形芸術大学大学院芸術先攻ペインティング領域を修了したアーティストです。
 Adobe Photoshopなどの画像編集ソフトを使用して制作のシミュレーションを行ってから、自作のローラーを用いて図像や有名な彫像作品などのモチーフを反復させて制作した作品で知られています。
 デジタルな複製が溢れる環境において、自作ローラーで敢えてアナログな反復を用いることで、虚ろなものと思われがちな図像や記号の反復の過程を画面上に固定し、デジタルでは表現できない偶然性を生み出しています。
 今年3月に開催されたRitsuki Fujisaki Galleryのこけら落としの個展では、新シリーズ「Calcite on Myth」を発表しました。これまでは、図像や有名な彫像作品などのモチーフ自体をローラーで反復させていましたが、新シリーズでは、神話(=Myth)に登場する神様の彫刻写真を転写したパネルの上で、自作のローラーを用いてCalcite(=方解石)を混ぜ込んだ絵具を反復させています。方解石を使用することで、反復させた表面には独特な凹凸が生まれます。
 新シリーズでは、神話などの文脈や物語が背景になり反復させた絵具というマテリアルが前面にあり、これまでの作品とは真逆の絵画構造を提示しています。
 本展では、「Calcite on Myth」シリーズより、ギリシャ神話の美の神様にまつわる新作6点を展示します。

『Calcite on Myth-Eros 1-』 F10号 530×455mm パネルに麻布、 アクリル絵具、 方解石

山本捷平
 1994年 神奈川県生まれ。2019年 京都造形芸術大学大学院 芸術先攻 ペインティング領域 修了。
主な展示
『Calcite on Myth: Myth』 Ritsuki Fujisaki Gallery (2022年 東京)
KUAD ANNUAL2019『宇宙船地球号』東京都美術館(2019年 東京)
『Re:Reiterate』アンスティチュ・フランセ東京(2019年 東京)

山本捷平 個展「Calcite on Myth:Greek Beauty」
期 間 2022年10月8日(土)~10月28日(金)
時 間 10:30~21:00 ※会期最終日のみ、17:00閉場
会 場 銀座 蔦屋書店 アートウォール
入 場 無料
主 催 銀座 蔦屋書店
協 力 Ritsuki Fujisaki Gallery
特集ページ https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/28924-1022320915.html

販売について
 銀座 蔦屋書店店頭にて、10月8日(土)10:00より販売開始。
※プレセールスの状況により会期開始前に販売が終了することがあります。
※オンラインでの販売はございません。

W’UP! ★10月1日~10月31日 みなはむ「夏の出口、冬の入り口」展 銀座 蔦屋書店 スターバックス側小道

W’UP!★10月1日~10月31日 タカハシ ナツミ作品展示「Sweet Sweets」 銀座 蔦屋書店

W’UP! ★10月8日〜10月19日 桜井孝身・櫻井共和「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

W’UP! ★9月17日~10月7日 石井海音 個展「いい天気」 銀座 蔦屋書店 インフォーメーションカウンター前

W’UP!★9月16日~9月28日 『数学的崇高』についての脳科学的考察/10月8日~10月23日 天牛美矢子 個展「偉大なるタムタム」 FOAM CONTEMPORARY

住所東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
TEL03-3575ー7755
WEBhttps://store.tsite.jp/ginza/ (THE CLUB)http://theclub.tokyo/
営業時間*110:30~20:30
休み*2不定休
ジャンル*3現代美術、デザイン、工芸、絵画
アクセス*4銀座駅A3出口より徒歩2分、東銀座駅A1出口より徒歩3分、JR有楽町駅・新橋駅より徒歩約10分
取扱作家 

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 こちらをご覧ください→ https://store.tsite.jp/ginza/news/shop/13809-1034180403.html

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/