コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★11月27日~12月26日 Luna Mara Exhibition stoop

W'UP! ★11月27日~12月26日 Luna Mara Exhibition stoop

2021年11月27日(土)~12月26日(日)
Luna Mara Exhibition

 彼女が作り出すタペストリーは、彼女と自然、素材との対話の中で、手作業で非常にゆっくりと産み出される、一点かぎりのものです。
 Luna Maraのエキシビジョンは、今回が日本初となります。最新のテキスタイル作品群から浮かび上がる、彼女が紡ぎ出す美しいオランダの風景をぜひ感じてください。
 制作は彼女の頭の中のアーカイブから浮かび上がる抽象的なイメージを紙へと描き留めることから始まります。そのイメージを元に、伝統的なキルティングの技法を用い、手作業で布の断片から、リネンの風景を縫い上げていきます。
 最後に日本の刺し子の手法を用いてステッチを施します。美しいオランダの風景の中にひとり溶け込むように座って、何時間もステッチを続けます。その直感的なアプローチの過程で、彼女のテキスタイル作品は命を吹き込まれてゆきます。

染色後に自然の中で乾燥させたテキスタイル
ウォールピース(藍染、 刺し子、 キルティング)
アトリエでの制作風景(ステッチ前のリネンの仮留め)
ウォールピース(刺し子、 キルティング)

Luna Mara(ルナ・マラ)
 1994年生まれ、オランダ・ユトレヒト出身。2017年 マルチメディアデザインの学士号を取得した後、デンマークで1学期を過ごしながら、陶芸やテキスタイルの職人技を学ぶことに専念した彼女は、祖母が大きな刺繍を施したタペストリーを作るのを見て育ったことから、幼い頃から慣れ親しんだメディアであるテキスタイルを使って作品を作り始めます。自然界に見られる色調と、自身の思考プロセスを視覚化した形状を用いて、単色の配色でミニマルな抽象的形状を手縫いで製作しています。

会 期 2021年11月27日(土)~12月26日(日)
オープン 火・水・土・日曜+祝祭日(12時~19時)
クローズ 月・木・金曜
会 場 stoop(東京都江東区白河2-5-10)
アクセス 清澄白河B2出口より徒歩3分、東京都現代美術館より徒歩6分
URL https://stoop.jp/whatson/exhibition/runa-mara

stoop(ストゥープ)
 清澄白河駅から徒歩3分、歴史ある商店街の一角に佇むギャラリー「stoop(ストゥープ)」当時の床材や天井材を生かした200m²ほどの古い木造家屋には、ヨーロッパからアジア 紀元前から現代まで国境や年代に縛られずに「現在」の感性を通してコレクションされたアンティークやヴィンテージの家具・オブジェ・アートが広がります。
URL https://stoop.jp

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)