群馬音楽センター

群馬音楽センター

 昭和36年に完成後、高崎市の文化のシンボルとして輝き続けている群馬音楽センターは、日本の近代建築に大きな影響を与えた巨匠アントニン・レーモンド氏が設計を手がけました。その独特な外観は、折板構造(不整形折面架板構造)によるもので、内部は地下1階・地上2階で構成されています。1932席あるホールは、コンサートホールとしてはもちろん、日本の伝統芸術である歌舞伎や能、さらに世界各国の劇団によるオペラ、バレエなどが上演され、高崎市民のみならず多くの人々に、今なお親しまれています。(ホームページより)

住所群馬県高崎市高松町28-2
TEL027-322-4527
WEBhttp://www.takasaki-foundation.or.jp/center/
ジャンル*1吹奏楽、和太鼓、講演会等の利用に適したホールです
アクセス*2高崎駅西口より徒歩10分
収容人数1932席
演目・上演時間・料金などは各イベントにより異なりますので、サイト、もしくは直接、施設にお問い合わせください。*1 空欄はイベントにより異なります *2 表示時間はあくまでも目安です

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)