コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★12月7日~2022年1月30日 ザ・フィンランドデザイン展—自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム

W'UP! ★12月7日~2022年1月30日 ザ・フィンランドデザイン展—自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム

本展宣伝ビジュアルA(オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》、セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイル》、
アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》)

2021年12月7日(火)~2022年1月30日(日)
ザ・フィンランドデザイン展—自然が宿るライフスタイル

 豊かな自然と美しいデザインの宝庫、フィンランド。
 この国で長く使い続けられているプロダクトの数々は、「大いなる自然を忘れない」という思想に裏付けられています。
 そのようなデザインに囲まれたフィンランドの人々は、大地からの恩恵を生活に取り入れるライフスタイルを愛してきました。1930年代から70年代にかけて、今も広く知られるデザイナー、建築家、アーティストたちが登場し、彼らの活躍によって今日まで続くフィンランドデザインが確立されましたが、彼らのインスピレーションの源は、やはりこの国に広がる豊かな自然でした。本展では、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画などもあわせて展示。
 約250点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みをご紹介します。北欧人気の核をなすのが、そのライフスタイル。幸福度世界一*のカギを握るその本質に焦点を当て、自然が息づくデザインプロダクトの秘密を紐解きます。自然とともに生きる暮らしのなかで生まれた、フィンランドの人々の豊かな発想力と彩りにあふれる世界をお楽しみください。
*フィンランドは2018年から2021年まで世界幸福度ランキング4年連続世界一位。国連の「世界幸福度調査」による。

見どころ

01 フィンランドデザインの源泉と歴史を辿るストーリー
02 50人以上のデザイナー、アーティストが勢ぞろい
03 本国でも集結困難!? フィンランド津々浦々からやってきた多彩な作品群を一挙ご紹介

INTRODUCTION
フィンランドへようこそ!自然の魅力あふれる写真とポスター
 フィンランドの四季折々を捉えた美しい写真の数々と、自然の魅力を伝える観光ポスターで、フィンランドデザインの世界へ誘います。

撮影者不詳《プンカハルユ(フィンランド)》1940-1959年、
フィンランド国立写真美術館蔵

CHAPTER1
有機的曲線が描くフォルム 自然が織りなす美の傑作
 芸術家たちにインスピレーションを与え続けるフィンランドの自然。とりわけ森は大事なテーマであり、そこで培われた木々はデザインを形づくる素材そのものでもありました。フィンランドデザインを象徴する有機的フォルムは、ここに原点を見出すことができます。

アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》1936年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin

CHAPTER2
機能的なフォルム -研ぎ澄まされた実用美の世界、ロングセラーの秘密
 大量生産と実用性をキーワードとする機能主義から生まれたシンプルかつ合理的なデザイン。フィンランドの家庭や生活様式に変化をもたらし、人々の暮らしの質を向上させたプロダクトは、今も愛され使い継がれています。

アルヴァ・アアルト《キャンチレバーチェア31(現:42アームチェア)/パイミオサナトリウム竣工時のオリジナル製品》1931年、木工家具・建築設備社(トゥルク)、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin

CHAPTER3
フィンランドデザインの黄金時代を築いた挑戦的フォルム
 フィンランドデザインの「黄金時代」と表現された1950年代、合理的な機能主義から離れた独自のデザインが花開きました。その美しいラインと抽象的で有機的なフォルムがトリエンナーレなどの国際的な舞台で絶賛され、世界的に名声を高めたこの快挙が国民の自尊心を大きく鼓舞します。

カイ・フランク《「BAキルタ」カップ&ソーサー他》1952-1975年、アラビア製陶所、ヘルシンキ市立博物館蔵、Photo/Yehia Eweis

CHAPTER4
テキスタイルに活かされた絵画的なパターンと装飾
 家庭用テキスタイルの需要が飛躍的に高まった戦後、フィンレイソン社やタンペッラ社等の老舗と、当時新興のマリメッコ社は、競いあってモダンなテキスタイルを生産、輸出するようになります。伝統的な絵柄だけでなく、同時代の絵画や工芸にも刺激された革新的なパターンも生まれました。

セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》1966年、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵
マイヤ・イソラ《カンムリカイツブリ》1961年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/RaunoTräskelin

CHAPTER5
暮らしの中のモダンデザイン
私らしさを探して ―心ときめく暮らしのヒント
 近代的な消費社会を迎えた1960年代、人々は自分独自のスタイルを求め始め、ファッションと広告がより大きな役割を果たすようになります。フィンランドの女性たちにとってモダンライフの良きヒントとなった広告や雑誌、カタログなどが鮮やかな魅力を放ちます。

《PMKコットン広告》1960年代、タッシェル広告社、タンペレ市立歴史博物館蔵、Photo/Saana Säilynoja

CHAPTER6
おもちゃ、絵本、プロダクト…子どものためのデザイン
 一大福祉国家へと成長したフィンランドでは、子どもたちとその未来への希望とともに、子ども向けのプロダクトもより充実していきます。妖精の国ならではのキャラクターも続々登場し、中でもムーミンは世界を夢中にさせました。

カイ・フランク《木製人形(サーカスの団長、女の子)》1940年代、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna(サーカスの団長)

ザ・フィンランドデザイン展—自然が宿るライフスタイル
開催期間 2021年12月7日(火)~2022年1月30日(日)※2022年1月1日(土・祝)のみ休館
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
     毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※会期中の全ての土日祝、および最終週の1月24日(月)~30日(日)は【オンラインによる入場日時予約】が必要となります。
※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性がございます。ご来場の際にはBunkamura HPにて最新情報をご確認ください。
会 場 Bunkamura ザ・ミュージアム
主 催 Bunkamura、産経新聞社、NHK、NHKプロモーション
詳細は決まり次第、Bunkamura ザ・ミュージアムHPにてご案内いたします。

入館料(消費税込)
前売 一般 1,500円
※大学・高校生、中学・小学生は当日券のみの取扱い。(前売券の販売はございません)
当日 一般 1,700円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
※詳細はBunkamura ザ・ミュージアムHPをご確認ください。ご来場の際には、Bunkamura HPにて最新情報をご確認ください。
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示でご本人様とお付添いの方1名様は半額となります。(一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)当日窓口にてご購入ください。
※未就学児は入館無料。
販売期間
前売券 2021年10月1日(金)~12月6日(月)
当日券 2021年12月7日(火)~2022年1月30日(日)
公式ホームページ https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/

住所東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/
開館時間*110:00 ~ 18:00(入館は閉館の30分前まで)※展覧会により異なる場合あり
休み*21/1のみ全館休館 ※その他、イベントにより異なります
ジャンル*3西洋美術、日本美術、写真
入場料*4展覧会により異なります
アクセス*5JR渋谷駅より徒歩7分
収蔵品なし
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

Bunkamura ザ・ミュージアム

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)