【Aohitokun's Thoughts】35年前の旅日記 - 北京

【Aohitokun's Thoughts】35年前の旅日記 - 北京

 東京では寒さが続き、世界では、コロナの猛威が相変わらず続き、感染力の強い異種株が生まれ、どうなってしまうのか、不安でいっぱいです。

 そんな日々でも、アートに触れると一瞬でも気持ちが和やかになります。

 少し間があきましたが、35年前の北京です。

 北京では、のちにシベリア鉄道でベルリンまで行くので、途中、通るソ連とポーランドのビザを各領事館でもらいました。ソ連は、発行までに数日かかったおぼえがあるけど、ポーランドはその場でもらえました。

 今の中国は、もう違う国のようです。物乞いですらスマホをもって、アリペイなどのモバイル決済で小銭をいただくそうです。きっとストリートパフォーマーも携帯でドネーション集めるのでしょう。なにせみな小銭とか現金持っていないといいます。

もしかしたら上海?
もしかしたら上海?

Aohitokun
あおひと星人
青二才、青色再生委員会の下級事務官だったが、趣味の星空観測で偶然、青く輝く地球を発見。急遽、枯渇しそうな彼らのエネルギー源のスーパーブルー探査ミッションを命じられ、山梨県青木ヶ原に着陸。あおひと星人は、スーパーブルーの次に感動がエネルギーになるため、アートには少しうるさい。日々、探査ミッションで疲れ、ホームシックになる気持ちを地球のアートで癒す日々が続いている。なお本ブログは、当サイト主宰の関根が翻訳担当だ。https://youtu.be/sDvKr_HYOaE

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)