W'UP! ★11月26日~2023年1月29日 マリー・クワント展 Bunkamura ザ・ミュージアム

W'UP! ★11月26日~2023年1月29日 マリー・クワント展 Bunkamura  ザ・ミュージアム

 

2022年11月26日(土)~2023年1月29日(日)
マリー・クワント展

 Bunkamura ザ・ミュージアムにて「マリー・クワント展」を開催いたします。
 イギリスで最も親しまれるファッションデザイナーの一人、マリー・クワントの軌跡を紹介する本展では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より来日する約100点の衣服を中心に、小物や写真資料、映像などで、1955年~75年にかけてのクワントのデザイナーとしての業績と、時代を切り開いた起業家としての歩みをたどります。

《マリー・クワントと、夫でビジネスパートナーのアレキサンダー・プランケット・グリーン》1960年 Courtesy of Terence Pepper Collection. © John Cowan Archive
《マリー・クワントのブティック「バザー」のショッパーを持つモデル》 1959年 Image courtesy of Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London

ミニスカートブームを生んだ、革新的デザイナー
マリー・クワントの仕事
 2022年に92歳となり、今もなおイギリスで最も親しまれるファッションデザイナーの一人であるマリー・クワント。若い女性のための革新的なファッションを打ち出し、1960年代イギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を牽引した、その軌跡をご紹介します。
 西洋の伝統や階級文化に縛られた旧来的な価値観とは異なる、若々しさや躍動感にあふれるデザインを世に送り出したクワントは、ミニスカートやタイツなど、今日当たり前になっているアイテムを広く浸透させたことで知られます。衣服から化粧品、インテリアまでのライフスタイル全般に及んだ個性的なクリエーションもさることながら、量産化時代の波に乗った世界的なブランド展開や、自らファッションアイコンとなる広報戦略もメディアに注目され、時代を先導しました。
 本展では、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)より来日する約100点の衣服を中心に、小物や写真資料、映像などで、1955年~75年にかけてのクワントのデザイナーとしての業績と、時代を切り開いた起業家としての歩みをたどります。

《マリー・クワントのカクテルドレスを着るリエーゼ・デニス》 1960年ごろ Photograph by Woburn Studios Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
《ベストとスカートを組み合わせた「コール・ヒーバー(石炭担ぎ)」を着るセリア・ハモンド(左)とジーン・シュリンプトン》1962年 Photograph by John French © John French / Victoria and Albert Museum, London

本展のみどころ
1. 60年代のストリートカルチャーを牽引した、マリー・クワントの業績をたどる展覧会
2. マリー・クワントの出身地のイギリスでは約40万人が訪れた注目の世界巡回展
3. マリー・クワントのコスメが日本に上陸した1971年以前のファッションアイテムを多数紹介

マリー・クワントとは MARY QUANT
 1930年、イギリスのロンドン生まれ。誰もが目にしたことがあるデイジーマークの生みの親で、「ミニの女王」とも呼ばれる、イギリスのファッションデザイナーのレジェンドです。エレガンスな装いが好ましいという考え方や、貴族/労働者など階級意識に縛られた価値観を打ち破り、ミニスカートやタイツなど、今では当たり前になっているファッションアイテムを広く浸透させました。特にミニスカートは1960年代に世界的なブームとなり、女性の社会進出の象徴とも捉えられるようになりました。エリザベス女王とは4歳違いのほぼ同世代で、2022年現在92歳。勲章を2度受勲するなど、イギリスでは最も親しまれているデザイナーの一人です。
 衣服から化粧品、インテリアまでライフスタイル全般に及んだクリエーションもさることながら、ブランドロゴの先駆けとなったデイジーマークとライセンス契約を駆使した世界的なブランド展開や、自らファッションアイコンとなり徹底的に露出する広報戦略も、60年代当時は斬新な試みでした。モデルのツイッギーやビートルズと共に、60年代イギリス発の若者文化「スウィンギング・ロンドン」を引っ張ったデザイナーとして、また優れた女性起業家として再評価が進んでいます。

《マリー・クワントと、ヘアスタイリングを担当していたヴィダル・サスーン》 1964年 © Ronald Dumont/Daily Express/Hulton Archive/Getty Images

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)とは
 1851年のロンドン万国博覧会での収益や展示品をもとに、翌年産業博物館として開館。1899年、万博開催に尽力したヴィクトリア女王と夫アルバート公にちなみ現在の名称に。アート、デザインの分野を中心に約230万点以上の所蔵品を有します。

会 期 2022年11月26日(土)〜2023年1月29日(日)
会 場 Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
時 間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※状況により、会期・開館時間等が変更となる可能性がございます。
休館日 12月6日(火)、1月1日(日・祝)
観覧料 一般 1,700円(1,500円)、大学・高校生 1,000円(800円)、中学・小学生 700円(500円)
※( )内は前売料金
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示でご本人様とお付添いの方1名様は半額となります。
(一般850円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)当日窓口にてご購入ください。
※未就学児は入館無料。※チケット販売情報詳細はBunkamura HPにてご確認ください
※本展は会期中すべての日程で【オンラインによる事前予約】が可能です。
ご予約なしでもご入場いただけますが、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。
予約方法等の詳細は展覧会HPにてご確認ください。
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
マリー・クワント展公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_maryquant/
主 催 Bunkamura、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社
特別協賛 株式会社クラブコスメチックス、株式会社マリークヮント コスメチックス
後 援 ブリティッシュ・カウンシル、J-WAVE

《マリー・クワントのタイツと靴》1965年ごろ Image courtesy Mary Quant Archive / Victoria and Albert Museum, London
《マリー・クワントのカンゴール製ベレー帽の広告》1967年 Image courtesy of The Advertising Archives

住所東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/
開館時間*110:00 ~ 18:00(入館は閉館の30分前まで)※展覧会により異なる場合あり
休み*21/1のみ全館休館 ※その他、イベントにより異なります
ジャンル*3西洋美術、日本美術、写真
入場料*4展覧会により異なります
アクセス*5JR渋谷駅より徒歩7分
収蔵品なし
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

Bunkamura ザ・ミュージアム

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

コメント

*
*
* (公開されません)