コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★10月12日~11月21日 伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」 東京国立博物館 平成館

W'UP! ★10月12日~11月21日 伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」 東京国立博物館 平成館

東京会場チラシビジュアル

2021年10月12日(火)~11月21日(日)
伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」

 2021年は、伝教大師最澄の1200年の大遠忌にあたります。最澄は平等思想を説いた『法華経』に心惹かれ、この教えをいしずえとする天台宗を日本でひろめました。最澄が創建した延暦寺は多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。本展では、延暦寺における日本天台宗の開宗から、東叡山寛永寺を創建して太平の世を支えた江戸時代に至るまでの天台宗の歴史をご紹介します。日本各地で守り伝えられてきた貴重な宝物や、『法華経』の説く万民救済の精神をあらわす文化財を、地域的な特色を示しながらご覧いただきます。秘仏をはじめ、天台の名宝が集う貴重な機会です。(東京の後、九州国立博物館、京都国立博物館に巡回します。)

東京会場の見どころ

1. 寺外初公開を含む天台ゆかりの秘仏が全国から集結
 寺外初公開を含む、天台ゆかりの秘仏が全国から集結します。中でも、展覧会史上初出展となる「慈恵大師 (良源)坐像」(東京・深大寺蔵)は日本最大の肖像彫刻として知られ、本展出品により、205年ぶりの出開帳を果たします。その他にも寺外初公開となる「阿弥陀如来立像」(京都・真正極楽寺(真如堂)蔵)、「薬師如来坐像」 (岐阜・願興寺(蟹薬師)蔵)や「薬師如来立像」(京都・法界寺蔵)もお目見えします。これだけの秘仏が一堂に会するのは、1200年大遠忌の記念展だからこそ実現できることで、本展の大きな特長と言えます。

重要文化財 薬師如来坐像 平安時代・12世紀
岐阜・願興寺(蟹薬師)蔵
重要文化財 薬師如来立像
平安時代・9~10世紀
東京・寛永寺蔵
重要文化財 十一面観音菩薩立像
平安時代・10世紀 兵庫・能福寺蔵
重要文化財 不動明王坐像
平安時代・10世紀 滋賀・伊崎寺蔵

2. 国宝「聖徳太子及び天台高僧像」十幅全てを展示
 国宝「聖徳太子及び天台高僧像」は現存最古の最澄の肖像画を含む、インド・中国・日本の天台ゆかりの人物たちを描いた大変貴重な平安絵画です。全十幅が観覧できるのは東京会場のみとなります。(十幅の同時公開は、11月2日(火)~11月 7日(日)の 6日間限定です。その前後の期間は展示替えを行いながら六幅をご覧いただけます。)

3. 華麗な江戸天台の名宝を紹介
 最澄は、比叡山を拠点に『法華経』の教えを実践し、その功徳をひろく分かち合うために、天台宗の全国展開を計画し、自身も東国へ教化の旅に出ました。東京会場では、東国を中心に全国に浸透した天台宗の精華をご覧いただきます。また、東京国立博物館のある上野は、「東の比叡山」寛永寺の所在地です。江戸時代、徳川家の庇護のもと生み出された華麗な江戸天台の名宝にもご注目ください。

重要文化財 紺紙金銀交書法華経 八巻のうち巻第七(部分)
平安時代・11世紀 滋賀・延暦寺蔵
重要文化財 慈眼大師(天海)坐像 康音作
江戸時代・寛永17 年(1640) 栃木・輪王寺蔵

4. 最澄自筆の書状や書跡も公開
 現存する唯一の最澄自筆の手紙「尺牘(久隔帖)」も展示。当時空海のもとにいた愛弟子・泰範に宛てたもので、謹直な文字に最澄の人柄がうかがえます。本作品は、東京会場でのみ 10月12日(火)~10月31日(日)に展示されます。本展では、こうした最澄自筆の書跡やゆかりの名宝を通じて、波乱に満ちた最澄の足跡をたどります。

国宝 尺牘(久隔帖) 最澄筆
平安時代・弘仁 4 年(813) 奈良国立博物館蔵
展示期間:10月12日(火)〜10月31日(日)

5.  比叡山延暦寺の総本堂「根本中堂」の一部を会場で再現
 「根本中堂」とは、比叡山延暦寺の総本堂であり、最澄が建てた草庵に始まります。内陣の中央には最澄自作と伝える秘仏薬師如来像と最澄が灯して以来消えたことのない「不滅の法灯」が安置されています。秘仏本尊、「不滅の法灯」と参拝者が同じ高さに位置するという、仏堂としてはきわめて珍しい構造となっており、誰もが仏になれるという『法華経』の精神を体感することができます。展覧会会場では、堂内の様子を部分的に再現する予定です。

延暦寺 根本中堂 内観

 

伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
会 期
 2021年10月12日(火)~11月21日(日)
会 場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30~17:00
休館日 月曜日
観覧料金
前売日時指定券 一般 2,100円、大学生 1,300円、高校生 900円
当日券 一般 2,200円、大学生 1,400円、高校生 1,000円

(注)本展は混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたって、すべてのお客様は日時指定券の予約が必要です。「前売日時指定券」、「当日券」の詳細は展覧会公式サイトのチケットページでご確認ください。
(注)ご予約不要の「当日券」を会場にて若干数ご用意しますが、ご来館時、「当日券」は販売終了している可能性があります。
(注)会期中、一部作品の展示替えを行います。
(注)中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料。ただし、オンラインでの「日時指定券」の予約が必要です。入館の際に学生証、障がい者手帳等をご提示ください。
(注)特別展観覧料で、特別展ご観覧の当日に限り総合文化展(「イスラーム王朝とムスリムの世界」を含む)もご覧いただけます。ただし、総合文化展の混雑状況によっては、入場をお待ちいただく場合があります。総合文化展の日時指定券をご予約いただく必要はありません。
(注)「春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46」は別途事前予約(日時指定券)および観覧料が必要です。
展覧会公式サイト https://saicho2021-2022.jp/
巡回情報:九州国立博物館(2022年2月8日~3月21日)、京都国立博物館(2022年4月12日~5月22日)

住所東京都台東区上野公園13-9
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.tnm.jp/
開館時間*19:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休み*2月曜日(祝日または休日の場合は開館、翌平日に休館)、12月14日(火)、年末年始(2021年12月26日(日)~2022年1月1日(土・祝))、2022年1月4日(火)。ゴールデンウィーク期間とお盆期間中は、原則として無休。その他臨時に休館することがあります。
ジャンル*3考古学、歴史、日本の文化全般
入場料*4大人1000円、大学生500円、特別展は別料金 ※来館には、オンラインによる事前予約(日時指定券)が必要です
アクセス*5JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口より徒歩10分
収蔵品https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=95
*1 特別展の開館時間は、別途ご確認ください *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

東京国立博物館

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)