空蓮房

空蓮房

 2006年9月11日、長応院境内にオープンした瞑想ギャラリー「空蓮房」。一人しか入室できない小部屋のなかで、アーチストと鑑賞者の間に、仏教と芸術と現代をつなぐ一点を見いだしてもらいたいという。(注意:年間2〜3回の企画展のみ開廊。期間中はメールでの事前予約制で、入場料は決まっていないが賽銭制となっている)

空蓮房

住所東京都台東区蔵前4-17-14 長応院内
TEL 
WEBhttps://kurenboh.com
営業時間*1各イベントで異なります
休み*2土、日、月、火
ジャンル*3仏教哲学を軸とした写真を中心とした現代美術
アクセス*4蔵前駅A0出口より徒歩5分、大江戸線蔵前駅A5出口より徒歩5分
取扱作家 
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術には、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

地図で探す