W'UP!★5月24日~7月10日 企画展「NOHIN: The Innovative Printing Company 新しい印刷技術で超色域社会を支えるノーヒンです」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(中央区銀座)

W'UP!★5月24日~7月10日 企画展「NOHIN: The Innovative Printing Company 新しい印刷技術で超色域社会を支えるノーヒンです」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(中央区銀座)

企画展「NOHIN: The Innovative Printing Company 新しい印刷技術で超色域社会を支えるノーヒンです」
会 場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
開催日 2024年5月24日(金)~7月10日(水)
開廊時間 11:00~19:00
休廊日 日曜・祝日
入場料 無料
公式サイト https://www.dnpfcp.jp/gallery/ggg/

 デジタル・ネイティブと称される世代の、さらに後続世代である八木幣二郎氏(1999年生まれ)は、3DCG用ソフトウェアZBrushを駆使し、三次元(空間)を二次元(平面)に畳み込むような質感を追い求め、イメージする視覚表現を実現するための印刷技術への探求心と相まって、唯一無二のデザイン様式を創り上げてきました。
 gggの1階では、SF的な設定に基づく架空の印刷会社「NOHIN社」のCI(コーポレート・アイデンティティ)を、“並行世界”の価値観とルールに基づいて、さまざまなアイテムや資料に展開します。
 地階では、八木氏が尊敬してやまない、日本のグラフィックデザイン史を彩る巨星デザイナー10名の傑作ポスター約20点とともに、3DCGが存在する“並行世界”のオルタナティブな可能性として、それぞれのポスターを再解釈した八木幣二郎氏による新作を発表します。

協力作家(五十音順、敬称略)
浅葉克己、勝井三雄、亀倉雄策、杉浦康平、田中一光、戸田ツトム、長友啓典、福田繁雄、松永真、横尾忠則

八木幣二郎氏について
1999年、東京都生まれ。グラフィックデザインを軸にデザインが本来持っていたはずのグラフィカルな要素を未来から発掘している。ポスター、ビジュアルなどのグラフィックデザインをはじめ、CDやブックデザインなども手がけている。主な展覧会に、個展「誤植」(2022年/The 5th Floor〔東京都・根津〕)、「Dynamesh」(2022年/T-House New Balance〔東京都・水天宮前〕)、グループ展「power/point」(2022年/アキバタマビ21〔東京都・末広町〕)がある。
※記載された内容などは発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

主 催 DNP文化振興財団
企画制作 亜洲中西屋(ASHU)

住所東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL03-3571-5206
WEBhttps://www.dnpfcp.jp/gallery/ggg/
営業時間*111:00 〜 19:00
休み*2日、 祝
ジャンル*3デザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション
アクセス*4銀座駅より徒歩5分、JR新橋駅、有楽町より徒歩10分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(銀座)

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)