コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★ 9月1日~10月31日 JUMPEI TAINAKA 個展「歴程 -Der Progress nach Jenseits/Alone in the Sky-High」 BrainBrunnGALLERY

W'UP! ★ 9月1日~10月31日 JUMPEI TAINAKA 個展「歴程 -Der Progress nach Jenseits/Alone in the Sky-High」 BrainBrunnGALLERY
Alone in the Sky-High ©JUMPEI TAINAKA

2021年9月1日(水)~10月31日(日)
JUMPEI TAINAKA 個展
「歴程 -Der Progress nach Jenseits/Alone in the Sky-High」

 

Dear My Beloved ©JUMPEI TAINAKA

 

Times Square ©JUMPEI TAINAKA

 

©JUMPEI TAINAKA

 

©JUMPEI TAINAKA

 

 ファインダー越しに見える世界に内包された膨大な言葉や情報を汲み取り、シャッターを押す瞬間に至るまでの過程と物語を写真に収める。
 「時間と空間を旅する写真家」タイナカジュンペイは在住先のドイツから年間200日以上ドイツ、日本だけでなく、世界各地を巡り、世界や人間の本質に迫る根源的なテーマに今もなお挑み続けています。
そんな彼がマイルストーンの一つとして開催している展覧会「歴程」シリーズ。
 「人生という壮大な旅の中で、世界や異界を巡るような旅の中で、果たして今どこにいるのか。作品の持つ・放つ物語や、一堂介した作品群から、稀有な旅の追体験をしにきてほしい。」
 大阪、フランクフルト、銀座での開催を経て、今回の展示にあたりタイナカジュンペイはそのように語ります。
 どうぞタイナカジュンペイの耽美な世界観にご期待ください。

タイナカジュンペイのコメント
 「今回のサブタイトルにあるドイツ語のDer Progress nach Jenseits(読み方:デア・プログレス・ナハ・イェンザイツ)を日本語に訳すと、異界歴程または死路歴程と二つの意味を持ちます。Jenseitsという意味に、異界という意味と、あの世という二つの意味があるからです。直訳すると、異界へと足を運ぶ道程。あの世へ向かう道程ということになります。
 前者は、自身が時折、旅の最中で異界へと足を踏み入れるような瞬間に出会い、異界を写真に撮るからこそ。後者は、写真家としての死ぬまでの人生の道程がどうなのか、道は正しいか、彷徨っているのか、それらを今から積み重ねてみて、いつでも振り返ることができるようにと想いを込めて。」


JUMPEI TAINAKA タイナカ ジュンペイ
時間と空間を旅する写真家

 17歳の時にスウィフト作『ガリヴァー旅行記』に触れてから文学に没頭。欧州に強烈な憧れを抱くようになる。そこから神話、宗教、文学、哲学、歴史、絵画を貪るように学び、20歳の時についにドイツへの留学を実現。滞在中に100都市は見なければと目標を打ち立て、ドイツの主要都市から小さな村々までを訪ねる。
 帰国して大学を卒業後、一度は会社員になるも、自身の中にマグマのようにたぎるロマンを何かの形で表現したいという夢を捨てきれず、創作活動の道へ。
 言葉を書く執筆活動や言葉を吐き出す演劇を経て、言葉を必要とせずに直感的に完成する写真に傾倒し、生活の中心になっていく。その後、留学中に知り合ったドイツ人女性と再会し結婚、30歳の時にドイツへ移住。8年の結婚生活の後に道を分かつことになったが、現在もドイツ・ハンブルクを拠点に日本や世界を巡る。
 様々な経験や想いを折り重ねた現在、「都市とは何か」「あなたは誰ですか」等、世界や人間の本質に迫る根源的なテーマに挑むべく、ファインダー越しに見る世界に内包される膨大な言葉や情報を汲み取り、シャッターを押す瞬間に至るまでの過程と物語を写真に収めながら、答えを探す旅を続けている。
写真集『Wirf die Luft|空気を投げろ』『Undine』デジタル写真集『狂武蔵-The Fight without Words』映画 『BOLT』『灰色の壁』『狂武蔵』『東京ドラゴン飯店』『恋の墓』他。ドラマ『すじぼり』『おやじキャンプ飯』

時間と空間を旅する写真家 JUMPEI TAINAKA 個展
「歴程 -Der Progress nach Jenseits/Alone in the Sky-High」
会 場 BrainBrunnGALLERY/2Fメインギャラリー(東京都八王子市元横山町3−1−1)
会 期 2021年9月1日(水)~10月31日(日)
時 間 12:00~18:00
休 廊 月、火曜(国民の祝祭日を除く)
入場料 無料(要予約※)
同時開催 1Fミニギャラリー/LilBunnGALLERY(リルブルンギャラリー)
JUMPEI TAINAKA「猫の肖像」展
※新型コロナウイルス感染症蔓延防止対策として事前予約を優先させていただきます。
WEB https://www.brain-brunn.com/

住所東京都八王子市元横山町3−1−1
TEL042-649-2497
WEBhttps://www.brain-brunn.com/
営業時間*112:00〜18:00
休み*2月、 火(国民の祝祭日を除く)
ジャンル*3現代美術
アクセス*4JR八王子駅北口より徒歩約12分、京王八王子駅より徒歩約14分
取扱作家https://www.brain-brunn.com/artists.html
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術には、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)