W'UP ! ★10月6日~12月11日 3人同時個展企画「SOLO SOLO SOLO」 biscuit gallery

W'UP ! ★10月6日~12月11日 3人同時個展企画「SOLO SOLO SOLO」 biscuit gallery

 

2022年10月6日(木)~12月11日(日)
3人同時個展企画「SOLO SOLO SOLO」

この度、biscuit galleryでは2022年10月6日(木)より、3人同時個展企画「SOLO SOLO SOLO」を3ヶ月連続で開催致します。3フロアを展示スペースに持つbiscuit galleryの各フロアを使用し、毎展覧会3名の作家の個展をお楽しみいただきます。
 本企画は、2022年4月に高尾岳央、山中雪乃、井上りか子を迎え、vol.1を開催いたしました。今展覧会のvol.2を皮切りに、連続してvol.3、vol.4までの3ヶ月連続で展覧会開催を予定しております(2022年10月~12月開催予定)。

 3展覧会の概要と参加作家9名の現代美術作家は以下の通りです。

「SOLO SOLO SOLO vol.2」杉山日向子×鈴木秀尚×中風森滋

杉山日向子 Hinako Sugiyama(1F)
「Hypericum」
1997年東京都生まれ。
2022年東京藝術大学美術学部油画専攻卒業

杉山日向子 (1F) 個展「Hypericum」メインビジュアル

鈴木秀尚 Hidetaka Suzuki(2F)
「Entity」
1986年北海道生まれ。
2014年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了。
虚構と現実をテーマに絵画を制作を続ける。普段私たちが経験する現実、そして想像し作り上げる虚構。2世界を隔てているように見せる境界線をぼやけさせ、観者に「真に見えているものとは何か」を問いかける。

 

鈴木秀尚(2F)個展「Entity」メインビジュアル

中風森滋 Shinji Nakakaze(3F)
「苦味を添加する」
1994年千葉県生まれ。
2018年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科在学。
現実のあらゆる情報より豊かなリアリティを感じられる、デフォルメされた⼆次元の世界の中に本質を探ろうと制作を続ける。自身の弱さを躊躇なくみせることで、中風によってのみ達成されるアイデンティティとオリジナリティを目指す。

中風森滋(3F)個展「苦味を添加する」メインビジュアル


 
「SOLO SOLO SOLO vol.3」新井碧×南谷理加×西村昂祐

新井碧 Midori Arai(1F)
「まばたきのシノニム」
1992年茨城県出身。
2015年東京造形大学卒業、2022年京都芸術大学修士課程修了。
無意識的な動作の痕跡に、身体の有限性と絵画の無限性を備える。
共生の時代であるからこそ、生命と時間の在り方について問う。

新井碧(1F)個展「まばたきのシノニム」メインビジュアル

南谷理加 Rika Minamitani(2F)
「ブレイン・ウォッシュ」
1998年神奈川県出身。
2021年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。
東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻在学中。

南谷理加(2F)個展「ブレイン・ウォッシュ」メインビジュアル

西村昂祐 Kousuke Nishimura (3F)
「Transform」
1999年兵庫県生まれ。
2022年東京藝術大学大学院油画第六研究室入学。
画像データを印刷した物に絵具を乗せ、別の支持体に転写する技法で制作する。人々に広く認知されているイメージが複製され、消費される過程で、様々な形に変化していく社会と、自身の制作を重ねる。現在は転写する行為そのものからできる絵画表現も模索している。

西村昂祐(3F)個展「Transform」メインビジュアル

「SOLO SOLO SOLO vol.4」五十嵐大地×長谷川彰宏×REMA

長谷川彰宏 Akihiro Hasegawa (1F)
1997年三重県出身。
2016年東京藝術大学美術学部デザイン科入学。2020年東京藝術大学美術研究科デザイン専攻企画理論研。
天台宗系の寺院に生まれる。お堂に佇む仏像とその周辺の空間を原体験とし、日本的な描写の可能性と、その先にある人間存在の普遍性を模索している。

長谷川彰宏 Akihiro Hasegawa

五十嵐大地 Daichi Igarashi(2F)
1996年東京生まれ
2022年東京藝術大学大学院絵画専攻油画研究分野修了
素材を置き換えること、撮影しモニターに映すこと、キャンバスに描くこと。形を変え表現されるイメージは、頽廃と再構築を繰り返しながら対象の宿す不変性を描き出します。
マテリアルの経年変化や行程を移す際に生じるズレ等、予測不可能な事象を受け入れ行う一連の制作を通し、有為無常の環境と呼応する絵画上のリアリティを思索しています。

五十嵐大地 Daichi Igarashi

R E M A(3F)
初期から自身の化粧など外面的特徴からセルフをイメージを使用した作品群を制作。
近年は、これまで扱われていたセルフイメージは女性性と影ーーそしてそれらは予感と夢想が原動力となってーー抽象化され線と焼き付けるという行為によって表現されるようになる。様々なマテリアルへと施されてゆくイメージは、まるで元からそこにあった印のように現れ、見る者をnew-primitiveの世界へと誘う。
2022年からは、2つのシリーズが融合し新たな表現として現れる予定である。

R E M A


3人同時個展企画「SOLO SOLO SOLO」(2022年10月~12月に3展覧会連続開催)
会 場 biscuit gallery
入 場 無料

SOLO SOLO SOLO vol.2
杉山日向子×鈴木秀尚×中風森滋
会 期 2022年10月6日(木)~10月23日(日)
時 間 13:00~19:00(土日:12:00~18:00)※月~水休

SOLO SOLO SOLO vol.3
新井碧×南谷理加×西村昂祐
会 期 2022年11月3日(木)~11月20日(日)
時 間 13:00~19:00(土日祝:12:00~18:00)※月~水休

SOLO SOLO SOLO vol.4
長谷川彰宏×五十嵐大地×R E M A
会期:2022年11月24日(木)~12月11日(日)
時間:13:00~19:00(土日:12:00~18:00)※月~水休

URL https://biscuitgallery.com

※新型コロナウイルス感染予防ご協力のお願い
マスクの着用と、ギャラリー入り口にて手指のアルコール消毒をお願い致します。また、 入店時に非接触の体温計にて体温測定をお願いしております

住所東京都渋谷区松濤1-28-8 biscuitビル 1~3F
TEL 
WEBhttps://biscuitgallery.com/
営業時間*113:00~19:00、土日祝 12:00~18:00
休み*2月・火・水
ジャンル*3現代美術
アクセス*4井の頭線神泉駅より徒歩3分、渋谷駅より徒歩6分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

biscuit gallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)