コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★6月4日~6月25日 HUMANITY展 Rikka Gallery 麻布台

W'UP! ★6月4日~6月25日 HUMANITY展 Rikka Gallery 麻布台

2021年6月4日(金)~6月25日(金)※完全予約制
HUMANITY展

 

Nanae Mitobe Dolly Refused to be Turned into a Status 2021 2000x2000mm

 

Nanae Mitobe The Stars are out tonight 2021 1000x1500mm

 

Natsuki Takayama entanglement of the sea 2021 2021 1167x1167mm

 

Natsuki Takayama world of entanglement birdman 2021 1445x1445mm

 今日も続く新型ウイルスの猛威は、人間が地球のエコシステムの頂点に居ないことを教えてくれました。しかし、自然を超克する事で築いた文明の豊かさを享受してきた私たちは、もう他の生物のように自然には戻れません。人間が地球と共生する為には、環境倫理的な部分だけでなく、文化、経済、思想、表現などを含めた人間の在り方を見直す必要があるのではないでしょうか?
 その第一歩として、”HUMANITY”展では、アート制作の中で人間そのものを再度見直し、作品として昇華させる水戸部七絵と高山夏希の2名の現代アーティストにスポットライトを当てます。
 水戸部七絵は、匿名の顔や、欧米の70年代から現代に至るまでのスターと呼ばれる著名人をモチーフに絵を描き続けています。今では、マスクにより没個性となった人間の“顔”ですが、本来私たちは夫々に個性があり、画一的な存在ではありません。彼女の作品は、人が“顔”を通じて、 再び社会性を取り戻せるのではないか、というテーマを喚起させます。また、絵具を厚く塗り込む作風は、平面アートの概念を超越した立体的な表現を可能にさせます。
 高山夏希は、アートを通して人と世界との距離を再定義することによって、社会における人の存在意義を模索しています。 彼女の絵筆を使わず、注射器を用いる独特の制作方法が実現する、境界を作らずに空間や対象を線で繋げる表現は、私たち一人一人がこの世界を構成する1つのピースである事、そして地球を共有する人類と自然、動物との繋がりのあり方を再考させます。

HUMANITY展
ご来場予約はこちら https://bit.ly/34fVrcj ※完全予約制
参加アーティスト 水戸部七絵、高山夏希
日 時 6月4日(金)~6月25日(金) 11:00~18:00 日曜定休

住所東京都港区麻布台3丁目5−5(株)アトランティックカーズ内
TEL050-7123-3662
WEBhttps://gallery-dazzle.com
営業時間*111:00~18:00
休み*2日曜日
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ日比谷線 神谷町駅より徒歩8分、南北線六本木一丁目駅より徒歩7分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)