W'UP★9月30日~10月31日 Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023 Y's表参道(渋谷区神宮前)

W'UP★9月30日~10月31日 Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023 Y's表参道(渋谷区神宮前)


2023年9月30日(土)~10月31日(火)
Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023

 Y's、「Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023」フォトインスタレーションを東京、パリ、ニューヨークで開催。また、インスタレーションと共に、モノクロームのカプセルコレクションを発表。写真展示は、東京・Y's表参道、パリ・Y's Yohji Yamamoto LOUVRE、ニューヨーク・Yohji Yamamoto New York Woosterの3箇所で、異なるアプローチでY'sをVADUKULが捉えた写真作品が紐解かれ、それぞれの様式で展示表現が行われる。

服を街に侵入させる──
 マックス・ヴァドゥクル(Max Vadukul)によりパリで撮影された写真が、Y'sの強さと鮮やかな活動性をヴィジュアルイメージの上に確立させる。洗練と何気ない自然なニュアンスの融合。非凡につくられた、力強い日常(ストリート)のイメージ。
 パリ ビル・アケム橋(Le Pont de Bir-Hakeim)で、ヴァドゥクルにより撮影されたY's 2023-2024秋冬コレクション。その写真群が、9月30日──東京とニューヨーク 、10月2日──パリに立ち現れます。

ファッションモデルモノクロ写真

 1999春夏コレクションから2001-2002秋冬コレクションまで、6シーズンに渡りY'sを撮影し、アイコニックなイメージを創り出したヴァドゥクル。Y'sのイメージ創作において重要なパートを担ったフォトグラファーであり、Y'sでは2001-2002秋冬以来、20年を経て再び邂逅した両者の、継続した互いの大きな敬意と特別な関係性が、深い解釈を携え、Y'sを表現する「写真」を創出します。

 ヴァドゥクルとヨウジヤマモトの交流は1980年代はじめに始まります。アートディレクターであるマーク・アスコリによる手引きで、ヴァドクルはヨウジヤマモト1984-85秋冬コレクションの写真をニューヨークで撮影しました。その後、1999春夏コレクションでY’sに迎えられたヴァドクルは、2001-2002秋冬コレクションまで、6シーズンのイメージを手がけています。

 「マックス・ヴァドゥクル」を代表する力強い白黒写真。<そこ(日常)>に存在するY'sの服。強く、印象的に。

ファッションモデルモノクロ写真

 都市の路上で撮影された写真に写し出されるY'sの表情には、その「普遍性」や、日常の服をつくるY'sの50年前から変わることのない在り方が、ヴァドゥクルにより捉えられ、イメージの上に確かに存在しています。

ファッションモデルモノクロ写真

The Installation──展示構成
 写真展示は、東京・Y's表参道、パリ・Y's Yohji Yamamoto LOUVRE、ニューヨーク・Yohji Yamamoto New York Woosterの3箇所で、それぞれサイトスペシフィックな方法で展開されます。

東京・Y's表参道
 Y'sを捉えたVadukulの鮮明な白黒写真が、Y's表参道の1階、地下へ繋がる吹き抜けの階段スペース、そして地下1階まで拡がります。東京では写真表現としての「Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023」に焦点を当て、そのインスタレーションが構成されていきます。旗艦店であり、表参道地区の中心に位置するY's表参道は、ウィンドウがフレームになり街に対してもその空間を1枚絵のようにプレゼンテーションします。

パリ・Y's Yohji Yamamoto LOUVRE
 「Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023」インスタレーションのために、新たに手掛けられた映像作品。映像は東京とニューヨークでも公開されますが、パリではその映像に特にフォーカスを当て、そこからインスピレーションを展開したユニークで創造的なインスタレーションが、写真イメージと共に空間構成されます。

ニューヨーク・Yohji Yamamoto New York Wooster
 ソーホー地区Wooster Streetに2023年9月1日にオープンした「Yohji Yamamoto New York Wooster」。ニューヨークでは、空間の特性である一面のLEDパネルが媒介しVADUKULの写真作品をインスタレーション。長さ25 mの広いウィンドウを備えたYohji Yamamoto New York Woosterは、その芸術表現を街へも提示します。

 異なるアプローチで、Y'sをVADUKULが捉えた写真作品が紐解かれ、それぞれの様式で行われる展示表現です。


The Collection──Y's MAX VADUKULコレクション
 また、写真作品のインスタレーションと共に、Y's MAX VADUKULカプセルコレクションを発表。
 写真と服。作品と共に存在するモノクロームのカプセルコレクション。コレクションは、Tシャツやフーディ、バッグで構成され、Y'sの服をヴァドゥクルが解釈し撮影した写真をY'sが改めて解釈しまた服をつくる、という創造の反芻を経て表現され、ヴァドゥクルとY'sの白黒の世界に漂います。
 Y's MAX VADUKUL Collectionは、日本ではY's表参道他、選ばれたストアと公式オンラインブティックでお求めいただけます。

ファッションモデルモノクロ写真

Y's MAX VADUKUL Book──Y's MAX VADUKULの特別なブック
 力に溢れる写真たちは、クリエイティブディレクターのクラウディオ・デロリオ(Claudio Dell’olio)により、特別なブックにもデザインされました。ヴァドゥクルのグラフィックのシグネチャーである鮮やかな赤が走る装丁、迷いのない構成と、一瞬を閉じ込めたような活動性を持ち艶めいてきっぱり印刷された白黒写真。服・人・街、Y'sを形づくる揺るぎない活動的な要素が、エネルギーをそのままに綴じられた創作物は、会期中、それぞれのストアで入手いただくことが可能です。

写真集カバー ブックは会期中、それぞれのストアで各条件で配布。限定数 / 日本ではY's 2023-2024秋冬コレクションを購入のお客様へプレゼント(限定数のため、無くなり次第終了となります)
 「Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023」フォトインスタレーションは、東京・Y's表参道では2023年9月30日から10月31日まで、パリ・Y's LOUVREでは2023年10月2日から10月31日まで、ニューヨーク・Yohji Yamamoto New York Woosterでは2023年9月30日から10月15日までの期間、それぞれのストアで公開されます。

Y's MAX VADUKUL, PARIS 2023
東京・Y's表参道
会 期 2023年9月30日(土)〜10月31日(火)
場 所 Y's表参道(東京都渋谷区神宮前4丁目12-10 表参道ヒルズ西館 1F/B1F)
営業時間 11:00~20:00
https://www.yohjiyamamoto.co.jp/shopinfo-detail/?id=6550
TEL 03 6455 4302
公式LINE https://page.line.me/goq8612u
CONNECT WITH Y's
LINE Y's
https://lin.ee/tHA479s
Instagram @ys_theofficial
https://www.instagram.com/ys_theofficial/
X(旧Twitter) @ys_theofficial
https://twitter.com/ys_theofficial
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC1tETKlg_AnH1g5tj4CSn8Q?view_as=subscriber

パリ・Y's LOUVRE
2023年10月2日(月)〜10月31日(火)
ニューヨーク・Yohji Yamamoto New York Wooster
2023年9月30日(土)〜10月15日(日)

公式オンラインブティック
https://theshopyohjiyamamoto.jp/shop/c/c30/

Y's
 ワイズは、1972年に山本耀司が手掛けた最初のブランドであり、それとともに、山本の服作りへの思想と哲学です。
 原点は、男性の服を女性が着るというコンセプトのもと時代に流されることのない価値観を持つ、自立した女性たちへの服作り。機能的で品位ある日常着。独自のカテゴリーの中、普遍的な価値観とユニークなパターンメイキングで形づくられるワイズのクリエイション。カッティングとシルエットに拘り、素材の風合いを生かし、着ることによって生まれる人の体と服の間にある空気感、分量感、バランスを大切に行われる服創り。
 哲学を受け継ぐ現在のアトリエチームの表現により、ブランドのアイデンティティ、機能的で質の高いプレタポルテを提案するコレクションを体現しています。
http://www.yohjiyamamoto.co.jp/ys/

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)