コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★6月8日~6月20日 『G6-東京藝大版画6人展2021-』/6月22日~7月4日 石橋満・紙凹凸版画遺作展「記憶の3.11と」 B-gallery

W'UP! ★6月8日~6月20日 『G6-東京藝大版画6人展2021-』/6月22日~7月4日 石橋満・紙凹凸版画遺作展「記憶の3.11と」 B-gallery

2021年6月8日(火)~6月20日(日)
『G6-東京藝大版画6人展2021-』(京都市立芸大との交流展)

 東京藝術大学で版画を専攻、もしくは卒業の若い6人の13回目の展覧会です。版種も銅版画、木版、ゴム版、ステンシルなど、バラエティ豊かで、魅力溢れる作品がたくさん集結予定です。そして8月に京都に巡回し、アートゾーン神楽岡で東京藝大&京都芸大合同展PORT0 DI STAMPAを予定しています。当画廊では8月17日〜29日まで第8回京都市立芸大版画展も開催予定です。
出品作家
王豫敏(Wang Yumin)、菅原萌 (Sugawara Moe)、信川みなみ(Nobukawa Minami)、コラス愛(Mei Collasse)、鈴木智亜貴 (Suzuki Chiaki)、顧力瑋(コリキイ)


2021年6月22日(火)~7月4日(日) 28日(月)休廊
石橋満・紙凹凸(おうとつ)版画遺作展「記憶の3.11と」

 2014年に63歳で急逝した石橋満は、東京版画研究所時代の私の恩師でした。私が画廊を開いてからも、時々自転車で立ち寄っては、プレス機の調整をして下さっていました。最近になって、3.11震災関係の作品がまとまって見つかりま した。主に震災後の短期間に制作されたようです。海自護衛艦たかなみが園児を救助した実話に触れて制作したシリーズも含まれます。今回の回顧展は、この一連の作品を中心に独自の技法による紙凹凸版画とエッチング・ビュラン等の銅版画作品を用意しております。それらも併せて約25点を展示予定です。


2021年7月6日(火)~18日(日)※12日(月)休廊
王豫敏・初個展「旅人の本」Yumin WANG "Traveler‛s Book"

 第2回TKO国際ミニプリント展2020(東京→京都→大阪)で審査員の石川健次賞を受賞した王豫敏(東京藝大博士1年在籍)の初個展です。「私は東京藝術大学で多種多様な版画コンセプトを学び、より深く版表現を探求しながら、日中の技法の融合に力を注ぐ、新しい版画の可能性を追求し続けています。中国と日本を拠点として活躍し、独自の世界を作り上げて さらに世界へと発信していきたいです。」と王豫敏は語ります。
 今回の展示は2019年に、東京藝術大学に入学してから制作し始め、連作シリーズ「旅人の本」の全作です。日本で見た風景をモチーフに、私自身を旅人というキャラクターに投影して、自分が見た日本の風景をそのまま描くのではなく、自分の思い出などを重ねて「心の風景」として描き出しました。1年半近くにわたる「旅」のことを本の形式で納めて、この 作品はそのような旅人に関する本であります。
 「旅人の本」は「時空」などの歴史的な事柄を内包する中国の伝統木版画技法に、日本の技法材料を融合しています。中国から日本へ移動して、使う言葉や周りの人々や暮らしの環境なども変わったからこそ、自分自身のキャラクターも変わりました、旅人の目で今回の旅を記録したい事でもあるし、日本と中国の木版画技術の組み合わせも試したいそうです。木版画作品を中心に約20点を展示予定です。


 

「俯き想い」120×91㎝ 単色木版画

2021年7月20日(火)~8月1日(日)※7/26(月)休廊
牧野浩紀展「-流動・集積の興味から―」

 牧野浩紀の当画廊での初個展です。木版画、水彩画、ドローイングを中心に「滴跡・ぼかし」の集積から偶発的かつ不定形で大小様々な一つ一つを辿り、それらの集積がモチーフを形づくる面白さや美しさを作品表現とし人物、静物、風景、または寓意画へと変化させ、浮かび上がる図像に存在感や物語が躍動する事を願いながら彫り摺り、描き綴った2019年以降の作品、木版画10点、水彩画5点、ドローイング5点ほどの展示を予定しています。当画廊主催の第2回TKO国際ミニプリント展2021(東京→京都→大阪)の入選者でもあります。  


 

2021年8月3日(火)~8月15日(日)
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 関連企画 名司生展「はなごよみ」

 「小人たちの目線からの草花や季節を表現し、自然の雰囲気やストーリーを感じるような作品を目指しています。」と語る、名司生(なつき)さんの、当画廊での初個展です。
 二十四節気をテーマに、コロポックルたちの生活や日常を描いた作品約25点を展示いたします。イラスト集も会期に合わせて販売予定です。ボローニャでの審査風景や展示会場の様子のDVDも会期中会場内モニターにて放映致します。絵本の挿絵や装画、パッケージ、CDジャケットなど幅広く活動。透明水彩を主に使用し、植物や子供を得意としています。

住所東京都豊島区西池袋2-31-6
TEL03-3989-8608
WEBhttp://bgallery.xsrv.jp/
営業時間*114:00 ~ 18:00、第3金曜~21:00
休み*2月、 祝
ジャンル*3現代美術、絵画、版画
アクセス*4JR目白駅より徒歩8分、JR池袋駅メトロポリタン出口より徒歩6分
取扱作家http://bgallery.xsrv.jp/artist/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

B-gallery

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)