W'UP!★8月25日~8月28日 サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」  シアター・バビロンの流れのほとりにて

W'UP!★8月25日~8月28日 サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」  シアター・バビロンの流れのほとりにて


2022年8月25日(木)~8月28日(日)
サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」

 パフォーマンスアートの企画等で注目されるサブテレニアンをフランチャイズとするサイマル演劇団と、ポーランド演劇に特化したコニエレニが3年ぶりに合同公演を行います。ポーランドの奇才ゴンブロヴィッチの代表作「コスモス」を舞台化します。
 長年、唐組の看板女優を務めた赤松由美、大駱駝艦出身の舞踏家である阿目虎南らが出演します。10月にはポーランドのインターナショナルゴンブロヴィッチフェスティバルに招聘され、ポーランドツアーが決定。

 小鳥がぶら下がるその軒下には、太陽の光が煌めく。
 言葉が格子状に溢れてくる。

 男は這いつくばって歩いてくる。
 女は唇を曲げ、言葉をこぼしていく。

 狂気が田舎街に満ちている。
 狂気が劇場に満ちている。

 世界と劇場は繋がっている。
 彼/彼女は客席と繋がっている。

 言葉がバラバラと落ちてくる。
 世界は何でできているのか?

 ポーランドの奇才ゴンブロヴィッチの後期の代表作を、狂気の文学の視点から切り込み、いくつかの小説や詩も組み込みながら、舞台化に挑む。

 演劇は物語の叙述ではなく、身体と言語の両立である。ゴンブロヴィッチの意識の流れを、強靭な身体性とともに顕にしていく。

サイマル演劇団+コニエレニ「コスモス/KOSMOS」
原 作 ヴィトルト・ゴンブロヴィッチ
上演台本・演出・美術 赤井康弘
出 演 赤松由美(コニエレニ)葉月結子 阿目虎南(燦然CAMP)竹岡直紀(劇団俳優難民組合)永守輝如
公演日
2022年8月25日(木)19:30〜★
2022年8月26日(金)19:30~
2022年8月27日(土)19:30~
2022年8月28日(日)15:30~
★の回、アフタートークあります。ゲスト 関口時正氏(翻訳家)
劇 場 シアターバビロンの流れのほとりにて(東京都北区豊島7丁目26−19)
アクセス 東京メトロ南北線王子神谷駅徒歩12分
料 金 一般3500円 U-25割 2000円
チケット予約 こりっち https://stage.corich.jp/stage/156449
問い合わせ info@subterranean.jp

照 明 宇野敦子
音響・映像 豊川涼太(街の星座)
衣 装 サイマルお針子団
小道具 串田杢弥(大正直劇団)
舞台監督 田中新一(東京メザマシ団)
写真撮影 関根一秀(株式会社 zotA-project)
宣伝美術 伊東祐輔(おしゃれ紳士)
制 作 サイマル制作団、コニエレニ
協 力 関口時正、東京バビロン
協 賛 アーキペラゴ
後 援 ポーランド広報文化センター
企画・製作 赤井康弘、赤松由美
主 催 サブテレニアン、サイマル演劇団、コニエレニ

​ポーランドツアー決定!
インターナショナルゴンブロヴィッチフェスティバル招聘
2022年10月15日(土)ラドム市民劇場(ラドム)
2022年10月17日(月)コレギウムノビリウム劇場(ワルシャワ)

シアター・バビロンの流れのほとりにて

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)