文学

Tagged
並べ替え
展覧会キービジュアル

W’UP!★2023年12月16日~4月14日 テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』/1月10日~4月1...

2023年12月16日(土)~2024年4月14日(日)テーマ展示『大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫』 横浜・港の見える丘公園内の大佛次郎記念館では、横浜生まれの作家・大佛次郎(1897-1973)と、多彩な活躍をした画家・木村荘八(1893-1958)が組んだ小説と挿絵の仕事と、2人の交友を紹介するテーマ展...Read More
芥川龍之介「或阿呆の一生 三十四 色彩」草稿

W'UP! ★2月10日~4月7日 芥川龍之介と美の世界 二人の先達―夏目漱石、菅 虎雄/コレクション展 木茂(もくも)先生と負翼童子 ...

芥川龍之介 「或阿呆の一生 三十四 色彩」 草稿 1927年 山梨県立文学館 ※1期2024年2月10日(土)~4月7日(日)芥川龍之介と美の世界 二人の先達―夏目漱石、菅 虎雄 「羅生門」「鼻」「蜘蛛の糸」をはじめとする数々の名作を世に送り出し、今もなお幅広い世代に愛される小説家・芥川龍之介(1892–1927)。芥...Read More
長原孝太郎「残菊」

W'UP! ★1月19日~4月7日 コレクション展 近所のアトリエー動坂の画家・長原孝太郎と鴎外 文京区立森鷗外記念館(文京区千駄木)

長原孝太郎「残菊」制作年不詳2024年1月19日(金)~4月7日(日)コレクション展近所のアトリエー動坂の画家・長原孝太郎と鴎外文学とアートが楽しめる展覧会です! 鴎外が文京区に暮らした明治20年代から大正期、区内には文学者だけでなく、多くの美術家も暮らしていました。鴎外の居宅・観潮楼(現・当館)のほど近くにアトリエを...Read More
二人の裸婦が横たわる作品

W'UP★12月2日~2024年4月8日 角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄―15 ㎝×15 ㎝の宇宙―書 角川武蔵野ミュー...

 髙山辰雄《裸婦》 1948年 公益財団法人 角川文化振興財団蔵2023年12月2日(土)~2024年4月8日(月)角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄―15 ㎝×15 ㎝の宇宙―当館が所蔵する約160枚の髙山辰雄作品とともに、彼が絵に込めた思いを解き放つ 髙山辰雄は、伝統的な日本画の技法を用いて作品を制作し...Read More
美術館外観

魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)(江戸川区南葛西なぎさ公園内)

 東京都江戸川区の「なぎさ公園」内に、2023年11月3日(金・祝)にオープンした「魔法の文学館」(江戸川区角野栄子児童文学館)は、『魔女の宅急便』の作者として知られる区ゆかりの児童文学作家・角野栄子さんの作品の世界観をイメージした、大好きな本に出合える東京都江戸川区の「なぎさ公園」内の施設です。 魔法の文学館は、角野...Read More
魔女のぬいぐるみ人形

W'UP★ 11月3日~2024年4月8日 第1回 企画展「魔女まじょ展」 魔法の文学館(江戸川区角野栄子児童文学館)(江戸川区南葛西な...

2023年11月3日(金・祝)~2024年4月8日(月)第1回 企画展「魔女まじょ展」見どころ 「魔女まじょ展」の見どころは、栄子さんの魔女の研究の軌跡が一目で伝わるような展示動線。魔女が飛び回り、あちらこちらに”魔女の家”を感じさせるアイテムが置かれたギャラリーを1周すると、今まで遠い世界にいた魔女が身近に感じられる...Read More
展覧会ポスター

W'UP★9月30日~2024年2月4日 江口寿史展 ノット・コンプリーテッド 世田谷文学館(世田谷区南烏山)

展覧会ポスター画像2023年9月30日(土)~2024年2月4日(日)江口寿史展 ノット・コンプリーテッド 江口寿史が見つめる先には一体何があるのか、 これから描こうとするものは何か。 『すすめ!!パイレーツ』『ストップ!!ひばりくん!』ほか強烈なギャグマンガで人気を博し、80年代から現在に至るポップカルチャーの象徴と...Read More
展覧会告知バナー

W'UP★6月9日~6月30日 忌野清志郎 魂の言葉展「君だけに書いてる手紙」 TSUTAYA BOOKSTORE恵比寿ガーデンプレイス...

 2023年6月9日(金)~6月30日(金)忌野清志郎 魂の言葉展「君だけに書いてる手紙」」 200点を超える「ことば」と貴重な未発表写真、直筆ノートのイメージショットを含む20点以上の写真を展示します。 不世出のバンドマンでありながら、詩人や画家そしてサイクリストでもあった忌野清志郎。 没後14年を経た今も...Read More
世田谷文学館(世田谷区南烏山)

世田谷文学館(世田谷区南烏山)

  世田谷文学館は、「世田谷固有の文学風土を保存・継承し、まちづくりの活性化に寄与することをめざす文学館」、「区民の文化交流の場と機会をつくりだし、新たな地域文化創造の拠点をめざす文学館」を基本理念として、1995年に東京23区では初の地域総合文学館として開館しました。 ライブラリー“ほんとわ”は、幅広い世代...Read More
文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木)

文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木)

 鴎外は明治25(1892)年に30歳で文京区千駄木に居を構え、亡くなる大正11(1922)年まで30年に渡り家族と共に暮らしました。 団子坂(別名:汐見坂)上に位置し、家の二階から東京湾が見えたことから、鴎外により観潮楼と名付けられました。  観潮楼は火災、戦災などにより現存しませんが、跡地は昭和25(1950)年に...Read More
新宿区立林芙美子記念館(新宿区中井)

新宿区立林芙美子記念館(新宿区中井)

 この建物は『放浪記』『浮雲』などの代表作で知られる作家・林芙美子が、昭和16年(1941)8月から昭和26年(1951)6月28日にその生涯を閉じるまで住んでいた家を保存、公開。山口文象設計により、数寄屋造りの京風の特色と、民家風のおおらかさをあわせもった設計になっている。また茶の間や風呂や厠や台所に神経を注いだ、こ...Read More
大佛次郎記念館

大佛次郎記念館

【横浜ゆかりの作家大佛次郎の業績と生涯を紹介】横浜に生まれ横浜舞台にした作品を多く描いた作家大佛次郎。開化小説の「霧笛」「幻燈」、ノンフィクション「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」、時代小説「鞍馬天狗」など幅広い著作は、今も多くの人々を魅了し続けています。代表作のひとつ「霧笛」ゆかりの地に建つ当館では、その業績と生涯を、原稿、...Read More