コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月25日~9月12日 没後20年 まるごと馬場のぼる展 練馬区立美術館

W'UP! ★7月25日~9月12日 没後20年 まるごと馬場のぼる展 練馬区立美術館

2021年7月25日(日)~9月12日(日)
没後20年 まるごと馬場のぼる展
描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!
上:『11ぴきのねことあほうどり』こぐま社、1972年刊
印刷原稿 特色刷り校正用リトグラフ・紙 こぐま社蔵

 

『11ぴきのねことあほうどり』こぐま社、1972年刊
ラフスケッチ ボールペン、色鉛筆・紙 こぐま社蔵
『11ぴきのねことぶた』こぐま社、1976年刊
印刷原稿 特色刷り校正用リトグラフ・紙 こぐま社蔵
『きつね森の山男』こぐま社、1974年刊
印刷原稿 特色摺り校正用リトグラフ・紙 こぐま社蔵
紙ふうせん(小学校5年生時作)1938年 水彩・紙 青森県三戸町蔵

 絵本「11 ぴきのねこ」シリーズで知られる漫画家・馬場のぼる(1927〜2001)を、様々な側面から紹介する展覧会を開催します。
 馬場は青森県三戸町に生まれ、1949年漫画家を目指して上京します。1950年には少年誌でいち早く連載漫画を手がけ、手塚治虫、福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれるほどの人気を博しました。児童漫画界の主流が活劇モノに変化し始めると、大人向けの漫画雑誌に連載しながら、徐々に絵本の世界に活動の場を移します。1967年に刊行された『11 ぴきのねこ』(こぐま社)はロングセラーとなり、現在まで絵本のみならずキャラクターグッズや人形劇など様々な媒体を通し、世代を超えて愛されています。
 馬場は1952年から亡くなるまで約50年間練馬区に居住した、地域ゆかりの作家でもあります。自宅には膨大な日記やスケッチブックが残されていました。これら資料の中からは、街で見かけた人々や庭の花、新作のアイディアなど、日々の視点や試行錯誤の跡が垣間見られます。本展では、絵本や漫画の仕事を紹介するとともに、50年分のスケッチブックや、楽しみのために制作した絵画、立体作品、また交友関係などを紹介し、人としての馬場のぼるにまるごと焦点を当てます。「描いてつくって楽しんだ」一人の漫画家の軌跡をご覧ください。

「ブウタン」『幼年ブック』集英社、1954年掲載
漫画原稿 墨、水彩等・紙 こぐま社蔵
スケッチブック 制作年不詳 水彩、インク・紙 こぐま社蔵

会 場 練馬区立美術館
会 期 2021年7月25日(日)~9月12日(日)
休館日 月曜日(ただし、8月9日(月・休)は開館、8月10日(火)は休館)
開館時間 10:00〜18:00 ※入館は17:30まで
観覧料 一般 1,000円、高校・大学生および65〜74歳 800円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
※一般以外の方(無料・割引対象者)は、年齢等が確認できるものをお持ちください。

住所東京都練馬区貫井1-36-16
TEL03-3577-1821
WEBhttps://www.neribun.or.jp/museum.html
開館時間*110:00 〜 18:00(入室は、17:30まで)
休み*2月曜(祝日は開館、翌日閉館)年末年始(12月29日 ~ 1月3日)展示準備期間
ジャンル*3近代美術、現代美術、日本画、彫刻、工芸、版画
入場料*4展覧会により有料・無料の場合があります。 各展覧会の観覧料については、美術館ホームページをご覧ください。
アクセス*5西武池袋線中村橋駅より徒歩3分
収蔵品http://jmapps.ne.jp/nerima_art/

*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

練馬区立美術館

■コロナ感染拡大防止のための注意事項
こちらをご覧ください。→ https://www.neribun.or.jp/museum_new/detail_m.cgi?id=202005291590743708

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す