W'UP! ★7月16日~9月25日  アール・ブリュット2022巡回展 かわるかたち いろいろな素材、さまざまな表現/8月9日~9月25日 光島貴之滞在制作・展示 GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる- 東京都渋谷公園通りギャラリー

W'UP! ★7月16日~9月25日  アール・ブリュット2022巡回展 かわるかたち いろいろな素材、さまざまな表現/8月9日~9月25日 光島貴之滞在制作・展示 GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる- 東京都渋谷公園通りギャラリー
 
デザイン:10 inc.

 

2022年7月16日(土)~9月25日(日)
アール・ブリュット2022巡回展
かわるかたち いろいろな素材、さまざまな表現

 本展では、都内3カ所で開催する展覧会と、島しょ部への出張イベントを通して、国内外で活躍の場を広げる10名の作家を紹介し、絵画や立体など、形状の異なる様々な作品から、身近な素材でつくられる多様な表現のかたちと、そこに宿る創造の根源的な魅力に迫ります。
 「かたち」という言葉は、姿や形状、図柄などのほか、ものごとの様子や状態を表す時にもつかわれ、〈形〉〈容〉〈象〉〈貌〉などの漢字で書き表されるように、多様な意味合いをもっています。本展で紹介するのは、この「かたち」という言葉のように、印象の異なる様々な表現です。
 繰り返し描かれるシンプルで力強いかたちや、繊細なドローイングの線などに見られるモチーフの捉え方などには、作家それぞれに特徴があり、どれも独創的です。作品の造形的な面白さと、創作のプロセスにおけるストーリー、なにを描くのか、なぜその素材でつくるのかには、つくり手の日常と深い関わりがあるのも見どころのひとつと言えそうです。
 色鉛筆やカラーペン、布、糸、チラシといった身近な素材が日頃とは異なる表情をもつ驚きは、技法を超えたところにある表現の多様さを感じさせてくれるとともに、創作と日常とが切り離せないものであることにも改めて気づかせてくれます。
 本展を通して、自由な表現から多様な価値観に触れていただき、私たち一人ひとりが心豊かに暮らす社会について考える機会の創出を目指します。
 なお第1会場(東京都渋谷公園通りギャラリー)では、俳優・小関裕太さんが出演する音声ガイドを無料でお聞きいただけます。
 ぜひお近くの会場で、アール・ブリュットの魅力に出会い、作品が発するメッセージを感じてみてください。
※アール・ブリュット(Art Brut)は、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェによって提唱されたことばです。今日では、広く、専門的な美術の教育を受けていない人などによる、独自の発想や表現方法が注目されるアートを表します。

青木 尊《レパス》1997-2004年頃 画像 提供:はじまりの美術館
五十嵐朋之《魚貝表》2014-2020年頃 撮影:ただ(ゆかい) ※後期展示
稲田萌子《無題》2019年(2019. 3. 14) 画像提供:クラフト工房 La Mano ※参考画像
井上 優《ダンス》2013年 やまなみ工房蔵 画像提供:やまなみ工房 ※後期展示
佐々木早苗《無題》2008-2012年頃 作家蔵 画像提供:るんびにい美術館
萩尾俊雄《無題》2021年 作家蔵 撮影:ただ(ゆかい)
濱中 徹《道端のちいさなもの》2001年 作家蔵
画像提供:アートと障害のアー カイブ・京都
本田雅啓《モモタロウ》2020年 PICFA 蔵 画像提供:PICFA
萩尾俊雄《無題》2021年 作家蔵 撮影:ただ(ゆかい)
渡邉あや《飛行機》2013年 画像提供:工房集

出展作家
青木 尊、五十嵐朋之、稲田萌子、井上 優、佐々木早苗、 萩尾俊雄、濱中 徹、本田雅啓、吉川秀昭、渡邉あや ※五十音順

アール・ブリュット2022巡回展
かわるかたち いろいろな素材、さまざまな表現【第1会場】
会 期 2022年7月16日(土)~9月25日(日)
休館日 月曜日、7月19日、9月20日
※7月18日、9月19日は開館
会 場 東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室 1、2
開館時間 11:00~19:00
入場料無料
主 催 東京都、(公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー
協 賛 練馬区 
協 力 府中市、八丈町

※第2会場(練馬区立美術館 区民ギャラリー)、第3会場(府中市美術館 市民ギャラリー)、出張イベント(八丈町多目的ホールおじゃれ)については東京都渋谷公園通りギャラリー ウェブサイト サテライトページをご覧ください
https://inclusion-art.jp/archive/satellite/2022/20220716-146.html

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、開催を一部中止等する場合があります。
※各会場では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、対策を講じています。
・マスクの着用、手洗いや手指消毒に御協力ください。
・風邪症状がある方、検温により37.5℃以上の方のご入館はお断りいたします。


2022年8月9日(火)~9月25日(日)
光島貴之滞在制作・展示
GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる-

 東京都渋谷公園通りギャラリーは、2022年夏の交流プログラムとして、「光島貴之滞在制作・展示GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる-」を開催いたします。本企画では、美術家として活躍している全盲の光島貴之を招聘し、「まち」をテーマに滞在制作及び観客参加型の展示を行います。
 これまで光島は、「さわることで見る」絵画の可能性を長年探ってきました。光島の作品を通して、「まち」にあふれる音や匂い、足の裏で感じる地面の質感といった、「まち」の肌理(きめ)にふれる感覚を刺激します。
 本企画では、開催期間中、滞在制作と一般公開の期間が交互に入れ替わります。一般公開の間は、滞在制作中の光島の作品制作に参加することができます。作品を触って鑑賞すると同時に、訪れた皆さんが作品制作に参加することによって、予期せぬ造形物が会場に立ち上がるでしょう。それは視覚だけではない世界への入り口であり、その先に広がる「まち」にふれる機会となるかもしれません。

《ハンゾウモン線・清澄白河から美術館へ》2019  釘、 まち針、 鋲、 ピン、 フック、 ステップル、 トタン板、 木材  制作協力:アトリエみつしま  Photo:Alloposidae
《山》2019 ベニヤ、カッティングシート、釘、合板
制作協力:アトリエみつしま
Photo:art space co-jin アートと障害のアーカイブ・京都
《竹のリズム》2004 ラインテープ、カッティングシート、シール、紙 Photo:art space co-jin アートと障害のアーカイブ・京都
《路地を通り抜けると》2015 カッティングシート、ラインテープ、点字シール、シール、アクリル板 制作協力:アトリエみつしま
Photo:art space co-jin アートと障害のアーカイブ・京都

光島貴之 MITSUSHIMA Takayuki
 1954年京都生まれ。ラインテープやカッティングシート、釘、布などを素材としたコラージュによって、主に平面や半立体の絵画作品を制作し、長年、「さわる絵画」や「触覚コラージュ」といった新たな表現手法を探求してきた。国内外での展覧会参加が多数ある他、2020年1月にギャラリー兼自身のアトリエとして「アトリエみつしま」をオープンし、触覚に着目したワークショップの実施やグループ展の企画などを精力的に行っている。
協力:株式会社高尾木材工業所

Photo:守屋友樹

光島貴之滞在制作・展示 GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる-
会 期 2022年8月9日(火)〜9月25日(日)
滞在制作 8月9日~11日、8月16日~18日、8月23日~25日
※作家滞在制作中は外からご覧いただくことはできますが、一般入場はできません。
一般公開 8月12日~14日、8月19日~21日、8月26日~9月25日
開場時間 11:00-18:00
休館日 月曜日(ただし9月19日は開館)、9月20日(火)
会 場 東京都渋谷公園通りギャラリー 交流スペース
入場料 無料
主 催 (公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー
ウェブサイト https://inclusion-art.jp/s/machinokimenifureru

一般公開の期間にできること
 滞在制作中の記録映像やそこに残る制作の痕跡を感じとり、作家やほかの参加者とのコラボレーションにぜひご参加ください。
・会場では作品をさわってご鑑賞いただけます。作品の性質上、過度な力を加えると壊れてしまうので、やさしく触れてみてください。
・会場の特設の壁面に、作家の使用する素材(ラインテープやカッティングシート、釘)を使って、滞在制作中の作品づくりにご参加いただけます。

注意事項
会場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記についてのご理解ご協力をお願いいたします。
・マスクの着用、手洗いや手指消毒にご協力ください。
・風邪症状がある方、検温により37.5℃以上の方のご入館はお断りいたします。
・室内が混雑している場合は、入室をお待ちいただくとがあります。

住所東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F
TEL03-5422-3151
WEBhttps://inclusion-art.jp/
開館時間11:00 〜 19:00
休み*1月曜日
ジャンル*2アール・ブリュット、現代美術、イベント
入場料無料
アクセス*3東急東横線・田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線 渋谷駅B1出口より徒歩5分
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・京王井の頭線・東京メトロ銀座線 渋谷駅ハチ公改札口より徒歩8分
収蔵品 
*1 このほかに年末年始・臨時休業あり *2 空欄はオールジャンル  *3 表示時間はあくまでも目安です

東京都渋谷公園通りギャラリー

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、マスクの着用・検温・手の消毒にご協力いただきますよう、お願いいたします。

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)