May 2021

Month
並べ替え
【The Evangelist of Contemporary Art】10年の後―水戸芸術館で「3.11とアーティスト:10年目の想像」展を観る(後編)

【The Evangelist of Contemporary Art】10年の後―水戸芸術館で「3.11とアーティスト:10年目の想像...

1515 views
※ブログ前編はこちら 展覧会から最近・最新の作品も観ておこう。大震災後の復旧と復興は、町や田舎の風景を一変させた。その変貌の様を、前述の小森+瀬尾は「二重のまち」と冠した。 加茂昂は、絵画(49~55)の厚塗りの絵の具の窪みにぽっかり開いた穴のような立看板(56)で、それを見事にネガティヴに浮かび上がらせた。佐竹真紀子...Read More

【ウィークリー!告知まとめ版】コロナに振り回される日々。5月29日〜6月4日 展覧会・イベント・アート情報ピックアップ!

 東京オリンピックは7月23日(金)が開会式だ。あと2ヶ月弱だ。ところが9都道府県の緊急事態宣言は6月20日まで延長される。 それに合わせて美術館やギャラリーやイベントは、軒並み中止になったり休館になったり会期が変更になったり、情報を流すこちらもテンテコ舞いだ。。。 飲食業にかかわらず、美術界もインバウンドはなくなり、...Read More
NANZUKA UNDERGROUND(渋谷区神宮前)

NANZUKA UNDERGROUND(渋谷区神宮前)

 NANZUKAは、UNITED ARROWS原宿本店にほど近い神宮前3丁目に新しいフラッグシップ・ギャラリー、NANZUKA UNDERGROUND を2021年6月にオープンした。本ギャラリーは、中村哲也によるカスタムペイントを全面的に施した外壁に空山基のロゴを冠している。また、渋谷PARCO 2階にNANZUKA...Read More
SH GALLERY (渋谷区神宮前)

SH GALLERY (渋谷区神宮前)

 SH GALLERYは2015年、銀座にオープンし、2021年、”ウラハラ”と呼ばれる、表参道、原宿エリアに移転したコンテンポラリーアートギャラリーだ。実力のある、国内及び海外のアーティストの作品を扱い、東京アートフェアなど、多数のアートフェアに参加し、注目すべきアーティストを国内または海外に精力的に紹介している。h...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】世界は、0と1で二分化されていく!5月22日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】世界は、0と1で二分化されていく!5月22日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 東京も梅雨入りで雨が多い季節になった。東京オリンピックまであと二ヶ月あまり。開催するのか? てか、ほんとにできるのか? ところで現代アートは、バブルなのか。そもそも世界的に見たら市場が小さすぎてバブルではないという意見もある。 今日、ウラハラ(原宿)を歩いていたら、なんとNANZUKA UNDERGRANDの看板を掲...Read More
ギャルリーためなが 東京店(銀座)

ギャルリーためなが 東京店(銀座)

  1969年に東京・銀座、1971年にはパリ、大阪に開廊。パリの画廊が50周年を迎えた2021年3月23日、新たに京都店を開廊。創業当初より、ピカソやシャガールなどの西洋絵画の名匠を扱うとともに、現代フランスの代表作家を独占契約にて紹介。近年では、日本を含めアジアや欧米の世界各地に視野を広げ、具象から抽象、リアリズム...Read More
ホワイトストーンギャラリー銀座新館(銀座)

ホワイトストーンギャラリー銀座新館(銀座)

  1967年に東京の中心・銀座に開廊して以来、ホワイトストーンギャラリーは、世界で戦えるアートギャラリーとしての地位を確立してきました。日本の銀座、軽井沢だけでなく、世界的なギャラリーが軒を連ねるアート・コンプレックス・香港 HK H Queen’sや、台湾には建築家・隈研吾氏デザインによる画廊を有し、国内...Read More
ソウルの夜景

【World Music Explore】お隣の国

626 views
写真:ソウル 光化門 by 源五郎さん(Photo AC)  お隣の国といえば、なぜか中国ではなく、韓国や台湾を思い浮かべてしまうのは僕だけだろうか? その韓国も近くて遠い国の一つであろう。なにせ、マスメディアによって紹介されている政治的な事情を含んだ部分がとても多いからである。また、韓流ドラマやK-POPの影響でそう...Read More
【The Evangelist of Contemporary Art】10年の後―水戸芸術館で「3.11とアーティスト:10年目の想像」展を観る(前編)

【The Evangelist of Contemporary Art】10年の後―水戸芸術館で「3.11とアーティスト:10年目の想像...

1047 views
 久しぶりに水戸芸術館(1~3)を訪れた。 久しぶりというのは、ここ2、3年当館で行われる企画展に魅力的なタイトルやテーマ、そして興味深い作品がないと思われたからである。東京から2時間の近さとはいえ、それなりの交通費を払って観たいと欲する展覧会でないと、なかなか触手は動かない。実際に鑑賞していないのでそう断言する資格は...Read More
【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

【ウィークリー!告知まとめ版】いいものはいい!5月15日〜ピックアップした展覧会・イベント・アート情報!

 GWも終わったのですが、もう何年もカレンダー通りの生活をしていないので、はぁ、という感じです。 巷は、東京オリンピックの開催の可否をめぐってかんかんがくがく、コロナ感染拡大、緊急事態宣言延長やらでひっちゃかめっちゃか。(表現が古い) それにもかかわらず現代アートブームは続いているそうで、アートフェアの売り上げはレコー...Read More
OGU MAG(荒川区東尾久)

OGU MAG(荒川区東尾久)

 OGU MAGは職人が多く住む下町、東京都荒川区東尾久にできた ギャラリー、企画展、貸し展示を行うスペースです。現代アート、写真、絵画、立体、工芸などの展示やワークショップを通じて、 地域の中での芸術のありかたを考える様々な人の交流の場、「ものづくり」を間近に感じられる場であることを目指しています。OGU MAGは築...Read More

東京ステーションギャラリー(千代田区丸の内)

 東京ステーションギャラリーは、1988年から東京駅丸の内駅舎内で活動を続ける美術館です。開館以来、駅舎の構造を露わにしたレンガ壁の展示室と、ユニークな展覧会で親しまれています。 東京駅丸の内駅舎は1914年の創建当時、鉄骨煉瓦造りの3階建てでした。戦後、2階建てに復興されましたが、2007年から2012年にかけて行わ...Read More
【Physical Expression Criticism】いまも続くアンデパンダン展~1~

【Physical Expression Criticism】いまも続くアンデパンダン展~1~

3404 views
アンデパンダン展と戦後 アンデパンダンというと、読売アンデパンダン展が有名である。読売新聞の海藤日出男が企画して、1949(昭和24)年から1963年に、東京上野の東京都美術館で毎年開催された。現在の東京都美術館になる前のことだ。 それが美術史に残っているのは、1960年にネオダダ・オルガナイザーズを結成する赤瀬川原平...Read More