文学

Tagged
並べ替え
展覧会キービジュアル

W’UP★6月11日~7月27日 磯村暖 展『恐竜は人間に進化しませんでした』 ソーシャルイシューギャラリー&カフェ SIG...

磯村暖 展『恐竜は人間に進化しませんでした』会 場 SIGNAL(東京都港区虎ノ門1丁目2-11 The ParkRex TORANOMON 1F)開催日 2024年6月11日(火)~7月27日(土)営業時間  火~金曜日カフェ&ギャラリー 11:00~23:00(18:00以降はバータイム) 土曜日   11:00〜...Read More
展覧会ポスター

W'UP★4月27日~9月1日 伊藤潤二展 誘惑 世田谷文学館(世田谷区南烏山)

メインビジュアル2024年4月27日(土)~9月1日(日)伊藤潤二展 誘惑 本展は、漫画家・伊藤潤二初の大規模な個展として、自筆原画やイラスト、絵画作品を展示します。デビュー作品の『富江』をはじめ、『うずまき』『死びとの恋わずらい』『双一』などのシリーズ漫画のほか、『首吊り気球』『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』...Read More
製作中のアーティストモノクロ写真

W'UP! ★4月20日~6月30日 企画展 吉田克朗展―ものに、風景に、世界に触れる/コレクション展 斎藤義重という起点―世界と交差す...

〈触〉制作風景 1989年(撮影:馬場直樹) ©The Estate of Katsuro Yoshida / Courtesy of Yumiko Chiba Associates2024年4月20日(土)~6月30日(日)企画展 吉田克朗展―ものに、風景に、世界に触れる 多摩美術大学で斎藤義重に学んだ吉田克朗(19...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP★4月20日~6月23日 中島みゆき展 「時代」2024 めぐるめぐるよ時代は巡る 角川武蔵野ミュージアム(所沢市東所沢)

展覧会キービジュアル2024年4月20日(土)~6月23日(日)中島みゆき展 「時代」2024 めぐるめぐるよ時代は巡る 本展覧会では、デビューから今日までの中島みゆきの活動を歩きながら散策できる、巨大な「みゆきストリート」を制作します。懐かしいレコード盤をイメージした空間演出の施された会場内で、自分だけの中島みゆきを...Read More
慶應義塾大学部文学科卒業記念写真

W'UP! ★4月13日~6月30日 特別展「教室に立った鴎外先生」/7月5日(金)~10月6日(日) コレクション展「鴎外の『意地』の...

「慶應義塾大学部文学科卒業記念」明治30(1897)年前列中央から福澤諭吉、ロイド(文学科主任)そして右端鴎外2024年4月13日(土)~6月30日(日)特別展「教室に立った鴎外先生」 春、新たな学びの季節です。2024年度・春の特別展では、教育者としても活躍した森鴎外をご紹介いたします。 文豪・森鴎外は、1881(明...Read More
イベントバナー

W'UP! ★4月13日(土)・14日(日) DE-SILO EXPERIMENT 2024 WALL&WALL / OMOT...

2024年4月13日(土)・14日(日)DE-SILO EXPERIMENT 2024 小説から音楽、映像、メディアアートまで。研究者とアーティストのコラボレーションにより、研究知を起点に「生の実感とリアリティ」を探る2日間 人文・社会科学分野の4人の研究者が「いま私たちはどんな時代を生きているのか」を考えるための研究...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP!★2023年12月16日~4月14日 テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』/1月10日~4月14日 大佛次...

2023年12月16日(土)~2024年4月14日(日)テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』 横浜・港の見える丘公園内の大佛次郎記念館では、横浜生まれの作家・大佛次郎(1897-1973)と、多彩な活躍をした画家・木村荘八(1893-1958)が組んだ小説と挿絵の仕事と、2人の交友を紹介するテーマ展...Read More
美術館外観

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)(江戸川区南葛西なぎさ公園内)

 東京都江戸川区の「なぎさ公園」内に、2023年11月3日(金・祝)にオープンした「魔法の文学館」(江戸川区角野栄子児童文学館)は、『魔女の宅急便』の作者として知られる区ゆかりの児童文学作家・角野栄子さんの作品の世界観をイメージした、大好きな本に出合える東京都江戸川区の「なぎさ公園」内の施設です。 魔法の文学館は、角野...Read More
魔女のぬいぐるみ人形

W'UP★ 11月3日~2024年4月8日 第1回 企画展「魔女まじょ展」 魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)(江戸川区南葛西な...

2023年11月3日(金・祝)~2024年4月8日(月)第1回 企画展「魔女まじょ展」見どころ 「魔女まじょ展」の見どころは、栄子さんの魔女の研究の軌跡が一目で伝わるような展示動線。魔女が飛び回り、あちらこちらに”魔女の家”を感じさせるアイテムが置かれたギャラリーを1周すると、今まで遠い世界にいた魔女が身近に感じられる...Read More
世田谷文学館(世田谷区南烏山)

世田谷文学館(世田谷区南烏山)

  世田谷文学館は、「世田谷固有の文学風土を保存・継承し、まちづくりの活性化に寄与することをめざす文学館」、「区民の文化交流の場と機会をつくりだし、新たな地域文化創造の拠点をめざす文学館」を基本理念として、1995年に東京23区では初の地域総合文学館として開館しました。 ライブラリー“ほんとわ”は、幅広い世代...Read More
文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木)

文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木)

 鴎外は明治25(1892)年に30歳で文京区千駄木に居を構え、亡くなる大正11(1922)年まで30年に渡り家族と共に暮らしました。 団子坂(別名:汐見坂)上に位置し、家の二階から東京湾が見えたことから、鴎外により観潮楼と名付けられました。  観潮楼は火災、戦災などにより現存しませんが、跡地は昭和25(1950)年に...Read More
新宿区立林芙美子記念館(新宿区中井)

新宿区立林芙美子記念館(新宿区中井)

 この建物は『放浪記』『浮雲』などの代表作で知られる作家・林芙美子が、昭和16年(1941)8月から昭和26年(1951)6月28日にその生涯を閉じるまで住んでいた家を保存、公開。山口文象設計により、数寄屋造りの京風の特色と、民家風のおおらかさをあわせもった設計になっている。また茶の間や風呂や厠や台所に神経を注いだ、こ...Read More
大佛次郎記念館

大佛次郎記念館

【横浜ゆかりの作家大佛次郎の業績と生涯を紹介】横浜に生まれ横浜舞台にした作品を多く描いた作家大佛次郎。開化小説の「霧笛」「幻燈」、ノンフィクション「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」、時代小説「鞍馬天狗」など幅広い著作は、今も多くの人々を魅了し続けています。代表作のひとつ「霧笛」ゆかりの地に建つ当館では、その業績と生涯を、原稿、...Read More