【World Music Explore】EKD & Los Changaras(日本)
コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

【World Music Explore】EKD & Los Changaras(日本)

 今まで、数回にわたり、世界各地の音楽とバンドを紹介してきましたが、まだ日本のバンドを紹介していません。

 今回は、ぜひ皆さんに知って欲しい日本のバンドを紹介します。

 EKD & Los Changarasというバンドです。

 オルタナティブなバンドですが今年のフジロックにも出ます。

 EKD2007年に東京で活動を開始しました。

 最初、彼らの曲は打ち込みで、バンドはDJとアコースティックギター(EKD)という組み合わせでした。

 楽曲は、ルンバカタラーナとペルーのチーチャをまぜたようなものが多く、その当時のEKDにしては珍しい歌ものの「竹田の子守唄」のレゲエバージョンがヨーロッパでヒットしたため、彼らはフランスやスペインにツアーをしています。

 そしてその後、EKDDJをつけずにソロ活動に入っていきます。

 2016年になると、拠点を愛媛県松山市に移し、地元でメンバーを集めバンドを結成します。

 STONE AXEというバンドです。

 そして、このコロナ禍で、室内のライブは困難ということで、2020年からはじめたのがアコースティック編成のEKD & Los Changarasというバンドです。

 EKDの歌にはメッセージ性の強い歌も多いですが、それ以外にも、なぜだかパワーを感じてしまう曲が多いです。

 お客さんや他のバンドのメンバーのことも引っ張ってくれるような彼のリーダーシップ、やはり、長年のライブの経験からてきてるのでしょうね。

 今年になって彼は立て続けに何本ものビデオをFacebookにアップしました。

 彼1人のものばかりですが、本当に素晴らしいです。

 まず2曲紹介します。

 このシリーズいい曲はほかにもたくさんあります。

https://fb.watch/6_7Euq26i7/

https://www.facebook.com/100013911255757/posts/1105420183265013/

 次にこれはまだ珍しい彼らのライブ映像です。

 どうぞ楽しんでください。

 そして彼のメッセージに耳を傾けてください。

文・藤井悟
他のブログ https://tokyo-live-exhibits.com/tag/%e8%97%a4%e4%ba%95%e6%82%9f/

Satoru Fujii
DJ
80年代中頃からレゲエ・ロック・パンク・レベルミュージックDJの草分けとして椿ハウス、P.PICASSO、MIX、328などで活躍。メスティソ、パチャンカ、クンビア、ロックラティーノなどワールドミュージック系レパートリーを得意とし、FUJI ROCK FESTIVAL、朝霧ジャム、EARTH GARDENなどの出演や、2000年からは舞台を欧米に移し、STREET BEAT FESTIVAL(イタリア)、世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012など世界トップクラスのアーティストと共演。2017年、歴史と考古学の間の空白の時間に迫るエッセイ「連想」も出版した。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)