コロナ対策のため休館、営業時間の変更、事前予約が必要な場合がございます。ご来場の際は各施設に直接ご確認ください。

W'UP! ★7月16日~9月4日 かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと Bunkamura ザ・ミュージアム

W'UP! ★7月16日~9月4日 かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと Bunkamura ザ・ミュージアム
 


2022年7月16日(土)~9月4日(日)
かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと


 日本を代表する絵本作家が600冊を超える作品にこめた子どもたちへのメッセージ
 「だるまちゃん」シリーズ、『からすのパンやさん』をはじめ、『どろぼうがっこう』、『おたまじゃくしの101ちゃん』など、楽しさの中に学びや創造、斬新さが秘められ、大人をも夢中にさせる絵本を数多く世に生み出してきた、絵本作家かこさとし(加古里子)は、2018年に92歳でこの世を去るまで600冊を超える作品を残し、その名作の数々は今なお世代を超え読み継がれています。
 本展では、かこが若き日に描いた油彩画や、創作の原点にもなった戦後のボランティア運動の一種である「セツルメント活動」時代の紙芝居、これまで世に出ることがなかった絵本の原画などとともに、初期から晩年までの代表作をはじめ、貴重な作品や資料が一堂に集結。絵本作家としてだけでなく、「かこさとし」という一人の人間が絵本を通して未来に残し、伝えたかった想いを、その生涯と作品世界から紐解きます。
※出展作品は、変更になる可能性があります。
※全ての作品は加古総合研究所所蔵

 

 

 

 

かこさとし(加古里子) 1926-2018
 1926 年現在の福井県越前市に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもある。出版を中心に幅広く活躍。作品は『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『うつくしい絵』、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズ、『伝承遊び考』など600点余。2008年菊池寛賞受賞、2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。2018年5月、92歳で逝去。

かこさとし 略歴
1926年 福井県今立郡国高村(旧・武生市、現・越前市)に生まれる。
1933年 東京・板橋に転居。この頃から絵を描くことが好きになる。
1942年 レオナルド・ダ・ヴィンチに感銘を受ける。航空士官を志していたが、視力が低く断念。技術者を目指す。
1943年 成蹊高等学校入学。2年生から軍需工場に動員される。回覧雑誌「マント」を作る。
1945年 東京帝国大学工学部応用科学科入学。父の郷里の三重県に疎開中、終戦を迎える。
1946年 演劇研究会に入部し、舞台装置と道具類のデザイン・制作を担当。子ども向けの演劇脚本を書き始める。
1948年 大学卒業後、昭和電工に入社。会社勤務の傍ら「人形劇団プーク」に参加。
1951年 セツルメント(東京・大井町)で子ども会活動に参加。日本アンデパンダン展に出品。
1952年 川崎のセツルメントに移る。
1957年 教育紙芝居研究会機関紙『紙芝居』の編集・印刷責任者となる。
1959年 『だむのおじさんたち』(「こどものとも」1959年、福音館書店)で絵本作家デビュー。
1970年 藤沢市に仕事場を兼ねた新居をかまえる。
1985年 第24回高橋五山賞特別賞受賞。
2007年 第49回児童福祉文化賞特別部門受賞。
2008年 第56回菊池寛賞受賞。
2009年 日本化学会特別功労賞受賞。
2011年 越前市文化功労章受章。
2013年 「越前市かこさとしふるさと絵本館 砳(らく)」開館。
2017年 第40回巌谷小波文芸賞受賞。武生中央公園(監修)リニューアルオープン。
2018年 5月2日、自宅(藤沢市)にて永眠。

かこさとし展 子どもたちに伝えたかったこと
会 期 2022年7月16日(土)〜9月4日(日)
休館日 7月26日(火)
会 場 Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
開館時間 10:00〜18:00
※金・土曜日は21:00まで(最終入館は各閉館時間の30分前まで)
会期中のすべての土日祝および8月29日(月)〜9月4日(日)は一部オンラインによる入場日時予約が必要です。
詳細は決定次第 Bunkamura ザ・ミュージアム HP にてお知らせします。
※状況により、会期、開館時間、入場方法等が変更となる場合がございます。
入館料(税込み)
一般 1,400円(1,200円)、大学生800円、高校・中学生500円
※( )内は前売り料金/大学生、高校・中学生は当日券のみの取扱い。
※小学生・未就学児無料。
※子ども(小学生以下)のみの入場はできません。大人(保護者)の同伴が必要です。安全管理上、保護者1名につき子ども(小学生以下)2 名までとさせていただきます。
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示で、ご本人様とお付き添いの方 1 名様は半額となります(一般 700 円、大学生 400 円、中学・高校生 250 円)。当日窓口にてご購入ください。
販売期間 
前売券:2022年6月16日(木)〜7月15日(金)
当日券 2022年7月16日(土)〜9月4日(日)
チケット取扱い
オンラインチケット MY Bunkamura(QRチケットのみ)、Bunkamura ザ・ミュージアム、 Bunkamura チケットセンター、ローソンチケットほか
※Bunkamura チケットセンターは前売券のみの取扱い。
主 催 Bunkamura 【特別協力】 加古総合研究所 【企画協力】 アートキッチン
お問合せ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
HP https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_kako/

住所東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
WEBhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/
開館時間*110:00 ~ 18:00(入館は閉館の30分前まで)※展覧会により異なる場合あり
休み*21/1のみ全館休館 ※その他、イベントにより異なります
ジャンル*3西洋美術、日本美術、写真
入場料*4展覧会により異なります
アクセス*5JR渋谷駅より徒歩7分
収蔵品なし
*1 展覧会・イベント最終日は早く終了する場合あり *2 このほかに年末年始・臨時休業あり *3 空欄はオールジャンル *4 イベントにより異なることがあります。高齢者、幼年者、団体割引は要確認*5 表示時間はあくまでも目安です

Bunkamura ザ・ミュージアム

情報掲載について

当サイトへの掲載は一切無料です。こちらからご登録できます。https://tokyo-live-exhibits.com/about_information_post/

地図で探す

コメント

*
*
* (公開されません)