コロナ対策のため休館、営業時間の変更、または事前予約が必要な場合があります。ご来場の際は必ずご確認ください。

W'UP! ★7月13日~9月6日 マン・レイと女性たち Bunkamura ザ・ミュージアム

W'UP! ★7月13日~9月6日 マン・レイと女性たち Bunkamura ザ・ミュージアム

2021年7月13日(火)~9月6日(月)
マン・レイと女性たち
【オンラインによる日時予約制】

 

《天文台の時刻に―恋人たち》 1934/1967年 リトグラフ(多色) 個人蔵 / Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

 

《アングルのヴァイオリン》 1924年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵 / Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

 

《リー・ミラー》 1930年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵 / Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

 

 20世紀を代表する万能の芸術家マン・レイ(1890-1976)の人生には多くの女性が登場します。彼は親しい女性たちをモデルにし、特に写真では、ときに優しく甘美で、ときに強く自立的で、ときには神々しいまでに美しい女性像を生み出しました。
 本展ではさまざまな愛と別れ、知的な発見や考察、冒険や遊びを体験していく時間軸をタテ糸に、その時々のミューズとなった「女性たち」をヨコ糸にして、親密で詩的で機知に富んだ作品世界を繰り広げていったこの芸術家を、約150点の写真を中心に、絵画やオブジェなどを加えた250点を超える作品で振り返ります。

本展の見どころ

1 前衛美術のミューズとなった女性たち:
 女性を美しく、同時に客観的な目で捉えた写真家マン・レイ
2 シュルレアリスムとファッション 1920 - 30年代パリのアートとモード:
 マン・レイの新しい「目」と「セ
ンス」
3 遊びとユーモアとエスプリ:
 「万能の人」マン・レイはその自由な「手」で、それらを作品化しつづけた

Man Ray マン・レイ(1890 - 1976)
 フィラデルフィア生まれ。ブルックリンで仕立屋を営む両親のもと、手先の器用な少年は画家になることを志す。ニューヨークでは既存の価値の破壊をめざすダダイストを名のり、芸術活動を開始。1921年にパリ・モンパルナスへ。シュルレアリストたち、社交界の人々と交友し、前衛作家としての活動のかたわら時流に先んじた肖像・ファッション写真家として活躍する。レイヨグラフ、ソラリゼーションなどの写真技法を初めて本格的にとりいれた。第二次大戦中はアメリカへ戻ったが、ふたたびパリへ。画家・オブジェ作家としての名声もやがて確立した。

《カメラをもつセルフポートレート(ソラリゼーション)》1932-35年頃 ゼラチン・シルバー・プリント(ヴィンテージ) 個人蔵 / Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

 

《エロティックにヴェールをまとう(メレット・オッペンハイム)》 1933年 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵 / Photo Marc Domage, Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris / © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

 

《ジュリエット》(作品集『ジュリエットの50の顔』より) 1943年 ゼラチン・シルバー・プリント(ヴィンテージ)コンタクトシート 個人蔵/ Courtesy Association Internationale Man Ray, Paris/ © MAN RAY 2015 TRUST / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2374

9月6日(月)まで全日程【オンラインによる日時予約制】となりました。
(1)入場券を既にご購入済みの方
(2)入場券をこれからご購入の方
(3)招待券・東急株主優待券をお持ちの方
は、入場日時予約が必要となりますので、日時予約サイトにて来館日時をご予約の上お越しいただきますようお願いいたします。
※障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方1名、未就学児はご予約不要です。(会場の混雑状況に応じてお待ちいただく場合がございます。)
※当日、予約枠に空きがある場合は、事前予約なしでもご入館いただけます。(少々お待ちいただく場合がございます)
開催期間 2021年7月13日(火)~9月6日(月)※7/20(火)のみ休館
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※毎週金・土曜日は20:00閉館(入館は19:30まで)
※金・土の夜間開館につきましては、状況により変更になる可能性もございます。
入館料 一般 1,700円(1,500円)、大学・高校生 800円、中学・小学生 500円
※消費税込、( )内は前売料金。大学・高校生、中学・小学生は当日券のみの取扱い。
※未就学児は入館無料。
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示でご本人様とお付き添いの方1名様は半額となります。(一般850円、大学・高校生400円、中学・小学生250円)当日窓口にてご購入ください。
前売券販売期間 2021年4月16日(金)〜7月12日(月)
販売場所 オンラインチケット MY Bunkamura、Bunkamura ザ・ミュージアム、Bunkamura チケットセンター、チケットぴあ
※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性がございます。最新情報はBunkamura HPにて随時ご案内いたしますので、ご来館の際には事前のご確認をお願いいたします。
ホームページ https://www.bunkamura.co.jp/

詳細は下記展覧会トピックスをご参照ください。
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_manray/topics/nichiji.html
今後の状況によって営業内容を変更する場合がございます。
最新の情報はホームページで随時ご案内いたします。
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_manray/

住所東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/
開館時間*110:00 ~ 18:00(入館は閉館の30分前まで)※展覧会により異なる場合あり
休み*21/1のみ全館休館 ※その他、イベントにより異なります
ジャンル*3西洋美術、日本美術、写真
入場料*4展覧会により異なります
アクセス*5JR渋谷駅より徒歩7分
収蔵品なし
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

Bunkamura ザ・ミュージアム

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)