南天子画廊

南天子画廊
© 上野則宏


 南天子画廊は、1960年「瀧口修造展」を開廊記念展としスタート。60年代から日本の現代美術画廊の先駆的存在を担っている。同じビルの2階にArt Space Kimura ASK? 、地下には、ASK?P(アスク・ピー)もある。

展覧会情報

9月28日(月)~ 10月24日(土)箱嶋泰美 “Still” 新作油彩
11月6日(金)~ 12月12日(土)(予定)岡﨑乾二郎

住所東京都中央区京橋3-6-5木邑ビル1F
TEL03-3563-3511
WEBhttp://www.nantenshi.com/
営業時間*111:00 〜 18:00
休み*2日、 祝
ジャンル*3現代美術
アクセス*4東京メトロ京橋駅1出口、または宝町駅出口4より徒歩1分
取扱作家http://nantenshi.com/artists/
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 現代美術は、彫刻、インスタレーション、ミクストメディア作品、オブジェなども含まれます *4 表示時間はあくまでも目安です 【注】ギャラリーは入場無料ですが、イベントにより料金がかかる場合があります

南天子画廊

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)