図書館

Tagged
並べ替え
展覧会バナー

W’UP!★3月9日~3月12日 2023年度 武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程卒業制作展 武蔵野美術大学 美術館・図...

2024年3月9日(土)~3月12日(火)2023年度 武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程卒業制作展 本学通信教育課程には、高等学校の卒業生や社会人、主婦、生涯学習を目的とした方など、多様な学生が在籍し、通信授業課題、面接授業(スクーリング)、メディア授業(オンライン)等、さまざまな方法にて学んでいます。 学びの集...Read More
展覧会キービジュアル

W'UP★1月11日〜3月25日 しあわせ招くネコのカタチ展 国立新美術館 SFT GALLERY(港区六本木)

2024年1月11日(木)〜3月25日(月)しあわせ招くネコのカタチ展 かわいいポーズでしあわせ招く縁起物として、古くから親しまれてきた「招き猫」。本展では、日本を代表するやきものの産地 瀬戸市で長きにわたり招き猫を製造してきた中外陶園が、その愛すべきカタチの秘密を紐解きます。中外陶園が手がける数々の招き猫や、本展の開...Read More
イベントチラシ

W'UP★12月9日~2024年3月6日 東京都立中央図書館50周年記念企画展示 「図書館の図書館展」 東京都立中央図書館(港区南麻布)

2023年12月9日(土)~2024年3月6日(水)東京都立中央図書館50周年記念企画展示「図書館の図書館展」 東京都立中央図書館が、1973年に開館して、2023年で50周年! 開館50周年を記念して「図書館の図書館展」を実施します。 都立中央図書館の50年間の歴史、「図書館の図書館」としての仕事、東京都内にあるたく...Read More
二人の裸婦が横たわる作品

W'UP★12月2日~2024年4月8日 角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄―15 ㎝×15 ㎝の宇宙―書 角川武蔵野ミュー...

 髙山辰雄《裸婦》 1948年 公益財団法人 角川文化振興財団蔵2023年12月2日(土)~2024年4月8日(月)角川武蔵野ミュージアムコレクション展 髙山辰雄―15 ㎝×15 ㎝の宇宙―当館が所蔵する約160枚の髙山辰雄作品とともに、彼が絵に込めた思いを解き放つ 髙山辰雄は、伝統的な日本画の技法を用いて作品を制作し...Read More
展覧会バナー

W'UP★7月11日~2024年1月8日 トンコハウスの世界 ~ダム・キーパーからONIまで~ SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ ...

 2023年7月11日(火)~2024年1月8日(月・祝)トンコハウスの世界~ダム・キーパーからONIまで~ ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウが設立したアニメーションスタジオ「トンコハウス」。 ふたりの初監督作品『ダム・キーパー』は、2015年アカデミー賞で短編アニメーション部門に...Read More
展覧会ポスター

W'UP★7月7日~8月6日 江戸東京博物館 館外展示「隅田川-江戸時代の都市風景」 千代田区立日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園)

 2023年7月7日(金)~8月6日(日)江戸東京博物館 館外展示「隅田川-江戸時代の都市風景」 東京都江戸東京博物館は、2022年4月1日より、大規模改修工事実施のため長い休館期間に入りました。休館中の事業の一つとして、長年、博物館同士の交流を続けてきましたソウル歴史博物館と共同で、国際交流展「隅田川-江戸時代の都市...Read More
日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園)

日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園)

 日比谷公園内に位置しています。本を読み・調べる「図書館」と、歴史や多彩な文化情報を展示する「ミュージアム」、さまざまな講座やイベントを行う「カレッジ」が一体となった複合文化施設です。1階の常設展示室では千代田の歴史や文化財、4階の特別研究室では明治大正期の古書に触れることが出来ます。また、カフェやレストランも併設して...Read More
角川武蔵野ミュージアム

角川武蔵野ミュージアム

ⓒ 角川武蔵野ミュージアム  美術・博物・図書をまぜまぜにする、前人未到のプロジェクト。 イマジネーションを連想させながら、リアルとバーチャルを行き来する複合文化ミュージアムです。 運営の柱となるのは、館長である編集工学者の松岡正剛氏、博物学者の荒俣宏氏、芸術学・美術教育の研究者である神野真吾氏、建築家の隈研...Read More
武蔵野美術大学 美術館・図書館(小平市小川町)

武蔵野美術大学 美術館・図書館(小平市小川町)

 1967年に開館した武蔵野美術大学美術資料図書館は2010年に「美術館・図書館」と名称を変更し、大学美術館として美術作品やデザイン資料などの収集と保存、データベースの構築、展覧会の企画、開催、図録の刊行などの活動を行っています。当館が所蔵する約3万点におよぶポスターと、約400点を数える近代椅子など4万点をこえる収蔵...Read More
国立劇場

国立劇場

 主に歌舞伎・文楽など伝統芸能の公演が多い。落語、漫才などさまざまな大衆芸能を上演する国立演芸場が併設されている。また、伝統芸能伝承者の養成や伝統芸能に関する調査研究も行っている。 (さらに…)Read More
菖蒲文化会館(アミーゴ)

菖蒲文化会館(アミーゴ)

 菖蒲文化会館(アミーゴ)では、車椅子でコンサートをお楽しみいただける席を用意しています。他にも会議室、多目的ルーム、展示室などがあり、菖蒲図書館も併設されている。(ホームページより) (さらに…)Read More
国立新美術館(港区六本木)

国立新美術館(港区六本木)

 国立新美術館は、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペース(14,000㎡)を生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館です。 内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、東京に立地する美術館として、「美術」を介して人々...Read More
太田市美術館・図書館

太田市美術館・図書館

 太田市美術館・図書館は、まちに創造性をもたらす、知と感性のプラットフォームとして、太田で育まれてきたものづくりの英知を継承しながら、市民によるこれからのまちづくりの拠点となることを目指しています。 太田の文化・芸術の過去現在を見つめ、未来を創り出す美術事業を市民とともに展開。現代美術を中心に、ユニークな展示室の構成を...Read More
坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)

坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)

 坂東郷土館ミューズは、資料館・図書館の複合施設として平成9年にオープンしました。天体観測ドーム、視聴覚ホールも設置されており、情報収集や学習、交流の場として幅広くご利用いただけます。資料館常設展示では、原始古代から現代に至る坂東市の歴史と文化、特産さしま茶等を紹介しています。日本近代洋画の先駆・二世 五姓田芳柳をはじ...Read More