コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP!★6月18日~7月17日 佃弘樹 The Darkest Hour NANZUKA UNDERGROUND

W'UP!★6月18日~7月17日 佃弘樹 The Darkest Hour NANZUKA UNDERGROUND


2022年6月18日(土)~7月17日(日)
佃弘樹 The Darkest Hour

 この度NANZUKAは、神宮前 NANZUKA UNDERGROUNDにおいて、佃弘樹の新作個展「The Darkest Hour」を開催いたします。
 佃弘樹は、1978年香川県生まれ、武蔵野美術大学映像学科を卒業、以後東京を拠点に活動しているアーティストです。2019年に群馬県立近代美術館にて個展「Monolog in the Doom」、2020年3月には、ロックダウン直前のNYにて個展「They Live」(Petzel)を開催するなど、国内外で高い評価を受けております。
 佃の作品を理解する重要な要素として、佃が幼少期から親しんできたSF映画やTVゲーム、アニメーション、漫画、音楽、小説などの影響を抜きには語れません。佃は、自身の作品を外の世界(アウターワールド)と解説しますが、そこには佃が幼少の頃から信じてきた未来と、その未来を生きる現実との乖離を読み取る事ができます。佃の作品が持つ近未来的な世界観は、これまでの人生において記録してきた情報と、現在進行形の世界で読み取っているイメージが、歪みながら複雑に混ざり合って生まれた、もう一つの「現実」から生まれていると言えるのかもしれません。
 本展「The Darkest Hour」は、コロナ禍に見舞われた世界の中で、ロシアとウクライナ間で起きた戦争、燻り続ける中国とアメリカの対立、富の格差の拡大に起因する社会不安といった問題が、より一層顕著になった世界の現在地点における佃の率直な感想を言い表しています。
 今回、ここに展示される作品は、佃が長年集取してきたスター・ウォーズやガンダム、モンスター・ハンターなどの小型フィギュアを分解して再構築した立体コラージュを基に作られた立体作品と、ファウンドオブジェクトを多用して構成されたインスタレーション、またインク、シルクスクリーン、アクリルを駆使して佃が独自に発展させてきたミクストメディア・ペインティングの新作を展示いたします。

 本展に寄せて、佃は次のようにコメントをしております。

 私は1978年生まれなのですが、幼少期は日本は豊かでした。ベルリンの壁の崩壊や冷戦の終焉もあり、幼い私の目から見た世界はなんとなく平和な方向に進んでいるものだと思っていました。その反動なのか80年代、90年代の映画や音楽は暗い未来を描いた作品が多かったように思います。私はそういった暗い未来をフィクションとして楽しみ、そして多大な影響を受けました。その時は未来がこんなにも暗いものだとは誰も想像していなかったはずです。私の好きな映画のひとつ、インターステラーの中にデュラン・トマスという詩人の詩が引用されていました。

 "穏やかな夜に身を任せるな。
 老いても怒りを燃やせ、終わりゆく日に。
 怒れ、怒れ、消えゆく光に。"

 その映画では滅びゆく人類と地球、それに立ち向かい人類を救うために宇宙に旅立つ主人公のストーリーが描かれていますが、この一節は映画館でこの映画を観たときからずっと私の心の中にあります。
 夜明け前が一番暗い、その言葉と夜明けを信じて。

佃弘樹 
The Darkest Hour
2022年6月18日(土)~7月17日(日)
火曜日~日曜日 11:00-19:00
※月曜、祝日休業
展覧会ページ https://nanzuka.com/ja/exhibitions/hiroki-tsukuda-the-darkest-hour/press-release
作家紹介ページ https://nanzuka.com/ja/artists/hiroki_tsukuda

W’UP!★6月1日~6月26日 Julio Anaya Cabanding Tales NANZUKA 2G

■NANZUKA UNDERGROUND 一般情報

住所東京都渋谷区神宮前3-30-10
TEL03-5422-3877
WEBhttps://nanzuka.com/
営業時間*111:00 〜 19:00
休み*2月曜・祝日
ジャンル*3現代美術
アクセス*4明治神宮前駅5番出口より徒歩6分、JR原宿駅より徒歩8分。東京メトロ 表参道駅より徒歩8分
取扱作家https://nanzuka.com/ja/artists
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

NANZUKA UNDERGROUND

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)