コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★7月2日~7月18日 August Vilella(オーガスト・ヴィエラ)個展「Memories」 Kudan House

W'UP!  ★7月2日~7月18日 August Vilella(オーガスト・ヴィエラ)個展「Memories」 Kudan House
 

 

2022年7月2日(土)~7月18日(月・祝)
August Vilella(オーガスト・ヴィエラ)個展「Memories」


 JPS ギャラリーでは、August Vilellaの個展「Memories」を開催いたします。東京·九段下の歴史的建造物「九段ハウス」にて開催いたします。本展は、歴史的背景を持つ建物にふさわしく、古典美術に現代的なスタイルを取り入れたオーガストの作品制作を体現しています。
 今回発表された作品は、作家の想像力の現れであり、超現実的なディテールで描かれた夢のようなキャラクター達です。彼の漫画のようなキャラクターは、巨匠の作品を思い起こさせるような精巧で技術的な筆致で描かれていますが、彼の創作過程は完全に直感的で即興的なものなのです。観客は彼の作品を、自分の潜在意識と関わり、より深い感情を探求する機会として捉えることができるでしょう。
 1927年に建てられた九段ハウスは、裕福な実業家である山口萬吉の旧邸宅で、日本建築とスペイン建築の魅力的な組み合わせが賞賛されています。また、第二次世界大戦で街の大半が甚大な被害を受ける中で生き残ったなど、激動の時代に耐えてきた長い歴史は奇跡を体現しています。2018年5月、文化財登録台帳に「有形文化財」として登録されました。以来、九段ハウスは、日本や世界における新しい文化の代弁者として、文化遺産を守り、再発明する模範となっています。
 私たちは、東京で最も希少でユニークな建築物のひとつであるこの場所で、オーガストの作品を展示できることを光栄に思います。また、彼の作品が観客の皆様の記憶を呼び起こすだけでなく、九段ハウスの類まれな歴史にも思いを馳せるきっかけになればと願っています。
 彼は古典的な油絵の技法を用い、魔法のような、隠喩的で哲学的な言葉で、夢のようなオーラを呼び起こす作品を制作しています。光と影の使い方、洗練された筆致は、巨匠の作品を彷彿とさせ、漫画的なキャラクターとの対比が面白く描かれています。彼のキャラクターは、しばしば様式化された大きな目を特徴としており、その洞察に満ちた視線を通して、観客は彼らの深い感情に関わり、静かに内省しながら探っていくことになるのです。

August Vilella(オーガスト・ヴィエラ)
主な個展歴
2021 “Autumn Dreams”, JPS Gallery, Landmark(香港)
2021 “New Hope” In collaboration with General Consulate of Spain and Caelis Galeria(上海)
2020 “Hope Springs Eternal”, JPS Gallery(東京)
2018 Royal Artistic Circle(バルセロナ)
2018 111 Minna Gallery(サンフランシスコ)
主なグループ展歴&アートフェア
Art Basel Hong Kong 2022, HKCEC(香港)
Art Fair Tokyo 2022, Tokyo International Forum(東京)
Ginza Six, Tsutaya Books(東京)
L.A Art Show 2022(ロサンゼルス)
Carrousel du Louvre 2016(パリ)
受賞歴
Best artist in Tokyo International Art Fair 2016(日本)
Best Innovative Art in the Global Art Awards 2017 of Dubai(UAE)
International Artist Grand Prize of Taipei 2018(台湾)
Chairman´s Award in Art Revolution Taipei 2018(台湾)
Nominated for AGBAR Barcelona City Award 2019(スペイン)

August Vilella(オーガスト・ヴィエラ)個展「Memories」
会 期 2022年7月2日(土)~7月18日(月・祝)
展示会場 Kudan House(東京都千代田区九段北1-15-9)

JPS Gallery is pleased to announce Memories, a solo exhibition by August Vilella, on view at the historic mansion kudan house, Tokyo. Suiting the building’s rich historical background, this exhibition embodies August’s ability to create works that incorporate contemporary styles into classical art.

The presented works are the manifestation of the artist’s imagination, resulting in a group of dreamlike characters drawn with hyperrealistic details. His cartoonish characters are painted with elaborate and technical brushstrokes that recall the works of old masters, yet his creative process is entirely intuitive and improvisational. The audience are encouraged to see his works as an opportunity to engage with their subconscious and explore their deeper emotions.

Similar to August’s artistic style that fuses contemporary with classical art, the exhibition space also reflects the unifying of the old and new. The kudan house, built in 1927, is the former residence of wealthy businessman Mankichi Yamaguchi and is admired for its fascinating combination of Japanese and Spanish architecture. It is also the embodiment of a miracle for its long history in withstanding tumultuous times, such as surviving World War II whilst most of the city was severely damaged. In May 2018, the property was registered as “Tangible Cultural Property” in the Cultural Property registry. Since then, the kudan house has been an example of protecting and reinventing cultural legacy by being the voice of new culture in Japan and globally.

We are honoured to be present August’s work in one of the rarest and most unique architectural sites in Tokyo. We also hope that his work will not only encourage audiences to reflect upon their memories but also on the exceptional history of the kudan house.

Using classical oil techniques, his works evoke a dream-like aura in a magical, metaphorical and philosophical language. The use of light and shadows and refined brushstrokes in his works recall works of the old masters, presenting an interesting juxtaposition with his cartoonish characters. Vilella’s characters often feature big stylised eyes, and through their insightful gaze, the audience is invited to engage with their deep emotions and explore them with quiet introspections.

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)